TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||

関西

>>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<<
このブログで紹介している写真 文章 動画等の著作は当管理人の著作です
 無断での転記 複製等は 一切禁止いたします。
※更新は週1回木曜以降です☆
  1. 近江鉄道900形 淡海号(01/17)
  2. 日本一短い単線鉄道 紀州鉄道 (01/10)
  3. 伊賀鉄道200系 忍者列車 青・緑・ピンク(01/05)
  4. 神戸電鉄6000系ミュージアムトレイン(02/23)
  5. エヴァ新幹線1号車コックピット搭乗!! (02/16)
  6. 丹後あかまつ号に乗りました (12/29)
  7. 神戸電鉄有馬線に乗りました (12/22)
  8. 運行再開した信楽高原鐡道に乗りました(03/10)
  9. 京阪電車・京阪本線に乗りました(12/17)
  10. 大阪高速鉄道大阪モノレールに乗りました(12/10)
次のページ

近江鉄道900形 淡海号

2017.01.17(13:54)
近江鉄道900形 淡海号 (第467回)



2014年 3月27日 近江鉄道にトライ中のオバ鉄、
本線の八日市で途中下車し、八日市線に乗り換えます。


八日市駅
八日市駅




八日市線は八日市(滋賀県東近江市)-近江八幡(滋賀県近江八幡市)を結ぶ9.3kmの路線。



乗車したのは元西武鉄道の車両を改造した900形電車。


カラーリングは琵琶湖をイメージしたダークブルーに、ローズピンクのラインを配し、「淡海号」という愛称が付いています。



約19分ほどで終点の「近江八幡」に到着。

近江八幡駅



「近江八幡」はJR西日本東海道本線JR「近江八幡」と隣接しています。


「近江八幡」から米原行きの電車に乗車。


「五箇荘」付近から東海道新幹線の高架が右手に寄り添ってきます。



「愛知川」と書いて「えちがわ」と読む難読駅名です。

愛知川駅



つい「あいちがわ」って誤読してしまいますね。



駅名は近くを流れる愛知川に因みます。


愛知(えち)は江地が語源で湖の入り江か琵琶湖に注ぐ川の意味ではないかと
難読・誤読駅名の事典に書かれていました。



【楽天】


「高宮」付近まで新幹線の高架が並走し、
走行中の「のぞみ」の写真を撮ることが出来ました。

東海道新幹線と並走




「高宮」で下車し、多賀線に乗り換えます。



多賀線は高宮(滋賀県彦根市)-多賀大社前(滋賀県多賀町)を結ぶ
2.5kmの路線で多賀大社への参詣路線となっています。



「高宮」の2・3番線ホームはちょっと変わった扇形。

高宮駅




多賀線は3番線から発着します。



多賀線の発車を待っていると2番線に入線してきたのは

「えっ!!パトカーが入線?」( ゚Д゚)

えっつ!!パトカーが入線?



オバ鉄、様々なラッピング車を見てきましたが、
パトカー電車は初めてで度肝を抜かれました。

滋賀県警のパトカー電車




滋賀県警が春の全国交通安全運動の一環として近江鉄道に依頼したようです。


車体には白バイや婦人警官などがラッピングされてド派手ですこと!!



お子様は喜ぶでしょうね。



「高宮」を発車した電車は東海道新幹線の高架を潜ると「スクリーン」に到着します。


えっ!!「スクリーン」が駅名なの?!( ゚Д゚)



この駅は大日本スクリーン製造彦根地区事業所の敷地内に設置されているので
「スクリーン」という駅名になったそうです。


「スクリーン」の次は終点「多賀大社前」。

多賀大社前駅




駅から徒歩10分の位置に多賀大社があります。



駅前には立派な大鳥居がありました。

多賀大社鳥居




残念ながら時間の余裕がなくて参拝出来なかったのですが、
この多賀大社、お伊勢さんの親神さまなのだそうです。


日本神話の最高神天照大御神(お伊勢さん)の親神にあたる
父神・伊邪那岐命、
母神・伊邪那美命の二柱を祀っています。


彦根観光協会のパンフレットによりますと、
滋賀県の湖東エリアには天照大御神の親神様、御子の活津彦根命(彦根神社)、
天忍穂耳命(太郎坊宮)、孫の瓊瓊杵尊(高宮神社)が御祭神として祀られていて、

近江が高天ヶ原だったのではという説もあるそうです。



いやー、鉄旅をしていると勉強になります。



「高宮」に戻り、本線の旅を続けます。


「彦根」は近江鉄道の車両基地が併設されていて、
様々なラッピング車が停車していました。

彦根車両基地




「彦根」を発車すると佐和山トンネルに入ります。


佐和山トンネルの頭上には天下分け目の戦いで
敗戦の将となった石田三成の居城佐和山城がありました。



東海道新幹線の車窓からも佐和山は望めますが、
佐和山トンネルを潜ったのは初めてです。


やがて進行方向左手にエレベータ・エスカレーターのメーカー
フジテックの170mの研究塔が見えてきたら、終点「米原」に至ります。


米原駅



オバ鉄は今宵の宿泊地「京都」へと向かいました。

京都タワー




翌28日 鉄系息子とは別行動でオバ鉄は京都を後にし、JR「博多」へ向かいます。

JR博多駅
JR博多駅




「JR博多」から乗車したのは長崎行き885系特急白いかもめ。


一人旅なので奮発してグリーン車にしました。

885系特急かもめグリーン車



グリーン車は半室構造になっていて、シートは本革を使用しています。


グリーン車の客室と運転室の仕切りは液晶ガラスとなっていて、
走行中は透明で前面展望を一応楽しむことが出来ます。


885系特急かもめ運手室



実際は運転室のフロントガラスの位置が高くて堪能とは言えません(T_T)



停車時は一瞬にして不透明になってそれが面白いです。

動画もあります


オバ鉄は島原鉄道に乗るべく一路「諫早」へと向かいます。



ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
スポンサーサイト
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

日本一短い単線鉄道 紀州鉄道 

2017.01.10(13:46)

日本一短い単線鉄道 紀州鉄道 第466回


2014年 3月27日 西日本各地に乗り残した路線にトライする旅の2日目。


「JR和歌山」から紀勢本線に乗車し、「JR御坊」に向かいます。


乗車したのは元国鉄117系電車。

元国鉄117系電車




1987年の国鉄の分割・民営化の際、JR東海とJR西日本に承継されたので
JR東日本管内ではお目にかかれないレア車両(*´ω`*)


前面形状が流線形になっていて、オバ鉄的にはまさしく青ガエルに見えます。


「JR御坊」はJR西日本と紀州鉄道の共同使用駅。


紀州鉄道の0番線ホームに向かいます。


って、紀州鉄道の切符売り場もなければ改札もないスルーですよ。



紀州鉄道は和歌山県御坊市で紀州鉄道線を運営している私鉄です。


紀州鉄道線を敷設したのは御坊臨港鉄道でしたが、
紆余曲折を経て1973年に東京に本社のある不動産会社に買収され現在に至っています。


紀州鉄道(2.7km)といえば2002年千葉県の芝山鉄道(2.2km)が開業するまで日本一短い鉄道でした。



現在、日本最短の座を芝山鉄道に明け渡しましたが、
「JR御坊」の1番線ホームには「日本最短のローカル線」と案内されていました。

紀州鉄道案内板



乗車したのは紀州鉄道キテツ1形(2015年より休車中)で富士重工業製の2軸のレールバスです。

紀州鉄道キテツ1形




記念ショット
キテツ1形と記念ショット




紀州鉄道サボ




ホームで車両の写真を撮っていると鉄系息子が

「お母さん、早く乗らないと発車するよ」と申すではありませんか。


慌てて乗車するとパタンとドアが閉まり、いきなり発車したのです( ゚Д゚)


えっー!!発車ベル鳴りませんでしたよ~(T_T)


それに車内アナウンスもないし…


聞こえるのはガタガタガタという走行音だけで
もしかしたら日本一静かなローカル線なのかもしれません。


運賃表もかなり素朴で味わい深く

「4月1日からも当社運賃は変わりません」って、ある意味凄い!!

紀州鉄道運賃表




いや超ローカルな感じでむしろよくこの状態で廃線にならないものだと
不思議な気がします。


「学門」は高校の門の前だからという単純明快な駅名。

学問駅名標




「紀伊御坊」には、側線があり、1960年製の元大分交通耶馬渓線から譲り受けたキハ600形が留置されていました。

紀伊御坊駅




約8分で終点「西御坊」に到着。

終点西御坊駅



駅というより周辺の商店街に紛れ込んでしまっている感じがします。

西御坊駅舎



かなり老朽化していて崩れ落ちそう…


午前中は駅員さんがいて乗車券が買えました。


駅の西側には線路が残っていました。



ゆっくりと時間が流れている、そんな雰囲気の紀州鉄道でした。





オバ鉄親子は「JR御坊」に戻り、
特急くろしおに乗車し「新大阪」へ向かいます。


「新大阪」に到着する直前、
梅田貨物線を走行中の列車から大阪駅が望めました。
梅田貨物線から望む大阪駅




梅田貨物駅が廃止になり、
広大な跡地はどのように利用されるのでしょうかね…



「新大阪」で鉄系息子と別れて
オバ鉄は一人、新快速に乗り、「草津」へ移動。

草津駅




えっ!!草津って日本三名泉(有馬温泉・下呂温泉)のひとつ群馬県の草津温泉ですか?

と、関東の方はイメージされると思いますが、
こちらは滋賀県の草津市です。


草津は古くから東海道・中山道の交通の要衝で宿場町として発展してきたんですよ。


その「草津」から草津線に乗り変えJR「貴生川」で下車。


「JR貴生川」に隣接している近江鉄道にトライします。

近江鉄道貴生川駅




近江鉄道は滋賀県に所在する西武鉄道の子会社。


本線・多賀線・八日市線の3路線を運営しています。


まずは本線から出発進行!!


本線は米原(滋賀県米原市)-貴生川(滋賀県甲賀市)を結ぶ47.7kmの路線です。


「JR貴生川」は近代的な橋上駅舎ですが、
近江鉄道の改札口はちょっと昭和風の味わいある風情。

近江鉄道貴生川駅改札



乗車したのは近江鉄道800形804編成アニメ映画「中二病でも恋がしたい」ラッピング車。


中二病でも恋がしたいラッピング車



アニメ好きのオバ鉄でもだんだん
今風のアニメにはついていけなくなってきています。


タイトルの意味も理解の範疇を超えています…


電車はのどかな田園地帯を走り、オバ鉄は八日市線との乗換駅である「八日市」で途中下車しました。

八日市駅





ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

伊賀鉄道200系 忍者列車 青・緑・ピンク

2017.01.05(14:23)
伊賀鉄道200系 忍者列車 青・緑・ピンク  第465回



旧年中は拙ブログにご厚情を賜り誠にありがとうございました。


お陰様でこの1月で拙プログも9周年を迎えることが出来ました。


これもひとえに皆様のご支援の賜物と深く感謝しております。

希望といたしましてはあと1年なんとか頑張ってブログを綴り、
10周年で有終の美を飾りたいと考えております。


本年もどうぞよろしくお願い致します。


新年早々、3年も前の記事で申し訳ございません<(_ _)>


よろしければご笑覧下さりませ。



2014年3月 西日本各地に乗り残してしまった路線を
一気に片づけてしまおうということで鉄系息子と二人で鉄旅に出ました。


初日は近畿日本鉄道大阪線と伊賀鉄道伊賀線にトライします。



2014年3月26日 N700系のぞみで「東京」から「名古屋」へ。



「近鉄名古屋」からは大阪難波行きの名阪特急に乗車します。

近鉄名古屋駅
近鉄名古屋駅



近鉄大阪線は大阪上本町(大阪市)-伊勢中川(三重県松阪市)を結ぶ108.9kmの路線で、
日本の私鉄では東武鉄道東武伊勢崎線(114.5km)に次ぐ第2位の長さとなっています。


名阪特急は「伊勢中川」から名古屋線に入り、
大阪難波と近鉄名古屋を直通運転します。



オバ鉄親子は「近鉄伊賀神戸」で下車。

近鉄伊賀神戸駅




「伊賀神戸」は近鉄と伊賀鉄道の共同使用駅になっていて、
伊賀鉄道のりばの5番線ホームに向かいます。


伊賀鉄道は近鉄の連結子会社で伊賀線を運営しています。

賀鉄道伊賀神戸駅
伊賀鉄道伊賀神戸駅



伊賀線は伊賀神戸(三重県伊賀市)-伊賀上野(伊賀市)を結ぶ16.6kmの路線。


この路線は以前にもお話した上下分離方式になっていて、
線路施設車両を保有する第三種鉄道事業者が近鉄で、
列車の運行業務を行う第二種鉄道事業者が伊賀鉄道になっています。



「伊賀神戸」と書いて「いがかんべ」と読みます。



「神戸」の字を見るとつい兵庫県神戸市を思い浮かべてしまいますが、

北海道を除く全国に「神戸」という地名があり、

読み方も「「こうべ・ごうど・かんべ・じんこ」と様々…


「伊賀神戸」の由来は判明しませんでしたが、
伊賀国一の宮敢国神社に租庸調を収めた民が住んでいた地というところでしょうか…



伊賀鉄道といえば、漫画家松本零士氏デザインの「忍者列車」!!



ホームには忍者列車の顔出しパネルが設置されていました。

顔出しパネル



オバ鉄が乗車したのは上野市行き200系201編成忍者青。

200系201編成忍者青




車体フロントやサイドに描かれたくノ一(女忍者)の瞳がちょっとこわいです( ゚Д゚)


車体側面ちょっと恐い



車内のドアにも忍者のラッピングが施されていて、
ドアを開閉する度に忍者が見え隠れしたり、フロアには石畳のデザイン、
手裏剣柄のカーテンとなかなか工夫を凝らしています。

ドアにも忍者



「伊賀神戸」を発車すると近鉄特急しまかぜが猛スピードで通り過ぎていきました。


伊賀線は「上野市」で運転系統が分かれていて、
終点「伊賀上野」まで直通する列車は1日に3~6本だけです。


伊賀上野行きの列車が入線してくるまでちょっと散策タイム。



おっ!!なんとホームに忍者の人形が…


上野市駅ホームにも忍者の人形



忍者の里伊賀市をアピールしているのですね。



「上野市」はちょっとユニークな形の駅舎でした

上野市駅舎




動画もあります



駅前には何故か松本零士氏の銀河鉄道999メーテルと鉄郎のブロンズ像が設置されています。

銀河鉄道999のモニュメント




駅前広場には俳聖松尾芭蕉の像がありました。



2014年は松尾翁生誕370年だそうです。


芭蕉翁は現在の伊賀市の出身で(生誕の地については諸説あり)
翁の隠密説もあながち否定できないような気がいたします。


「上野市」で電車を待っていると200系202編成忍者ピンクが入線。


200系202編成忍者ピンク




と、思ったら「伊賀神戸」に折り返してしまいました。


次に入線してきたのは200系205編成忍者緑。

伊賀上野駅205編成忍者緑



伊賀上野行きでこの電車に乗り伊賀線を完乗しました(*´ω`*)



「伊賀神戸」に戻り、近鉄大阪線の旅を続けます。


「近鉄美旗」というちょっと趣深い駅名がありました。

近江美旗駅



駅名は地名に由来するのですが、
明治時代「美濃原」と「小波田」が合併して「美旗町」になったそうです。


「名張」は三重県に位置しますが、関西地方と中部地方の境界的な存在。


その「名張」を出ると山間部へと進み奈良県へ入ります。


「大和八木」は大阪線橿原線が乗り入れていて、
この駅からは大阪・京都・名古屋・奈良へと移動出来ます。


「大阪教育大前」から大阪府へと進み、オバ鉄親子は「鶴橋」で下車。
(鶴橋ー大阪上本町はすでに乗車済み)


これでやっと近鉄の全路線をコンプリート出来ました。ヤッター(^O^)/



近鉄は大手私鉄営業キロ数ランキング第1位だけあって全線完乗するのに2年近く要しました。



「鶴橋」のホームに降りた途端、焼肉のニオイが漂ってきました!!

鶴橋駅




鶴橋といえばコリアタウンで有名ですが、
まさかホームにまで焼肉のニオイが充満するとは驚きです( ゚Д゚)


「鶴橋」から「JR難波」へ移動。

JR難波駅



改札内には「大いなる旅立ち」というマルチトーンレリーフが設置されていました。

JR難波駅レリーフ




銘板には「当地周辺はその昔難波津(なにわづ)と呼ばれ、
朝廷からの使者が大陸の文化を取り入れるために遣唐船に乗り、唐の都長安へと旅立つ湊であった」


と記されていました。


レリーフを見ながら遥か古代に思いを馳せました。



「天王寺」から2012年にデビューしたばかりの287系特急くろしおに乗車。

287系特急くろしお



次の目的地である和歌山へと移動します。


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]

神戸電鉄6000系ミュージアムトレイン

2016.02.23(15:19)
神戸電鉄6000系ミュージアムトレイン(第420回)




2015年12月31日 「広島」からこだま730号500TYPE EVAに乗車した
オバ鉄ファミリーは「新神戸」で下車。


昨年末と同様に娘と合流し、有馬温泉へ向かいます。


今回は鉄系息子も付いて来ました。


鉄系息子は一人で箱根温泉日帰り旅行へ行ったりと、
どうやら温泉好きになったようでまだ23歳なのに年寄りじみてきました(-"-)



「新神戸」の地下に所在する北神急行電鉄北神線、新神戸駅から次の谷上駅へ移動し、
神戸電鉄有馬線に乗り換えます。


神戸電鉄谷上駅
神戸電鉄谷上駅



入線してきたのは神戸電鉄6000系電車ミュージアムトレイン(しんちゃん&てつくんミュージアム)。

神戸電鉄6000系ミュージアムトレイン




6000系は神鉄初のステンレス車で車体には赤と黒とゴールドのラインが配されています。


オバ鉄が初めて6000系に乗車したのは2014年2月で、
その時は運転室に粟生線活性化シンボルキャラクターのしんちゃんのぬいぐるみが鎮座していたのですが、
どうやら年末年始の休暇中のようで不在でしたorz



有馬口駅で有馬温泉行きに乗り換えると約4分で終点に到着です。

有馬口駅
有馬口駅




2年前、「せっかく、天下の名湯有馬温泉に来たのだから日帰り入浴をしたい」

と、オバ鉄は鉄系息子に直訴したのですが、非情な息子は
路線制覇を優先、折り返しの電車で三田駅へと向かったのです。


それが今はノコノコと日帰り入浴に一緒に来るんですから、
彼も人間が丸くなってきました。

有馬温泉駅
有馬温泉駅




動画もあります!



今年も昨年と同じ立ち寄り湯の有馬温泉金の湯(入浴料大人650円)に入り、
1年の疲れを癒して本日の宿泊先の京都へ向かいます。

日帰り温泉施設金の湯
日帰り温泉施設金の湯有馬温泉



JR京都駅中央口タクシーのりば付近では今年も
「ジャパンスピリッツin 京都華の競演」が開催されていて、みやびでした。

ジャパンスピリッツin京都華の競演



明けて2016年元日、鉄系息子は一人大阪へ行き、
オバ鉄夫婦と娘は徳島県鳴門市に所在する大塚国際美術館を訪問します。


JR京都駅に下弦の月。

2016元日JR京都駅下弦の月



新年早々、珍しい光景を見ることが出来、う~ん縁起がいい!!



JR京都駅はいつも観光客で溢れかえっていますが、
さすがに元日の8時前では人影もまばらです。

JR京都駅中央エントランス



「京都」から「新神戸」へ移動し、駅前でレンタカーを借りて、
明石海峡大橋、淡路島、大鳴門橋を経て、1時間30分で大塚国際美術館に到着です。

明石海峡大橋明石海峡大橋





娘は、なんと四国初上陸です。


大鳴門橋を走行中、鳴門海峡の渦潮を遠目で見ることが出来て、娘は感動していました。

大鳴門橋
大鳴門橋




実は2015年9月のシルバーウィークにオバ鉄夫婦は大塚国際美術館を初訪問していたのです。

(すみません、まだシルバーウィークの四国半周の旅を発表してませんです)



大塚国際美術館の所蔵する陶板名画の素晴らしさを帰宅後、娘に話したところ、
「機会があれば自分も美術館を見学してみたい」と申すので、娘を伴って再訪しました。


前回はシルバーウィークの真っ只中で、美術館は大混雑!!



ゆっくり名画を鑑賞する余裕がありませんでした。



そこで、元日ならば閑散としているかもしれないと訪ねてみたのですが、


えっー!!元日なのに団体客が…



予想を外してしまいましたorz

大塚国際美術館
大塚国際美術館



オバ鉄は前回見損なってしまったスクロヴェーニ礼拝堂画を見学。

スクロヴェーニ礼拝堂



荘厳華麗なルネサンス絵画の最高傑作ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂壁画とは対照的な
スクロヴェーニ礼拝堂壁画ですが、魂が吸いこまれそうな濃い青色が印象的でした。


西洋絵画はキリスト教ともに発展しました。



文字の読めない信者たちに聖書の教えを伝えるため教会に絵が飾られたためです。


大塚国際美術館西洋絵画300選によりますと


「受胎告知」(大天使ガブリエルがマリアに神の子イエスを身ごもったことを告知する)


という主題はあらゆる時代を通じてキリスト教美術の重要なテーマだったそうですが、

ルネサンスホールの1つのギャラリーがすべて「受胎告知」の絵ばかり…


オバ鉄は神秘の光や聖霊などが描かれていないシンプルな画風のアンジェリコ・フラの
「受胎告知」に心惹かれました。

アンジェリコ・フラ受胎告知



ちなみにあの大天才レオナルド・ダ・ヴィンチも「受胎告知」を描いています。

レオナルド・ダ・ヴィンチ受胎告知



ボッティチェッリの「ヴィーナス誕生」は古代ローマ以後、初めて絵画史上に現れた全裸なのだそうです。

ボッディチェッリのヴィーナスの誕生



中世末期 教会の権威が衰微し、
美しい肉体を描きたいという人間の自然な要求から誕生した傑作です。



オバ鉄が興味ある絵は近代のルノワールまでで、
後期印象派、象徴主義、キュビスムとなると理解不能です。


ところがダンナ様は抽象画とか、シュールレアリズムに傾倒しているんですね。


ダンナ様が前回見損なったムンクの「叫び」。

ムンクの叫び




記念写真を撮ってあげようとしたらもう、オヤジギャグポーズで恥ずかしい!!




2時間ほど鑑賞し、館内のレストランでランチタイム。


オバ鉄は「うずしお海鮮丼」(1200円)をオーダー。



海鮮丼には鯛の刺身がのってて「こいつは春から縁起がいい!!:


徳島海鮮丼大塚美術館



海鮮丼の隣にある汁椀の中身を見て下さい。



鳴門ワカメがてんこ盛りでお吸い物というよりワカメの煮物を食べているみたいでした。



オバ鉄ファミリーは京都に戻り、翌日初詣に参り、帰宅の途に就きました。

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

エヴァ新幹線1号車コックピット搭乗!! 

2016.02.16(13:58)
エヴァ新幹線1号車コックピット搭乗!! (第419回)


歴代の新幹線でどれが一番好きかと尋ねられたら、
迷わず500系と返答するオバ鉄。


初号機じャなくて初代0系は当時としては画期的な流線型ボディでしたが団子鼻だし…

100系はまあシャープな顔つきになったけど、まだ平凡なレベル。


300系はエポックメーキング的な存在らしいけど、
鉄仮面だし、700系にいたってはカモノハシになっちゃって問題外!!



其処へ行くと500系はジェット戦闘機のような円筒形状のボディに
鋭く尖ったノーズが容姿端麗なイケメンみたい。


加えて0系から300系の車体のカラーリングはアイボリーを基調としたものでしたが、
500系の車体はライトグレーを基調にブルーとダークグレーのラインが斬新でした。



1997年にデビューした当初は山陽新幹線区間で
時速300km運転を実現し当時世界最速の営業列車となったりして、

オバ鉄は500系こそがエポックメーキング的な存在ではないかと思っています。



2015年山陽新幹線線は全線開業から40周年、
エヴァンゲリオンはTV放送開始から20周年を迎え、
なんと500系とエヴァがコラボし、500TYPE EVAが2015年11月7日から運行開始しました。



エヴァンゲリオンの大ファンであるダンナ様のエヴァ新幹線に乗りたいというリクエストに応じて、
2015年12月31日、広島駅からこだま730号500TYPE EVA 新大阪行きに乗ることになりました。


広島駅新幹線発車標




8時16分 ダンナ様と同じくエヴァの大ファンである鉄系息子が待ち焦がれてたエヴァ新幹線入線。

こだま730号500TYPEEVA




こだま730号は広島駅で8分間停車します。



この時とばかりに写真を撮りまくり!!

山陽新幹線全線開業40周年




ダンナ様も満面の笑顔で記念ショットを撮りました。

エヴァ新幹線とツーショット



エヴァ新幹線は外観をエヴァ初号機に使われているラ
イトパープル、ダークパープル、レッド・グレー、イエローグリーンの5色に塗装しているだけではなく、
1号車は展示・体験ルーム、2号車はエヴァ特別内装車となっています。



1号車には実物大のコックピットが設置されているというので、興味津々ですよね。



しかし 、1号車には事前に「JR西日本 500 TYPE EVA展示・体験ルーム入室予約受付事務局」へ応募し、
当選しなければ入室できないのです。




ところが当たっちゃったんですよ(@_@;)





でも入室出来るのは2名だけって、オバ鉄ファミリーは3人いるのに…



ダンナ様と鉄系息子はエヴァンゲリオンのファン。


オバ鉄はエヴァンゲリオンを一度も観たことがない。


当然ながらオバ鉄が譲歩するべきですが、
自身のYOUTUBEチャンネルを登録していただいている260人の方のためにも1号車に入室したい。



結局オバ鉄夫婦が入室することになったのですが…



1号車の入室は指定された時間があり、広島(08:24)から三原(08:48)までの24分間でした。



2号車の待機席には入室者の方がすでに座っていました。



「搭乗・入室」認可カードをいただいて、1号車に入室します。

エヴァ新幹線1号車デザインロゴ




入室すると、そこは展示ルーム。

エヴァ新幹線1号車展示・体験コーナー




まず最初に目につくのはフォトスポット。

エヴァ新幹線1号車フォトスポット




山陽新幹線全線開業40周年の間に登場した歴代の新幹線のパネルを背景に、
エヴァのパイロット(5人のエヴァのパイロットが定期的に入れ替わるそうですよ)と記念撮影ができます。



この日のパイロットは1番人気の綾波レイ様でした。



他に新幹線とエヴァの共通点を6つのテーマで紐解いたパネルが展示されています。

新幹線×エヴァンゲリオンパネル展示




圧巻だったのは、博多総合車両所を舞台に新幹線と
エヴァンゲリオンの世界観を表現した2つのジオラマ。

山陽新幹線×エヴァンゲリオンジオラマ1



山陽新幹線×エヴァンゲリオンジオラマ2




あの世界的に有名なフィギュアメーカー海洋堂がジオラマを製作しただけあって精巧かつ芸術的で見入ってしまいました。



あれ…そういえばダンナ様は?



振り向くとダンナ様ではなく鉄系息子がいるではありませんか!!



ダンナ様は直前になって鉄系息子に譲ったそうです。



もう、優しすぎるんだからぁー!!



そうこうしているうちに搭乗体験の順番が回ってきました。



体験ルームは展示ルームのさらに奥に位置し、2名ずつ入室します。



実物大のコックピットに靴を脱いで搭乗すると迫力満点の映像が映し出されます。

エヴァ新幹線実物大コックピット




映像の内容はオバ鉄のYou Tubeチャンネルをご覧下さい。




オバ鉄は映像のオープニングに新幹線の全面展望映像が映し出されて、
新幹線の運転士気分になれたのが愉快でしたね。



エヴァ新幹線オバはんコックピット搭乗




使徒との戦いには破れました。



でもちゃんと生きていますよ(笑)



搭乗体験を終え、エヴァデザインを施した2号車自由席へ移動。

エヴァ新幹線2号車エヴァンゲリオン仕様



NERVマークが通路や座席、窓のブラインド(窓のブラインドには碇ゲンドウ指令がデザインされたのもあります)、
側壁にも描かれ、自由席とは思えないクオリティーの高さ!!

エヴァ新幹線2号車座席と窓のブラインド



エヴァ新幹線窓ブラインド碇ゲンドウ司令



枕カバーやテーブルの裏面、ゴミ箱にもNERVのマークが付いていました。

エヴァ新幹線枕カバーNERFマーク



ゴミ箱
エヴァ新幹線ゴミ箱NERFマーク



そして、3号車の喫煙ルームにも、さりげなくキャラクターが潜んでいます。

エヴァ新幹線3号車喫煙ルーム赤木リツコ



ラッピング車が蔓延している昨今、
とことんエヴァンゲリオンのセカイカンを追求した秀逸な新幹線でした。


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

丹後あかまつ号に乗りました 

2015.12.29(14:52)
関西の旅 ④ 丹後あかまつ号に乗りました (第412回)



2015年1月2日 娘はJR京都伊勢丹の初売りにチャレンジし、
オバ鉄夫婦と鉄系息子は北近畿タンゴ鉄道の丹後あかまつ号にトライします。
(2015年4月1日より北近畿タンゴ鉄道は、鉄道施設を保有する第三種鉄道事業者となり、鉄道運行事業は第二腫鉄道事業者の京都丹後鉄道に移譲し、上下分離方式を採用することになりました)


元日から降り続いた雪は止みましたが、歩道には雪が積もり、凍結して歩きにくいこと…


それでも外国人観光客はレンタサイクルに乗って観光しているんですから、たくましい限り!!



雪のJR京都駅を見るの初めてかもしれません。

雪のJR京都駅



京都駅30番線ホームに入線してきた東舞鶴行き286形100番台特急まいづる1号は、
床下にびっしりと雪を抱き、舞鶴方面の降雪のすごさを物語っていました。

286形100番台特急まいづる号



オバ鉄はJR西日本の287系南紀方面用の特急くろしおに乗車したことはありますが、
北近畿方面用の287系は初めて乗車します。


「京都」を発車した列車は東海道本線と分れて
梅小路蒸気機関車館を見ながら右に大きくカーブします。



「嵯峨嵐山」を過ぎると保津川下りで有名な保津峡に差し掛かります。



雪景色の保津峡はまるで一幅の絵のようで、枯淡の境地に浸れました。

雪景色の保津峡



「亀岡」で特急きのさき183系国鉄色と擦れ違い、
オバ鉄も国鉄色に乗車したかったです(T_T)

亀岡で1833系国鉄色とすれ違い




「西舞鶴」までの車窓は一面の銀世界…


普段、北海道でしか車窓を眺めない鉄系息子が閑寂な銀世界に魅入っていました。


車窓左手に北近畿タンゴ鉄道の西舞鶴運転区が見えてきて、
運転区に停車していたKTR001形気動車には雪が積もっていました。

KTR001形タンゴエクスプローラー



「西舞鶴」は、JR西日本と北近畿タンゴ鉄道(KTR)の共同使用駅。



この日大雪の影響でダイヤが乱れ、8分ほど遅れて「西舞鶴」に到着。


丹後あかまつ号発車に間に合うのかハラハラしましたが、なんとか滑り込みセーフ!!

丹後あかまつ号



でも、写真を撮る余裕がありませんでしたorz


北近畿タンゴ鉄道は旧国鉄宮津線と日本鉄道建設公団の
宮福線を引き継いだ第三セクター方式の会社。


毎年8億円近い赤字を計上し、多額の京都府民の税金が投入され、経営を保っています。



京都府の取り組みとしては、上下分離方式の導入や観光型列車の運行、
KTRの車両に広告掲載、観光情報の発信等を行っているようです。


そして、今時の第三セクターの起死回生策といえば、水戸岡氏デザインの食堂車で、
グルメを味わう観光列車の運行でしょうか・・・



KTRも2014年5月 水戸岡氏デザインのグルメ列車丹後くろまつ号の運行を開始しました。


丹後あかまつ号は上記のような背景から誕生したKTRの観光列車で、もちろん水戸岡氏のデザインです。

記念ショット
丹後あかまつ号と記念ショット



丹後あかまつ号は2両編成で1両は自由席のコミューター車両、
もう1両は35名定員制のあかまつ車両(乗車整理券が310円必要で、KTRか旅行代理店で販売)になっています。


オバ鉄ファミリーはあかまつ車両に乗車。

丹後あかまつ号車内



今やJR九州以外でも乗車できるようになってしまった水戸岡氏の車両…


目立った目新しいデザインもなく、パターン化が否めない気がするのはオバ鉄だけでしょうか…



車内にミニ注連飾りが飾られてあり、こういう細やかな心遣いが嬉しいですね。

丹後あかまつ号車内に注連飾り



車内サービスがあり、オリジナルグッズや飲み物、お菓子が販売されています。


「東雲」は「安寿の里」というニックネームがあり、
森鴎外の「山椒大夫」の安寿姫を祀ったほこらがあります。

安寿の里「東雲」



「丹後神崎」を出発し、大きく左にカーブすると551mの由良川橋梁に差し掛かります。


由良川橋梁は若狭湾に注ぐ河口近くに位置し、水面からの高さは6メートルと低くなっています。


まるで川面を走っているかのような感覚に陥る由良川橋梁…
由良川橋梁




オバ鉄のイチ押しのスポットです。


そして沿線屈指の景勝地奈具海岸のビュースポットでは
一時停止しKTRアテンダントによる観光案内が行われます。

景勝奈具海岸



京都府というと「海」というイメージがあまりわかないですが、
京都府の日本海側の景色は白砂青松でとても美しいです。


景色に見惚れているうちに終点「天橋立」に到着。

終点天橋立




天橋立といったら日本三景のひとつ。



オバ鉄夫婦の新婚旅行の地でもある天橋立を観光したかったのですが、
大雪の影響でダイヤが大幅に乱れていたため、急遽予定を変更することにしました。


それで、予定にはなかった丹後あおまつ号に乗車することになりました。


丹後あおまつと特急はしだて
丹後あおまつと特急はしだて



丹後あおまつ号は普通列車として運用され、自由席車両なので乗車整理券は必要ありません。


あかまつタイプは日本海沿いを走行するので
眺望重視の外向きのカウンター席が設置されていましたが、

あおまつタイプは大江山山中を走るのでボックス席になっています。

丹後あおまつ車内



あおまつも車内サービスがありましたよ。


オバ鉄ファミリーは終点「福知山」で下車し、京都行きの特急はしだてに乗り換えます。

JR福知山駅



ちょうど久美浜行きのKTR8000形と遭遇、カメラに収めることができましたヽ(^。^)ノ

特急はしだてと特急タンゴ・ディスカバリー



動画も撮りました!


オバ鉄ファミリーは無事に京都に戻り、翌日帰路へと就きました。

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]

神戸電鉄有馬線に乗りました 

2015.12.22(14:27)
関西の旅 ③ 神戸電鉄有馬線 (第411回)



本年3月に中断した関西の旅の続きです。


随分と間があいてしまい申し訳ございません。


よろしかったらご高覧いただければ幸甚です。



2014年年末の家族旅行の計画を立てている時、オバ鉄が有馬温泉に再度挑戦したいと申すと、いきなり娘が有馬温泉にだけ参加したいと表明してきました。


浪費家のオバ鉄とは違い、倹約家の娘が有馬温泉に行きたいとはちょっと意外でした。


そういう訳で、「新神戸」で娘と待ち合わせ。


ところで、皆様、往復割引乗車券のことご存知ですか?


往復乗車券を利用する場合、片道の営業キロが601キロ以上あれば、
「ゆき」「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になります。


「東京」から「新神戸」までは589.5キロ(おっおしい!!」。


ところが、「西明石」までは612.3キロで往復割引が適用され、なんと1,300円もお得!!


みどりの窓口の古参の社員の方は気を利かせて教えてくださいますが、ご自分でもアピールしてみてください。


娘と合流し、「新神戸」の地下にある神戸市営地下鉄北神急行新神戸駅へ移動。

神戸市営地下鉄北神急行新神戸駅



「新神戸」の次の駅「谷上」で神戸電鉄有馬線に乗り換えるのですが、
ここで、北神急行について簡単に述べます。


北神急行電鉄は。阪急阪神ホールディングスの連結子会社で、他社の鉄道線路を借りて
旅客を行う第二種鉄道事業者です。


北神線は神戸電鉄有馬線から「三宮」への短絡ルートとして建設され、
全線が全長7.276mの北神トンネルになっています。


要するに、新神戸(兵庫県神戸市)-谷上(神戸市)のワン区間は北神急行電鉄北神線で、
神戸市営地下鉄西神・山手線と相互直通運転を行っています。

神戸市営地下鉄路線案内図




しかし、短い距離の割には運賃が高く車内はガラガラ。


乗っているのは観光客ばかりですかね…


娘のワン区間360円は高すぎる、しかもSuicaが利用出来ないとお冠でした。

(2015年春からSuicaやPASMOが利用できるようになりました。)



「谷上」で神戸電鉄有馬線三田行きに乗り換え、「有馬口」で下車。

谷上駅




「有馬口」でワン区間だけの有馬温泉行きに乗車します。

有馬口駅
有馬口駅



有馬線と呼称していながら、「有馬温泉」に直通する列車は朝夕にしか設定がありません。


動画を撮りました。



10か月ぶりの「有馬温泉!!」

有馬温泉駅



当時は、鉄系息子と一緒で日帰り入浴したいと申したのに、冷酷無比な彼は
「ダメ!!」と言い放ったんです。


有馬温泉の歴史は神代の昔まで遡るといわれる天下一の霊泉です。


また、日本三古湯、日本三名泉のひとつにも数えられています。


太閤秀吉と正室ねねの像がありました。

有馬温泉太閤秀吉の像



有馬温泉ねねの像




オバ鉄ファミリーは立ち寄り湯の有馬温泉金の湯へ。(入浴料大人650円)。

有馬本温泉金の湯




有馬温泉は金泉・銀泉の2つの源泉があり、金泉は赤褐色の含鉄強塩温泉、
銀泉は無色透明の炭酸泉とラジウム泉です。


いやー、たったの20分入浴しただけで旅の疲れが癒されて聞きしに勝る効能の豊かさに驚きました。


すっかり有馬の湯が気に入ったオバ鉄ファミリー。

「またいつか3人で来ようね」と話しながら歩いていると
有馬温泉名産炭酸せんべい本舗を発見!!


湯之花堂本舗では焼きたての手焼き炭酸せんべいを販売していて、パリパリとした食感が堪りませんでした。

有馬温泉湯之花堂本舗




「有馬温泉」から「京都」へ戻り、家族4人、京都で大晦日を迎えました。


明けて2015年元日、昨年は初詣にも参らず元日から
関西の私鉄に乗りっぱなしでしたが、今年はのんびりゆったり3人で清水寺へ。


清水寺仁王門の左手に「首振り地蔵」という穴場スポットがあるのをご存知でしょうか?

清水寺首振り地蔵




地蔵院善光寺堂右手前にある「首振り地蔵」は願い事のある方向に
首を回して拝めば願いが叶えられるといわれ江戸時代以来衆庶の信仰を集めているそうです。


え~と、お地蔵様は北辰に座して南面しているから、東の方向はこっちかな?

清水寺首を回して祈願




お地蔵様の首を回すなんて、なんとも畏れ多かったですが、
レアな体験を元日早々させていただき有り難かったです。


清水寺の舞台からは京都の市街地や京都タワーが望めて、
こんな素晴らしい天気の元日なんて滅多にないと、この時まではそう思ったのですが…

清水寺からの眺望2015



清水寺から東山の観光地として有名な産寧坂・ニ寧坂を下り、ニ寧坂でダンナ様の大好物のみたらし団子をいただき、
高台寺の都路里で初パフェを所望し、八坂神社へと向かう途中…

ニ寧坂みたらし団子



高台寺の都路里のパフェ
高台寺都路里パフェ




えっ?雪…


八坂神社に参拝し、バス停で京都駅行きのバスを待っているときにはもう吹雪!!


まさしく晴天の霹靂。

アンビリーバボー!!です。


予定を打ち切り早々にホテルに退散。


すると、ホテルで餅つきのイベントが行われていました。

京都餅つき



(写真のダンナ様は餅つきのパフォーマンスだけです)


お餅が大好物のダンナ様と娘は大喜びでした。


しかし、この雪、いつまで降り続くんでしょうか…

京都お正月雪





明日は天橋立に観光に行くのですが…


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

運行再開した信楽高原鐡道に乗りました

2015.03.10(15:41)
関西の旅②運行再開 信楽高原鐡道(第369回)


2014年 12月30日 本日は滋賀県の信楽高原鐡道にトライするため、
「広島」から滋賀県甲賀市の「貴生川」へと移動します。


2年ぶりに訪れたJR広島駅南口はリニューアルで新跨線橋やエキナカが完成し
明るくスタイリッシュな空間へと生まれ変わっていました。(びっくり!!(@_@))

あっ!!NHK連続テレビ小説「マッサン」の番組パネル展が行われていました。

マッサン番組パネル展




新幹線口はというと、こちらはまだ工事の真っ最中でした。


一日も早く南口と北口を行き来することが出来る自由通路が完成してほしいですね。


東京行きのN700系のぞみを待っていると、新大阪行きのこだまが入線してきました。


それは、なんと往年の大スターJR西日本が保有する500系のぞみではありませんか!!

こだま運用の500系



オバ鉄、こだまに格下げされても健気に走り続ける500系のぞみが好きです。
(500系に乗りたかったです!!)


N700系のぞみで「京都」に到着したオバ鉄夫婦は、東海道本線野洲行き新快速で「草津」に向かいます。

JR京都駅
JR京都駅



「草津」に到着する直前、車内アナウンスが流れ、
「草津線は車両トラブルにより、ただ今、運転を見合わせております」


えっー!!(+o+)


運・転・見・合・わ・せ!



ここまで来て、信楽高原鐡道に乗れない?


「草津」から5つ先の「近江八幡」まで行き、近江鉄道経由でJR「貴生川」に至るべきか、
思案をめぐらしているうちに30分ほどで運転再開となりました。


しかし、ダイヤは乱れて予定していた列車には間に合いませんでしたorz


乗り遅れたオバ鉄夫婦、ちょっとJR「貴生川」周辺を散策。

JR貴生川駅



駅前でパトカー仕様のラッピングバスを発見!!

貴生川パトカーラッピングバス



そういえば、2014年3月に近江鉄道に乗車した時も、
滋賀県警のパトカー電車なるものが走っていましたね。


JAバンク滋賀では、滋賀県警察と協調体制をとり、
振り込め詐欺等に対する啓発活動の一環として
「振り込め詐欺からあなたを全力で守りバス」と名付けられたバスを制作したそうです。

(だ…駄洒落なんですね…)


「JR貴生川」に戻り、いよいよ信楽高原鐡道に乗車します。

って、あれれ…? 信楽高原鐡道の乗車券ってどこで販売しているのですか?


信楽高原鐡道は旧国鉄信楽線を引き継いだ第三セクター方式の会社。


信楽線は貴生川(滋賀県甲賀市)-信楽(甲賀市)までを結ぶ14.7kmの路線です。


起点の貴生川駅はJR西日本との共同使用駅になっています。

信楽高原鐡道貴生川駅



改札外に乗車駅証明書発行機があり、証明書を発行して
JRに有人改札を通り、運賃は下車時に清算するシステムです。

乗車駅証明発行機
信楽高原鐡道乗車駅証明書発行機




乗車したのはSKR310形気動車。


富士重工業製のレールバスの一種で狸のキャラクターが描かれたラッピング車でした。


「貴生川」を発車すると草津線と並走し、やがて右に大きくカーブします。

2013年9月15日の台風18号の襲来により、杣川橋梁の一部が流失し、
2014年11月29日運行再開するまで、バス代行輸送を余儀なくされました。


2014年7月、私鉄完乗まであと信楽高原鐡道を残すのみとなりましたが、
廃線の可能性があるこの路線、代行バスに乗るべきか、
それとも運行再開を待つべきか、随分迷いました。


でも、本日列車に乗ってこうして復旧した杣川橋梁を渡ることが出来て
待っていて本当によかったと心から思いました。

杣川橋梁
杣川橋梁



杣川橋梁を渡ると列車は勾配を上り、山間部へ入って行きます。


「貴生川」の次の駅「紫香楽宮跡」までは9.6km。
(途中、現在休止中の小野谷信号場があります


所要時間にして約14分!!


ダンナ様は、一体いつになったら隣の駅に着くのかなとぼやいていました。


「紫香楽宮跡」という駅名を見て、もしかして、ここにかつて都でもあったのかしら?


と思ったら、予感的中!!


聖武天皇が742年に紫香楽宮を造営し、4年余りで平城京へ再び遷都したそうです。

紫香楽宮跡駅名標



雲井駅名標の側に信楽狸が設置されていました。

雲井駅名標と信楽狸



信楽焼は日本六古窯のひとつで、狸の焼き物で有名ですよね。


なんでも、昭和26年、昭和天皇が信楽行幸の際、沿道に並んだ
信楽狸が全国に報道され、「信楽=狸」というイメージが定着したそうですよ。


この信楽狸、八相縁起と呼ばれる縁起を表現しているそうです。


狸ちゃんといえども奥が深かったのですね。


約24分で終点「信楽」に到着。
終点信楽駅




「信楽」のホームでは信楽狸ファミリーが勢揃いして歓迎してくれました。

信楽狸が勢揃い



駅前には見上げるほどの巨大信楽狸がいて圧巻です!!

巨大信楽狸



記念切符が販売されていたのですが、
信楽焼きの陶板製の「未(ひつじ)年親キップ」(1380円)。

信楽高原鐡道未年親子キップ



オバ鉄も様々な記念切符を購入してきましたけど、陶板製とは珍しいですね。

動画も撮りました


オバ鉄夫婦は「信楽」から今宵の宿のある「京都」へと移動しました。


JR京都駅前では「ジャパンスピリッツin京都華の競演」が
12月30日から1月5日まで、京都いけばな協会の協力で開催されていました。

ジャパンスピリッツin京都華の競演



さすが京都!!みやびですね。


翌31日、オバ鉄夫婦は「新神戸」で娘と合流し3人で日本三古湯のひとつ有馬温泉へと向かいます。

新神戸駅
新神戸駅



ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

京阪電車・京阪本線に乗りました

2014.12.17(14:40)
関西私鉄⑧ 京阪電車・京阪本線に乗りました(第357回)

2014年2月20日 大阪モノレールの阪急との接続駅「蛍池」で下車。

阪急蛍池駅
阪急蛍池駅



オバ鉄親子は「阪急蛍池」から宝塚本線に乗車して「石橋」で降り、
阪急箕面線に乗り換えます。

阪急石橋駅
阪急石橋駅



阪急箕面線は石橋(大阪府池田市)-箕面(大阪府箕面市)を結ぶ、
紅葉の名所箕面公園、そして箕面温泉への観光路線です。


この路線は阪急の創業者小林一三氏が明治43年に箕面有馬電気軌道として開業させた、
いわば阪急のルーツなのです。


わずか4.0kmの路線なので、6分ほどで「箕面」に至ります。

阪急箕面駅
阪急箕面駅



再び阪急宝塚本線に乗り、「川西能勢口」で下車。

阪急箕面駅かわにしのせぐち



「川西能勢口」は阪急と能勢電鉄の共同使用駅になっていて、
オバ鉄親子は能勢電鉄の4・5号線ホームに移動します。

川西能勢口駅
能勢電鉄川西能勢口駅



能勢電鉄は兵庫県に所在する阪急電鉄の子会社で、妙見線、日生線の2路線を運営しています。


まずは妙見線からスタート!ヽ(^。^)ノ


妙見線は川西能勢口(兵庫県)-妙見口(大阪府豊能町)を結ぶ路線で、
開業当時は妙見山の能勢妙見堂への参拝路線でした。


乗車したのは、あれ?これどう見ても阪急の電車ですよね。


阪急のコーポレートカラーのマルーン一色です。


車体のロゴが違うだけですよ。


「山下」から日生線と分岐し、単線に入っていきます。

山下駅
山下駅




まるで山岳鉄道のように急勾配を上り、25分ほどで「妙見口」に到着します。


昭和の風情を漂わせる駅舎に駅前の赤いポストがアクセントになっていて、絵になります。
(車が邪魔で正面から写真を撮れなかったのが残念です)

妙見口駅舎



「山下」まで折り返す途中、マルーンカラーでない電車と遭遇!!


2013年開業100周年を記念して開業当初の1形の青みがかった緑色塗装を復刻した車両でした。

1形復刻塗装車両




「山下」から日生線に乗車。


日生線は山下(兵庫県川西市)-日生中央(兵庫県猪名川町)を結ぶ、起点と終点だけの路線です。


完乗を目指す者にとってこの起点と終点だけというのが一番辛いです(@_@;)


特に私鉄にはこういうミニ路線が多いので完乗に手間取ってしまいます。


「日生」と聞くと、ニッセイのおばちゃんのCMを思い浮かべてしまったオバ鉄。


ところが、ここ「日生中央」は日本生命保険・新星和不動産が開発した日生ニュータウンなんだそうです。

日生中央駅
日生中央駅



「川西能勢」に戻り、「阪急宝塚」「JR伊丹」と移動し、
「阪急伊丹」から阪急伊丹線に乗車します。

阪急伊丹駅
阪急伊丹駅



伊丹線は塚口(兵庫県尼崎市)-伊丹(兵庫県伊丹市)までの3.1kmのミニ路線。


線内折り返し運転のみで他の路線との直通運転はありません。


しかし、またもやミニ路線!!


朝から24回も乗り降りを繰り返し、かなり疲労困憊のオバ鉄…orz


「朝から晩までただ乗り降りを繰り返して、そこまでして私鉄完乗を目指さなくてもいいじゃない!!」

と悪魔が囁きます。


私鉄完乗への道は想像以上に厳しく、体力のないオバはんはくじけそうです(+o+)


「塚口」から阪急神戸本線、大阪市営地下鉄谷町線と乗り継いで「天満橋」へ移動。

塚口駅
塚口駅




京阪中之島線に乗車。


京阪中之島線は中之島(大阪市)-天満橋(大阪市)を結ぶ3.0kmの路線です。


この路線を建設、保有しているのは第三種鉄道事業者で、
第三セクターの中之島高速鉄道で京阪は第二種鉄道事業者となっています。


中之島線4駅のデザインコンセプトは水都大阪のゲートステーションとして、
川面を流れる「水」を象徴する「ガラス」、中之島を象徴する「木」を用いています。


地下鉄では日本で初めてホームの壁面に木材を使用し、グッドデザイン賞を受賞しました。

中之島駅ホームの壁面



「中之島」から「大江橋」まで戻り、徒歩で「京阪淀屋橋」へ向かいます。


途中、土佐堀川に架かる国の重要文化財淀屋橋を渡りました。


淀屋橋の袂には辰野金吾が設計した日本銀行大阪支店旧館があります。

淀や罰と日本銀行大阪支店旧館



京阪の大阪側のターミナル駅「淀屋橋」から京阪本線に乗車。

京阪電車淀屋橋駅




「淀屋橋」から「天満橋」までは地下区間を走行。


「天満橋」から「寝屋川信号所」間は複々線になっていて、
フロントからの景色は見応えがあります。


「八幡市」を過ぎると、木津川・宇治川を渡り、駅上屋の屋根が
曲線を描いたモダンな大屋根の高架の駅に差し掛かります。


京都市伏見区に所在する淀駅で京都競馬場の最寄り駅だそうです。

京阪本線の淀屋橋~中書島間の動画です



オバ鉄親子は「丹波橋」で下車し、「近鉄丹波橋」から
近鉄京都線に乗り換え、京都のホテルへと戻りました。

京阪丹波橋駅
京阪丹波橋駅




スルっとKANSAI3dayチケットをフル活用して頑張りましたが、
関西の私鉄完乗には至りませんでしたorz


宿泊したビジネスホテルの近くに「電気鉄道事業発祥の地」の碑がありました。

電気鉄道事業発祥地の碑




場所はJR京都駅烏丸口を出てタクシー乗り場方面にあります。


日本で最初の営業用電車が走ったのは首都東京ではなく古都京都でした。


日本初の一般営業用の水力発電を実施させたのも京都で、その電力を利用して、電車を走らせたそうです。


京都って革新的だったんですね。



>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

大阪高速鉄道大阪モノレールに乗りました

2014.12.10(13:40)
関西私鉄⑦ 大阪高速鉄道大阪モノレール (第356回)


2014年 2月20日 本日は京阪電気鉄道(京阪)からスタート。

オバ鉄(鉄系息子とは別行動)は、京都の四条大橋の袂に位置する「京阪祇園四条」から京阪本線に乗車。

京都四条大橋
京都四条大橋駅



祇園四条駅
京阪電車祇園四条駅



京阪電気鉄道は関西大手私鉄5社の一つで大手私鉄営業キロ数ランキング12位。


関東人にとって阪急・阪神・近鉄・南海は馴染みがありますが、
京阪は存在すら知らない方も多いと思います。


考えてみれば、阪急・阪神・近鉄・南海にはプロ野球球団がありましたね。


京阪は球団を持たず堅実な経営を行ってきたということでしょうか…


京阪には熱心なファンが多いそうで、漫才師の中川礼二さんもその一人です。


あ、kyo-toさんもかな…


kyo-toさんのブログ>>http://camkyo.blog46.fc2.com/


京阪の代名詞といえば「テレビカー」。


日本で最初に特急にテレビを搭載したのは京阪ではなく
京成電鉄だったそうですが、長くは続きませんでした。


京阪本線は淀屋橋(大阪市)-三条(京都市)を結ぶ路線ですが、
東海道新幹線、JR東海道本線、阪急京都本線と競合他社の多い激戦区。


そこで、京阪は乗客確保のサービスの一環としてテレビカーを導入したそうです。


そのテレビカーを搭載した旧3000系は2013年3月10日で運転を終了。


奇しくもその日、オバ鉄は大井川鐡道で初めて
京阪旧3000系(テレビは撤去されていましたorz)に乗車したのでした。


「中書島」で途中下車し、京阪宇治線に乗車。


宇治線は中書島(京都市)-宇治(京都府宇治市)を結ぶ7.6kmの路線です。


「桃山南口」付近から車窓左手にJR西日本の奈良線が寄り添ってきて、
「宇治」まで並走します。


「黄檗」は難読駅名で「おうばく」と読みます。

黄檗駅名標



駅から徒歩5分の位置に黄檗宗大本山萬福寺があり、駅名の由来となっています。


約14分ほどで終点「宇治」に到着。

宇治駅



ホームから宇治川を渡るJR奈良線の電車が見えました。

宇治川を渡るJR奈良線






「中書島」に戻り、京阪本線の「枚方市」で下車。
枚方市駅




「黄檗」は完全にホールドアップの難読駅名でしたが、
こちらは誤読してしまう難読駅名です。


「なんや、こんな字も読めへんの?関東人ってアホやな~」って言われそうですが、

「ひらかたし」とは読めません(+o+)


枚方市は古代律令制の時代、百済王氏や渡来人が多く住みついたそうです。


地名由来辞典によると、「平らな地方」「淀川沿いの平らな潟」と、諸説あるそうです。


ここから鉄系息子と合流し、交野線に乗車します。


交野線は枚方市(大阪府枚方市)-私市(大阪府交野市)を結ぶ6.9kmの路線。


乗車したのは京阪13000系電車。


2012年デビューした通勤形電車。


デザインコンセプトは「風流の今様」だけあって、
京都の石畳をイメージしたフロア、シートの座面は萌黄色で背ずりは墨色。


吊り革のリングも萌黄色。

京阪13000系吊り革萌黄色




う~ん、なかなかやるじゃない、京阪電車!!


オバ鉄、13000系気に入りました。


中吊り広告に京阪の鉄道むすめ「石山ともか」の広告がありました。
鐡道むすめ石山ともか



あれ?TVアニメ「いなり、こんこん、恋いろは」の広告もありました。

TVアニメいなりこんこん恋いろは



アニメーションの企画、制作会社京都アニメーションの本社が
京阪の「木幡」付近に所在するそうで、その縁でコラボし、ラッピング電車を運行しているそうです。


ちなみにダンナ様が大好きなアニメ「氷菓」も京アニの作品です。


約13分ほどで終点「私市」に至ります。

終点私市駅



そして、この「私市」も読めそうで読めない難読駅名で
「きさいち」と読みます。


難読・誤読駅名辞典によると、「きさい」は「后」皇后様のことで、
皇后様の私有地で働く民を「きさいべ」といい、それが転訛したということです。


京都本線に再び乗車し、大阪モノレールとの接続駅である「門真市」で下車。

大阪モノレール門真市駅




2011年まで世界最長モノレールだった大阪高速鉄道大阪モノレールにトライします。

大阪高速鉄道は大阪府に所在する第三セクター方式の会社で、
大阪モノレール線と国際文化公園都市線(愛称は彩都線)の2路線を運営しています。


大阪モノレール線は大阪空港(大阪府豊中市)-門真市(大阪府門真市)を結ぶ21.2kmの路線。

方式は跨座式モノレールです。


「門真市」を発車し、2つ目の「南摂津」を過ぎると、
いきなり大阪モノレールのハイライト、JR東海の新幹線車両基地
「鳥飼車両基地」(進行方向右側)が望めます。


空中から望む車両基地は圧巻で、これは一見の価値ありです。


写真撮影には失敗しましたが、ビデオ撮影には成功しましたので宜しかったらご覧ください。



大阪モノレールは近畿自動車道、中国自動車道と並走し、ロケーションも抜群!!


下手なアトラクションよりずっとずっと面白いです。


「万博記念公園」に近づくと車窓右手に「太陽の塔」が見えてきました。

万博記念公園駅
万博記念公園駅



太陽の塔
太陽の塔



「万博記念公園」は1970年大阪府吹田市で開催された
国際博覧会(大阪万博)の跡地を整備した公園です。


オバ鉄は43年前、大阪万博に家族とともに訪れたことがあります。


生まれて初めて新幹線こだまに乗車し、これまた初めて大阪の地を踏みました。


あれから43年も経ったのですね。


近未来都市のようだった大阪万博、今は「夏草や 兵達が夢のあと…」

そんな句が思い起こされるわびれスポットになってしまいました。


「万博記念公園」から、彩都線に乗り換え、約12分ほどで終点「彩都西」に至り、
彩都線をクリアヽ(^。^)ノ

彩都線
彩都線



未乗区間の「万博記念公園」から「蛍池」までを乗車します。


「少路」付近は千里丘陵に位置するため、
標高が高くモノレールの車窓からは大阪平野のパノラマが堪能できます。


途中、1000系電車チキンラーメンひよこちゃん号に遭遇しました。

大阪モノレールチキンラーメンひよこちゃん号




オバ鉄親子は終点「大阪空港」の1つ手前の阪急宝塚本線の接続駅「蛍池」で下車しました。

大阪空港駅
大阪空港駅




>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ