TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||

旅日記

>>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<<
このブログで紹介している写真 文章 動画等の著作は当管理人の著作です
 無断での転記 複製等は 一切禁止いたします。
※更新は週1回木曜以降です☆
  1. ガンダムフロント東京・ビューゴールドラウンジ (03/22)
  2. 日本一早く最終列車が出る駅 十津川駅 2017(03/14)
  3. キハ54系 流氷物語号(03/07)
  4. 網走流氷砕氷船・特急オホーツクキハ183-104白ボウズ (02/26)
  5. キハ183系200番台特急オホーツク キロハ182-4 (02/21)
  6. 雪ミク電車2017・特急オホーツクキハ183系1550番台(02/14)
  7. 都電荒川線 (02/06)
  8. 明知鉄道・名古屋臨海高速鉄道(01/31)
  9. 島原鉄道 キハ2500形 (01/24)
  10. 近江鉄道900形 淡海号(01/17)
次のページ

ガンダムフロント東京・ビューゴールドラウンジ 

2017.03.22(14:19)
ガンダムフロント東京・ビューゴールドラウンジ 第476回



東京お台場ダイバーシティのガンダムフロント東京が
2017年4月5日を以って営業を終了するというので、慌てて記事を書きました。


ご高覧いただければ幸いです。




オバ鉄、大人の休日倶楽部カード会員限定のプレミアポイントを集めて、
東京ステーションホテルの宿泊券をゲット!!( *´艸`)


梅雨入り前の2016年 6月4日 ダンナ様と2人、東京プチ旅行へと出掛けました。


前回は東京スカイツリー見物に行きましたが、
今回はダンナ様のリクエストで江東区青海のガンダムフロント東京に行きま~す!!(^O^)/


ガンダムフロント東京へのアクセスは第三セクター方式の㈱ゆりかもめが運営する
ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線に乗車します。


起点の新橋駅を発車し、2つ目の汐留駅を過ぎると、車窓右手眼下に
東海道新幹線、東海道線、京浜東北線、山手線が望め、
鉄道ファンには堪えられない一大ロケーションが広がります。

新幹線のぞみN700A



そして、前方に東京モノレール浜松町駅が見えてくると、
左に折れさらに右にカーブすると進行方向左手に東京湾が見えてきます。

前方に東京モノレール




やがて、ゆりかもめのハイライト、港区芝浦と台場を結ぶ連絡橋レインボーブリッジを渡ります。

レインボーブリッジ



レインボーブリッジを渡る




レインボーブリッジへの芝浦側のアプローチはループ橋になっていて、
車窓からは東京湾、高層ビル群の大パノラマが展開し、
何度見ても見飽きることがありません。


レインボーブリッジへのアプローチループ橋



レインボーブリッジを渡ると、ガンダムフロント東京の最寄り駅台場駅はすぐですが、
ダンナ様は眺望絶佳のゆりかもめの車窓を最後まで味わいたいということで、
豊洲駅まで乗り、折り返してきました。





台場駅を降り、左手に巨大なフジテレビ本社ビルを見ながら歩くこと5分。


ダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場にありました
実物大ガンダム立像!!(*´ω`*)


実物大ガンダム像



立像を目の前で仰ぎ見ていると首が痛くなるほどの圧巻の大きさです。


ちなみに毎度々同じことを繰り返して申しておりますが、
青森県五所川原市の立佞武多の高さはガンダム立像の18mよりも5mも高い23m!!


オバ鉄、立佞武多が練り歩く雄姿を見てみたいものです。


ガンダムフロント東京に入場する前に、ダイバーシティ東京プラザ6階のレストランで昼食をとったのですが、
テーブルからはガンダム立像の後ろ姿が望め、
ガンダム様を眺めながらの食事、ガンダムファンには最高でした( *´艸`)

ガンダム様の後ろ姿




ガンダムフロント東京は有料ゾーンと無料ゾーンがあり、
もちろん有料ゾーン(当日券大人1200円)に潜入してきました。


有料ゾーンにはキャラクターフォトスポットがあって
あこがれのキャラクターをチョイスして2ショット撮影が楽しめます。


ダンナ様はセイラさんと記念撮影して鼻の下を伸ばしていました。


セイラさんと記念ショット



オバ鉄夫婦は台場から東京駅へ移動しましたが、
ホテルのチェックインにはまだ時間が早すぎるので、ビューゴールドラウンジに初潜入します。


2015年12月21日、東京駅八重洲中央口グランルーフ1階にビューゴールドラウンジがオープンしました。


要するにビューゴールドプラスカード会員向けのプレミアムラウンジですが、
オバ鉄、大休のプレミアポイントを集めて
ラウンジ利用券を2枚いただいちゃいました!(^^)!

(ちなみにオバ鉄はゴールドカードではありません。ノーマルカードですよ)


プレミアムなラウンジの内装は和モダンがテーマの明るくシンプルな感じで、
まあ、ある意味JR東日本らしいかな…

ビューゴールドラウンジ




お菓子とソフトドリンクが提供されたのですが、
おしぼりのタオルからほんのりとフレグランスの香りが漂ってきたのには驚きました。


サニタリールームも心地よい香りで満たされ、
真のサービスとは目に見えない部分にも配慮を怠らないことかもしれません。



壁面には貴重な東京駅建設当時の写真や、時代が不明ですが、
汽車発着時刻賃金表がディスプレイされています。

汽車発着時刻賃金表



貴重な東京駅建設当時の写真
貴重な東京駅建設当時の写真



汽車発着時刻賃金表は、上野仙台塩釜及青森間と記されていて、
上野ー青森間の賃金は三円六十四銭と表記されています。


八戸駅は改称前の尻内駅と表記されていて、
時刻表ファンには一見の価値ありですよ。


次に向かったのは丸の内にあるJPタワーKITTE。


1階フロアの東京中央郵便局には日本郵便のキャラクターぽすくまの
巨大ぬいぐるみが設置されて、ダンナ様は吸い寄せられて行きました。

ぽすくまと記念ショット




6回の屋上庭園KITTEガーデンから東京ステーションホテルを眺め、
そろそろホテルにチェックインしましょうか。
KITTEから望む東京ステーションホテル




オバ鉄夫婦の部屋は南ドーム3階皇居側に位置するパレスサイドスーペリアツイン。

パレスサイドスーペリアツイン



部屋に向かう途中、アーカイブバルコニーから
南ドームの復原されたドームレリーフを最も近い位置で眺めることができました(*´ω`*)

秀吉の兜のキーストーンと干支レリーフ




客室はヨーロピアン・クラシックスタイルで、落ち着いた雰囲気。


特筆すべきはメモ用紙!!

東京ステーションホテル原稿用紙柄のメモ帳



作家の松本清張がたびたび宿泊し、「点と線」のヒントを得たというエピソードがあるホテルだけあって、
原稿用紙柄のメモ用紙なんですよ。


客室の窓からは、東京駅南口の交差点が見えましたが、
都会の喧騒がほぼ完全シャットアウトされ、静謐な空間が保たれているのには驚かされました。


夜の東京駅南口の交差点



ダンナ様のイビキの方が五月蠅かったです!!( `ー´)ノ


翌5日、4階のアトリウムでアトリウムブレックファストブッフェをいただきました。

東京ステーションホテル朝食会場アトリウム




アトリウムは復原工事までは使われていなかった中央屋根裏の空間を
ガラス窓を採用した内装に一新し、爽やかな自然光が降り注ぐ開放感溢れるゲストラウンジです。



朝の光に包まれながら、アトリウムブレックファストを賞味して、オバ鉄夫婦はホテルを後にしました。


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
スポンサーサイト
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

日本一早く最終列車が出る駅 十津川駅 2017

2017.03.14(13:53)
日本一早く最終列車が出る駅 新十津川駅 2017 冬 第475回



2017年2月6日 滝川駅前バスターミナルから北海道中央バスに乗り、
15分ほどの「新十津川役場」で下車(230円)。


んっ!! 新十津川役場といえば、たしか終着駅到達証明証を交付していたはず…


早速、役場内の産業振興課で交付してもらいました(^O^)/

終着駅到達証明証



昨年7月 ダンナ様と新十津川駅を訪問した際、インフォメーションボードを見て
証明証の存在を知りましたが、時間の都合が悪く役場には行けませんでしたorz


当時、新十津川駅訪問はこれで最後だと思っていただけに
証明証がもらえず口惜しかったですね。


まさか捲土重来を期せるとは予想だにしていませんでした。


役場から約300メートルの位置に新十津川駅があります。

新十津川駅正面



トタン屋根の上にはかなりの量の雪が積もっていました。


新十津川駅ホーム側



オバ鉄の両親は津軽出身なので除雪作業、
特に屋根の雪下ろし作業がいかに危険で重労働なのかを知っています。


JR北海道が次々と駅を廃駅にするのも除雪費用が重荷になっているからでしょう。



駅舎内に足を踏み入れると、インフォメーションボードのポスター等が増えた感じがしました。


新十津川駅舎内の様子



その分、この駅を訪れる乗客が増えたということでしょうか。



9時28分 5425Dが到着する直前、駅近くに所在する空知中央病院保育所の園児達がお出迎えに登場!!
ようこそ新十津川駅へ保育園児のお出迎え




寒い中、本当にご苦労様です。


保育園児達に見送られて、今度こそこれが最後かなぁ… さよなら新十津川駅…

5425D到着
5425D到着




新十津川駅から5426Dに乗車したのは鉄道ファン3人と女子鉄3人(オバ鉄含む)。

新十津川駅名標




女子鉄の方は各駅名標をカメラに収めていました。

近年、女子鉄の方、増えましたね。

喜ばしい限りです(*´ω`*)


動画もあります


前回、札沼線は紹介したので雪景色の秘境駅南下徳富駅と豊ヶ岡駅の写真を載せておきますね。

秘境駅南下徳富駅
秘境駅南下徳富駅



秘境駅豊ヶ岡駅
秘境駅豊ヶ岡駅




オバ鉄親子は北海道医療大学駅で下車。


札沼線の起点桑園駅と北海道医療大学駅間は沿線に学校が数多くあり、
札幌都市圏の通勤・通学路線として機能しており、2012年にこの区間は交流電化されました。



この駅の1番線ホームは新十津川方面発着の列車専用。
(交換の都合上使用する場合あり)

北海道医療大学駅1番線ホーム




2番線ホームは切欠ホームで行き止まりになっています。

北海道医療大学駅2番線ホーム




北海道医療大学駅は無人駅。


改札には簡易kitaca改札機が設置され、交通系ICカードが利用できる日本最北端の駅だそうですよ。


札幌行きの721系電車に乗車し、札幌駅でスーパー北斗12号に乗り変え、
宿泊地の函館に着きました。


札幌行きの721系電車
札幌行きの721系電車




函館駅前もイルミネーションが煌めいて美しかったですよ。


函館駅前のイルミネーション



翌7日 4泊5日の北海道の旅最終日。


北海道に来たらやはり北海道新幹線に乗らないといけませんよね。



函館駅から733系1000番台はこだてライナーで新函館北斗駅へ。

はこだてライナーとスーパー北斗
はこだてライナーとスーパー北斗



函館運輸所に789系特急スーパー白鳥が1編成だけ留置されていました。

函館山と789系特急スーパー白鳥




2017年3月のダイヤ改正で789系は特急ライラックとして札幌ー旭川駅間に運用される予定です。


また789系に乗れるのですね。

楽しみです( *´艸`)


新函館北斗駅到着後、10分ほど改札外へ出てみましたが、
驚いたことに南口にホテルが建っていました。

新函館北斗駅南口にホテルが




ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗で3月17日にオープンするそうです。



2015年7月、渡島大野駅を訪問した際、駅前は見渡すかぎりの更地でしたが、
約2年も経つと大きく変わるものですね。


もしかしたら、2階の自由通路から函館山が望めなくなるかもしれません。


北海道新幹線も3月26日で開業1周年を迎えます。


北海道新幹線開業1周年


2017年2月18日~9月30日迄各種イベント等を実施するそうです。


今度はいつ北海道に来られるかな…

それまでさよなら 函館山!!(^^)/~~~

E5系から望む函館山






ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
北海道 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

キハ54系 流氷物語号

2017.03.07(13:56)
キハ54系 流氷物語号 第474回



2016年11月 経営が悪化しているJR北海道は単独では維持が困難な10路線13線区を発表。


その中に風光明媚な釧網本線も含まれていました。


釧網本線の冬の風物詩流氷ノロッコ号は2016年2月を以って運行終了。



危機感を抱いた沿線自治体網走市・斜里町・小清水町の要請に応え、
JR北海道は流氷観光シーズン(2017年1月28日~2月28日)に
新たな流氷観光列車「流氷物語号」を運行することになりました。


流氷物語号ポスター



車両はキハ54系気動車の2両編成。

キハ54系流氷物語号




キハ54-507は流氷をイメージした
白い車体に流氷とクリオネのラッピング。

キハ54-507流氷をイメージした車両



キハ54-508はオホーツクブルーの車体に知床連山と
エゾスカシユリが描かれています。

キハ54-508オホーツクブルーの車両



車両の乗降口付近には自由席のサボが掲出されています。

流氷物語号自由席サボ



車内の内装は側壁の窓の下付近に流氷のデザインが施されていました。

窓の下に流氷のデザイン




座席カバーに可愛らしいクリオネがワンポイントでデザインされていて、
細かい部分にまで配慮されているな~と感心しました( *´艸`)

流氷物語号座席カバーにクリオネのデザイン




列車には網走市観光課と網走市市民ボランティアのスタッフが乗車し、
観光ガイドアナウンスや記念グッズの車内販売を行います。

スタッフの方と記念ショット
流氷物語号スタッフの方と記念ショット




運転区間は網走ー知床斜里駅間で1日2往復の運転です。


下り知床斜里行き(1・3号)は、北浜駅で約10分停車し、
上り網走行き(2・4号)は浜小清水駅に約20分停車します。


さて、気になる料金ですが、乗車券のみで利用でき予約は不要って嬉しいですよね(*´ω`*)


動画もあります



オバ鉄は流氷ノロッコ号の乗車体験はないので比較のしようがないのですが、
特別料金不要で自由に乗車できて、その上、観光案内もしてくれて
散策タイムもあり車内販売もあるだなんてスゴイじゃないですか!!



記念グッズも充実しているし、鉄道ファンには申し分ないです。


10時56分 ゆっくりと流氷物語1号は網走駅を出発。


約14分ほどで北浜駅に到着。


ここで約10分間の散策タイムです。
北浜駅で10分間停車




北浜駅はオホーツク海に一番近い駅で、ホームには展望台が設置されています。


本日は晴天で駅のホームからオホーツク海と神々しいまでに美しい知床連山の風景が望めました。

北浜駅ホームから望むオホーツク海と知床連山




展望台からも
展望台からオホーツク海と知床連山



釧網本線には何度か乗っているけれど、知床連山を眺めることができたのは今回が初めてです。


流氷物語1号に乗車して本当に良かった( *´艸`)


流氷物語号情報を提供して下さったブロ友様、感謝の念に堪えません。


ありがとうございました<(_ _)>



オバ鉄親子は北浜駅で下車し、流氷物語号を見送ったあと快速しれとこにのり、網走駅へ戻りました。

快速しれとこ
快速しれとこ



釧網本線は沿線に釧路湿原、阿寒湖、小清水原生花園、オホーツク海等豊富な観光資源がある稀有な路線。


この宝物のような釧網本線を存続させてほしいと願わずにはいられませんでした。


網走駅からオホーツク6号に乗り変え、今宵の宿泊地旭川へ向かいます。


今度は自由席に乗車。


2号車は半室が普通車指定席、もう半室が普通車自由席。


この自由席一部指定席のプレートって珍しいですね。

快速しれとこ自由席一部指定席




オホーツク6号は網走駅で指定席・自由席・グリーン席全て満席!!


デッキや通路に立っている乗客もいました。


この流氷観光シーズンは大変混みますので予め指定席を予約しておいた方がベターですよ。



17時11分 旭川駅に到着。


旭川駅で札幌行きの特急サロベツをカメラに収めることができました(^O^)/
特急サロベツと特急スーパーカムイ




旭川駅前は旭川の冬の風物詩「あさひかわ街あかりイルミネーション」に彩られ綺麗でした。

旭川駅前イルミネーション




翌6日 旭川駅から特急スーパーカムイに乗って滝川駅へ移動。
785系NE501編成特急スーパーカムイ




旭川駅ホームでJR貨物DF200形の基本番台レッドベアをキャッチ!!

JR貨物DF200-1レッドベア



不思議なもので鉄道ファンを長年やっていると貨物列車にも心惹かれてきます。


滝川駅に着いて発車標の「臨時 東鹿越行き」の表示を見て愕然としました( ゚Д゚)
滝川駅




2016年台風10号による影響で根室本線は甚大な被害を受け、一部列車が運休。


現在滝川ー東鹿越駅間が運転再開し、東鹿越ー落合駅間は代行バスで運転しています。


昨年7月、オバ鉄夫婦はここ滝川駅から日本一運行時間が長い定期普通列車2427Dに乗りました。


JR北海道は根室本線、富良野ー新得駅間の廃止の方針を発表しており、
2427Dは廃止となってしまうのでしょうか…

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
北海道 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

網走流氷砕氷船・特急オホーツクキハ183-104白ボウズ 

2017.02.26(17:32)
網走流氷砕氷船・特急オホーツクキハ183-104白ボウズ 第473回


2017年2月4日 札幌駅から特急オホーツク1号に乗車して
網走入りしたオバ鉄親子。


網走駅前バス停から網走バスの市内観光施設めぐりに乗り、
「道の駅 流氷砕氷船のりば」で下車(約10分)。

道の駅流氷砕氷船



最初のスケジュールでは札幌から釧路へ移動し、釧網本線経由で網走入りするつもりで
翌5日の午前中に流氷砕氷船に乗船予定でした。


ところが5日の午前中の船便が満員のため予約がとれない!!orz



予定の変更を余儀なくされ釧網本線経由を断念し、
予約のとれた4日15時30分発の4便に乗船することとあいなりました。



道の駅に入ると、JR北海道の新しい流氷観光列車「流氷物語号」の
グッズ販売コーナーが設置されていました。

流氷物語号グッズ販売コーナー



ミニサボや流氷物語号のシール等、鉄心をくすぐるラインナップ!!(*´ω`*)



なかでも秀逸なのが、流氷物語号のサボがデザインされたタオル!!

定価1,000円とお高めですが、生地がしっかりしていて品質がいいんですよ。


もちろんオバ鉄大人買いしましたよ(*´ω`*)



充実していた内容でしたが、クリアファイルや缶バッチなどの
手頃な値段で持ち帰りしやすい商品も検討していただけたらなぁと思いました。


流氷砕氷船のりばは乗船40分前から中国人観光客で溢れかえり、
この状態で全員乗れるのか心配しましたが、臨時便が運航しました。



厳冬の流氷観光ってそれほど観光客はいないのではという自分の認識の甘さに猛反省!!



むしろシーズンを通して真冬の時期が一番賑わっているようです。


流氷観光砕氷船おーろら号は南極観測船と同様に氷の上に船首を乗り上げ
船の重みで氷を割って進みます。



大型船で1階と2階に客室、展望デッキ、そして売店、コーヒーショップまであります。
(大人3,300円)


網走港を出航して約10分。


海に孤立した氷塊が見えてきました。


よく見ると氷塊の上に越冬のために南下した天然記念物のオオワシの姿が…( ゚Д゚)

氷塊の上にオオワシと魚



そして、後肢には魚がいます。


そして、次の瞬間、オオワシは魚を捕らえて悠然と飛んでいきました。

魚を捕らえて飛んでいくオオワシ




流氷上にはオジロワシの姿も見られたんですよ。

流氷上に乗るオジロワシの姿



流氷観光砕氷船に乗船して、
バードウォッチングが楽しめるなんて想像もしていなかっただけに大興奮しました=3



港を出て約20分、海にハスの葉を思わせる形状のハス葉氷が広がったと思ったら、
ゴゴゴッーという轟音とともに船体が揺れ、ついに流氷の中へ突入です。

ハス葉氷






流氷はロシアのアムール川河口付近でシャーベット状に凍りついたものが、
海流や季節風に乗って成長しながら南下したもの。

間近で見る流氷




オホーツク海は海面から50mまでは塩分の薄い海水。
その下は塩分が濃い海水という二重構造の海だから海水が凍りやすいそうです。


ちなみに水深の深い日本海は凍らないのだそうです。


オホーツク海沿岸は海が凍る南限で、日本で流氷を見られるのはここだけです。


流氷はTVの映像で視聴していますが、
実際に見ると氷の美しいこと!!


流氷とおーろら号





まさに氷の絶景、海の造形美に魅入られてしまいました。


サイドデッキに出て寒いことも忘れて夢中になってカメラのシャッターを切っていました。



流氷観光砕氷船に乗ろうと誘ってくれた息子に感謝です!!



乗船後、道の駅からタクシーで10分ほどの釧網本線の藻琴駅へ移動。


ちょうど日没後のブルーモーメントの時間帯に訪問でき、
青い光に照らされた美しい藻琴駅に溜息が出ました。

藻琴駅




藻琴駅のかつての駅事務室に「食事&喫茶トロッコ」が営業しています。


ここの人気メニューの酪農ラーメンにチャレンジしました。

酪農ラーメン



牛乳スープですが、あっさりしてまろやかな塩味スープって感じです。


麺は中太縮れ麺。
トッピングにコーン、チャーシュー、ワカメ、そして焼き麩が入っていました。


津軽の中華そばには必ずといっていいほど入っている焼き麩!!


酪農ラーメン堪能しました。
(北海道滞在中、夕飯はラーメンオンリーでした)



翌5日、予定ではおーろら号乗船だったので、
半日スケジュールが空きました。



そこへブロ友様から流氷物語号が運行するという耳寄りな情報をキャッチ!!



網走10時56分発の流氷物語1号に乗車することにしましたが、
何故か8時前から網走駅に待機(T_T)


まず、網走駅に来たのならお約束の撮影スポットで記念ショット!!

網走駅お約束撮影スポット



そしてオバ鉄が陰ながら応援している方の仕事ぶりを見守ります。


陰ながら応援



9時過ぎ、札幌行き特急オホーツク4号の改札が始まり、
改札内に入ると1番線ホームに入線していたのは、

唯一の存在であるキハ183-104白ボウズ!!

キハ183系100番台特急オホーツク白ボウズ



まさか白ボウズにお目にかかれるとはなんたる幸運!!( *´艸`)


5日のおーろら号の予約がとれなかったことに神様に感謝感激です。





車内に入ると機器室が2-4位側の大部分を占め、
1-3位側は客室に入るまで長い通路を通ります。

キハ183-系104客室内




通路には寝台列車の通路に設けられているような収納式腰掛けがあり珍しいですね。

通路に収納式腰掛



客室内に入った途端、気温差でカメラのレンズが曇ってしまい、写真ボケてです。


この日の網走市の気温は-2度。


北海道に来て初めて寒いと感じました。


経年32年の白ボウズ、2017年のダイヤ改正で去就が注目されます。



白ボウズを見送った後、ふと3番線ホームを見ると、

えっ! 網走駅に花咲線のルパン三世ラッピングトレイン!!( ゚Д゚)

網走駅にルパン三世ラッピングトレイン



ルパンは花咲線限定かと思っていたら釧網本線でも運用されているんですね。


車内に足を踏み入れるとルパンと不二子ちゃんが出迎えてくれます。

ルパンと不二子ちゃん



荷物棚の上にもルパンファミリーのポスターが掲出されていました。
ルパンファミリーのポスター





早起きは三文の徳でした( *´艸`)


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
北海道 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

キハ183系200番台特急オホーツク キロハ182-4 

2017.02.21(13:54)
キハ183系200番台特急オホーツク キロハ1182-4  第472回


2017年2月4日 立春 オバ鉄親子は札幌駅からキハ183系特急オホーツク網走行きに乗車。

キハ183系200番台スラントノーズ車





今回初めて特急オホーツクのグリーン車に乗ります。


3号車の半室がグリーン車。

特急オホーツクグリーン車客室内



もう半室は普通車となっていて車体中央にデッキが設けられています。


デッキにはかつて喫煙ブース(?)だったエリアが業務用室になっていて
活用されていなくてちょっと勿体無い感じ。

デッキの業務用室




特急オホーツクには大型のスーツケースを持った中国人観光客で溢れていて
ラゲージスペースとして活用すればとオバ鉄は提案したいですね。


グリーン車キロハ182-4は平成8年苗穂工場で改造された車両で
改造されてからも20年が経過しています。

特急オホーツクグリーン車キロハ182-4




グリーン車は平屋構造。
シートは2+1列配置。

二人掛けシート
二人掛けシート



一人掛けシート
一人掛けシート




これはオバ鉄の個人的見解でありますが、
国鉄時代の車両のシートの方が、クッション性が良くホールド感があるような気がします。


特急オホーツクのサニタリールームというと和式トイレというイメージがありましたが、
リニューアルされたのか洋式トイレでした。

様式トイレ




動画もあります




朝、ホテルを出た時は雪が降っていなかったのですが、
札幌駅を出発してから雪が降り始めました。


美唄駅のホームに除雪作業へ向かう保線作業員の方がいました。

美唄駅ホームに除雪作業へ向かう保線作業員



保線作業員の方が降りしきる雪の中、除雪作業をして下さるから
列車は定時運行可能なわけで、本当に有り難いです。


列車は新旭川駅から石北本線へと進んでいきます。


石北本線は線路規格が低く、そのため列車は高速で運転できません。


札幌ー旭川間の最高時速は110km/hですが、
旭川駅からは95km/hにスピードダウンします。


でも、乗り鉄にとっては車窓がじっくり見られるので嬉しいです(*´ω`*)


上川駅の駅名標を見て上川駅の次は上白滝駅ではなく、
白滝駅に表記が変わっていて現実を突きつけられた感じがしました(T_T)

上川駅の次白滝駅



石北トンネルの上川側入り口手前にある
上越信号場付近で突然車内の室内灯が消えるトラブルが発生!!( ゚Д゚)

上越信号場




給電トラブルで室内灯が消える( ゚Д゚)

給電トラブルで室内灯が消える




列車はそのまま石北トンネルに突入し、車内は真っ暗ですorz


「給電装置のトラブルで室内灯が消え、お客様にご迷惑をおかけし、誠にすみません」


と各号車に詫び入り、1号車の配電盤と悪戦苦闘している車掌さん。


車掌の業務って不測の事態に対応したりと多岐に渡っていて、
大変なんだなぁと感じました。


まさしく「conductor」、列車を指揮する人ですね。


キハ183系は製造から30年以上経過し、キハ261系と置換えが決定していますが、
置換え車両の手配が間に合うかどうか厳しい状況です。


キハ183系をいたわりながら使用している感じがします。


白滝駅付近でようやく室内灯が点灯!!

白滝駅



雪も止んで青空が広がっています。


途中、上白滝駅舎が解体され、
なくなっているのを見て心にぽっかり穴が開いたようで虚しかったですね。


でも、下白滝駅は信号場として存在していて安心しました。
下白滝信号場




進行方向左側に遠軽町のシンボル瞰望岩が見えてくると
スイッチバックの駅遠軽駅に到着です。

瞰望岩
遠軽町のシンボルがん望岩



遠軽駅
遠軽駅



ここで進行方向を換えて網走駅へ向かいます。


そろそろお腹がすいてきたので駅弁でも食べましょうか。



札幌駅で札幌駅弁よくばり膳(1,250円)を購入。

札幌駅弁よくばり膳



札幌駅の人気駅弁4種類を一度に賞味できるというまさに欲張りな駅弁!!


知床とりめしと石狩鮭めしがグッドでした(*´ω`*)



車窓左手に網走湖が見えてきたら終着網走駅に至ります。

網走湖
網走湖



網走駅ではサハリンなどの北方からオホーツク沿岸に渡来してきた
古代の海洋狩猟民モヨロ人の像が出迎えてくれました。


網走駅とモヨロ人像


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
北海道 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

雪ミク電車2017・特急オホーツクキハ183系1550番台

2017.02.14(14:06)
雪ミク電車2017・特急オホーツクキハ183系1550番台  第471回



2017年1月11日 鉄系息子は大学院に修士論文を提出し、どうにか修了の見込みが立った途端、

「お母さん、来月、網走流氷観光砕氷船に乗りに行こうかと思うんだけど、

一緒に行く?」


と揺さ振りをかけてきました。


「えっ( ゚Д゚) 網走流氷観光砕氷船!!船酔いするのに観光砕氷船に乗るの?」


彼は笑って頷きました。


彼の目的は旅費の援助だと分かっていましたが、
鉄系息子修了旅行第1弾に参考することにしました。

(この時の決断が、後日思わぬ幸運を呼び寄せることになろうとは、まだ知る由も無く…)



節分の日、オバ鉄親子は珍しく航空機で北海道入りします。


羽田空港からJAL511便札幌行きに搭乗する際、富士山が見えて

「これは幸先のよいスタートだわ」と思ったら、

鉄系息子は飛行機酔いしてしまいましたorz

JAL511便札幌行き富士山




新千歳空港駅から快速エアポートで札幌駅へ移動して、ここで鉄系息子と別行動。

新千歳空港駅



オバ鉄は札幌市営地下鉄南北線のすすきの駅で下車。



駅のコンコースの至る所に第68回さっぽろ雪まつりのポスターが掲出されています。

第68回さっぽろ雪まつりポスター



さっぽろ雪まつり大通・すすきの会場の開催期間は2月6日~12日迄。


オバ鉄はさっぽろ雪まつりに訪れたことはなく、
今回は千載一遇のチャンスではありましたが、
航空チケットやホテルの手配のことを考慮してわざと雪まつり期間を避けました。



札幌市電すすきの停留場近くにすすきのアイスワールド2017の会場がありましたが、
開催日の3日前ですがまだ準備中…orz

すすきのアイスワールド2017準備中



氷像が立ち並ぶ様はさぞかし幻想的なことでしょうね。



すすきの停留場へ向かうとちょうど札幌市交通局A1200形電車ポラリスが入ってきました。


札幌市電すすきの停留場






ポラリスは札幌市電初の超低床電車で3車体連接車です。

超低床電車ポラリス




一度、乗ってみたいものです。


すすきの停留場はループ化工事後、上屋は白いコンクリート製になり、
壁面には液晶パネルが設置され、運行状況や観光情報を提供しています。

壁面の液晶パネル



液晶パネルに雪ミク電車の案内が映し出されると雪ミク電車2017が到着です。

雪ミク電車2017



2017年の「雪ミク」は北海道をイメージした星空・星座をテーマとしたデザインだそうです。

2017年は北海道の冬イメージした星空・星座がテーマ



運行期間は平成28年11月21日~29年3月26日迄です。


ダンナ様は初音ミクの大ファンで、一度は乗ってみたいと申しているのですが、
なかなか真冬の北海道を訪問できず、いつもオバ鉄が代わりに乗っています。



車内にはファン垂涎のサインも飾られています。

ファン垂涎のミクのサイン








オバ鉄は西4丁目停留場で下車。


停留場付近には雪まつりの大通会場がありますが、
ここでもまだ大雪像を制作中…(T_T)

大通り会場の大雪像も制作中



後ろ髪を引かれる思いでホテルへ戻りました。


2月4日 立春 本日は網走に移動し、
今回の旅の目的の網走流氷観光砕氷船おーろら号に乗船します。


札幌駅に入ると「冬のひがし北海道周遊紀行」のポスターが掲示され、
期待に胸がふくらみます。


冬のひがし北海道周紀行ポスター



オバ鉄親子は札幌7時21分発網走行き特急オホーツク1号に乗車します。


おや、改札内に札幌駅限定冬スタンプが設置されていました。

札幌駅限定冬スタンプ



押し鉄ファン必見じゃなくて必押しですね。



8番線ホームに入線してきた特急オホーツク1号の遠軽方面先頭車は
特急サロベツで使用されていたキハ183-1555。

キハ183系1550番台



キハ183系-1555



昨年8月稚内駅から乗車した特急サロベツの札幌方面先頭車は
キハ183系200番台スラントノーズ車でした。


2016年3月26日ダイヤ改正で札幌-函館間の北斗系統が増発され、
それにより先頭車が不足し、苗穂運転所から函館運輸所へキハ183系が転属。


苗穂運転所の車両不足が深刻化しています。


バラエティーの富んだ編成が見られるのは鉄道ファンとしては喜ばしいことですが、
JR北海道の窮状を考えると、喜んでばかりもいられません。


キハ183系はキハ261系に置換えられるそうなので、
今のうち特急オホーツクのグリーン車に乗っておかなければと思いグリーン車に初トライです。

特急オホーツク乗車位置案内





ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
北海道 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

都電荒川線 

2017.02.06(16:14)

都電荒川線 第470回


首都東京で奇跡的に残された路面電車の都電荒川線と東急世田谷線。



オバ鉄、2014年3月に東急世田谷線はすでに乗車済み。


今回はダンナ様と二人で都電荒川線にトライします。



東京都電車(略称都電)は東京都が運営する軌道(路面電車)で、
最盛期には41系統がありましたが、
現在残っているのは荒川線だけとなりました。


荒川線は三ノ輪橋(荒川区)-早稲田(新宿区)を結ぶ12.2kmの路線です。



荒川線は起点の「三ノ輪橋」も終点の「早稲田」も
他の公共交通機関とのアクセスがよくありません。


オバ鉄夫婦はとりあえず起点から乗ることにしました。


2014年4月13日 オバ鉄夫婦は東京メトロ日比谷線の「三ノ輪」で下車。

東京メトロ日比谷線三ノ輪駅



昭和通りと明治通りが交差する「大関横丁」交差点を渡り北上、
JR東日本の常磐線の高架を潜ります。


おや?ガード下の壁面に都電の壁画が描かれていますね。

ガード下に都電荒川線の壁画




常磐線南千住第2三ノ輪ガード下の壁面に東京芸大大学院のOBの方が
「あらかわ遊園」「都電荒川線」
「千住大橋と松尾芭蕉」「三ノ輪橋」など荒川区ゆかりの絵を制作しました。


とかくガード下は薄暗く犯罪の起こりやすいエリア。


少しでも犯罪の抑止につながればよいですね。



高架を抜けるとジョイフル三ノ輪商店街のアーケードが見えてきます。

ジョイフル三ノ輪商店街




その商店街の入り口手前左手に荒川線「三ノ輪橋」停留場があります。
(徒歩約7分)

都電荒川線三ノ輪橋停留場



この停留場のエリアは昭和の下町の風情が漂いまるでタイムスリップでもしたかのよう…



昔懐かしい板塀にこれまたレトロなホーロー看板!!

レトロなホーロー看板




オバ鉄が子供の頃使ってました「亀の子束子」!!

亀の子束子の看板





「オロナミンC」に「ボンカレー」「金鳥かとりせんこう」
どれも思い出深いです。


しかし、入線してきたのは近代的な東京都交通局8800形電車でした。


このシリーズはカラーリングが4タイプあり、
乗車したのはローズレッドでした。


運賃は全区間一律で大人170円ですが、
ICカード利用では165円です。


「三ノ輪橋」を出発すると専用軌道を走行します。



荒川線のほとんどが専用軌道だったために廃止を免れました。

専用軌道
専用軌道



途中で擦れ違ったのは9000形電車レトロ車両。

90000形レトロ車両



明治から昭和初期の東京市電の車両がモデルだそうです。


東京都下水道局・三河島水再生センター付近は、桜並木が続きます。



桜のトンネルの中を走る路面電車って素敵でしょうね。



いつか桜の季節に捲土重来を期したいです。


専用軌道を走行する荒川線ですが、公道との平面交差点では
信号待ちする風景も見られます。

信号待ち



「栄町」を過ぎると前方にJR東日本の東北・上越新幹線の高架が見えてきます。


あっ!!上越新幹線Maxとき号が走り抜けていきました。

あっ!!上越新幹線Maxとき




路面電車から新幹線が見られるだなんてラッキー!!



やがて電車は右へカーブしJR線に沿って走行。



「王子駅前」に到着します。

王子駅前停留場




「王子駅前」を発車すると、併用軌道区間に入り、
左に折れJRの高架線をアンダーパスします。


専用軌道から併用気道へ



すると、進行方向左手に桜の名所飛鳥山公園が見えてきます。

飛鳥山



飛鳥山公園は8代将軍徳川吉宗公が江戸の庶民のために桜を植え整備した花見スポット。



上野公園とともに、日本で最初の公園に指定されたそうです。


そして、荒川線のハイライト
飛鳥山公園に沿うように66パーミルの急勾配を上っていきます。



「飛鳥山」に到着する直前に、右にカーブし再び専用軌道を走行します。



「大塚駅前」はJR東日本山手線「大塚」の高架下に設置されています。

大塚駅前停留場



都電と山手線が立体交差するシーンが見られます。

都電と山手線がクロス




JRの高架を潜り、再度専用軌道を進みながら急勾配を上ります。



「鬼子母神前」(きしぼじんまえ)は、江戸三大鬼子母神で有名な
法明寺の最寄り駅。



この駅を発車すると今度は急勾配を下ります。


まるでジェットコースターにでも乗っているかのようにスリリングでした。


動画、あります



東京都交通局のホームページでは、
三ノ輪橋ー早稲田間約53分で運行と案内されていましたが、

1時間15分かかって終点「早稲田」に到着しました。

早稲田停留場



交通事情等により大幅に遅れますので
プランニングする際は時間には余裕を持たせたほうがベターです。


さてこの「早稲田」から東京メトロ東西線「早稲田」までは
早稲田大学のキャンパスを通過するショートカットをしても約15分かかります。


オバ鉄夫婦は折返しの都電に乗車し、「大塚駅前」で山手線に乗り変え家路につきました。


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

明知鉄道・名古屋臨海高速鉄道

2017.01.31(14:18)
明知鉄道・名古屋臨海高速鉄道  第469回



2014年 3月29日 西日本各地に乗り残した路線にトライする旅4日目。


この日も鉄系息子とは別行動。


オバ鉄一人で「博多」から「名古屋」へ向かいます。


乗車したのはN700系。


あれ?N700のロゴに申し訳なさそうに付いている小さな「A」ってWhat?

N700Aのロゴ



これは従来のN700系をN700A系と同じような走行性能に改造したもののようです。


要するにスピードアップ出来るようになったのかな…



オバ鉄は「名古屋」から中央本線に乗り変えて

「JR恵那」で下車。

明知鉄道恵那駅



「JR恵那」のお隣に明知鉄道「恵那」駅があります。



明知鉄道は旧国鉄明知線を引き継いだ第三セクター方式の会社です。



明知線は恵那(岐阜県恵那市)-明智(恵那市)を結ぶ25.1kmの路線です。



えっー!!明知鉄道なのに明智駅って「ち」の漢字表記が違うんじゃないですか?



開業当初は明知町でしたが、
(町名は明知城に由来するそうです。名鉄の広見線にも「明智」がありました。
こちらは岐阜県可児市に所在して、明智城に由来します。
同じ岐阜県内に明知と明智が存在するなんて不思議ですね)


1954年 静波村と合併して明智町となり駅名も
「明智」に改称したそうです。


明知鉄道といえば、第三セクターのグルメ観光列車の先駆けともいえる存在。



経営の苦しい3セクが知恵を絞って編み出した秘策とでもいいましょうか…



「きのこ列車」「あゆ列車」「寒天列車」「じねんじょ列車」「山菜列車」とバラエティーの豊富さに驚いてしまいます。



結構、人気があるそうですよ。



「恵那」を発車すると列車は勾配を上っていきます。



「飯沼」はケーブルカーを除く日本で一番急勾配の場所にある駅。

勾配日本一の駅飯沼




33パーミルの急勾配に設置されているそうで、
心なしか駅名標が傾いているように見えました。






「極楽」という縁起の良い駅名がありました。

極楽駅




駅名は一般より公募したそうで、
駅近くにかつて存在していた「極楽寺」に因んだ「極楽」が採用されたそうです。



約50分で終点「明智」に到着。

明智駅



ホームにはヘッドマークが沢山掲げられていました。

ヘッドマーク




明知鉄道は列車愛称ネーミングライツを発売していて
5400円で1往復分の列車愛称を命名出来ます。



プレートは記念に持ち帰ることが可能だそうです。



駅構内に明智小学校に静態保存されていた
C12形蒸気機関車がありました。

C12形蒸気機関車



「明智」から「恵那」に戻り、中央本線快速で「名古屋」に移動。

中央本線快速名古屋行き
中央本線快速名古屋行き




鉄系息子と合流し、今宵は大奮発してトレインビューのホテルに宿泊!!


と、喜んだのも束の間、部屋の位置が
東海道新幹線のホームのほぼ真上で見えるのはホームの上屋ばかり…(T_T)


トレインビューの部屋



こんなロケーションのために大枚を叩いただなんてかなり落ち込みましたorz

(でも、息子は写真を撮っていましたよ)



翌30日 東海地方の私鉄のフィナーレを飾るのは
名古屋臨海高速鉄道(通称あおなみ線)です。

名古屋臨海高速鉄道あおなみ線




名古屋臨海高速鉄道は名古屋市に所在する第3セクター方式の会社です。



2011年に事実上経営破綻し、名古屋市と愛知県が公的資金を投入しました。


西名古屋港線は名古屋ー金城ふ頭(名古屋市)を結ぶ15.2kmの路線です。


あおなみ線の名古屋駅は東海道新幹線南口の奥に位置していて、
ホームからは東海道新幹線が望め絶好の撮影スポットです。


ホームから望む東海道新幹線




この日は朝から土砂降りで窓ガラスは曇り、
その上満席で写真を撮ることが出来ませんでしたorz



あおなみ線は高架になっていて沿線には大型集客施設もあり、
晴れていたら、車窓を楽しむことが出来たでしょうに残念です(T_T)


終点「金城ふ頭」で名古屋市マスコットキャラクターはち丸と
エビザベスの自動販売機を発見!!


はち丸とエビザベスの自動販売機



オバ鉄はエビザベスの大ファンです。



自販機に「話そみゃー名古屋ことば」と書いてありましたが、
名古屋弁ってやはり語尾に「みゃー」が付くんですね。



「金城ふ頭」から徒歩約2分の位置にJR東海のリニア鉄道館があります。

金城ふ頭駅
金城ふ頭駅



いつもなら一切観光なしの鉄系息子ですが、
鉄道博物館だけは別のようです。
(入館料大人1,000円)


エントランスホールからシンボル展示フロアに入ると、
MLXOMLX1形リニア車両が出迎えてくれます。

MLXO1形リニア車輌




この車両は愛・地球博で展示されていたものだそうです。


車両展示フロアは新幹線エリアと在来線エリアに分かれて展示されていました。


0系21形新幹線
0系21形新幹線



0系・100系・300系・700系と勢揃いしている様は圧巻でした。
0系・100系・300系・700系と勢揃い



リニア・鉄道館を見学し、オバ鉄親子は帰宅の途に就きました。




ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
東海 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]

島原鉄道 キハ2500形 

2017.01.24(13:50)
島原鉄道 キハ2500形 第468回



2014年 3月28日 西日本各地に乗り残した路線にトライする旅の3日目は
島原鉄道にチャレンジします。



長崎行き885系特急白いかもめに乗車したオバ鉄は「JR諫早」で下車。

諫早駅



「いさはや」って何の迷いもなく読んでいましたけど、
実は難読駅名だったのです。

諫早駅名標




実際に乗車券を購入する際、みどりの窓口の方に

「すみません、何て読むのですか?」と尋ねられたんですよ。



由来は諸説あるそうですが、
磯早(いそばや)が語源で有明海は干満の差が激しく、磯の波が早く打ち寄せるという意味だそうです。



島原鉄道(島鉄)は長崎県に所在する私鉄です。


島原鉄道線は諫早(長崎県諫早市)-島原外港(長崎県島原市)を結ぶ43.2kmの路線。



オバ鉄、2008年3月、島原鉄道に乗車していますが、
「島原」で下車し、乗り残してしまいましたorz



当時は、路線を完乗するという意識は全く無くて宮脇俊三先生も
「時刻表2万キロ」で同じような事仰っていましたね。


【楽天】


「諫早」はJR九州と島原鉄道の共同使用駅になっており、
0番線ホームが島鉄のりばになります。

0番線ホームしま鉄のりば




車両はキハ2500形で目にも鮮やかな黄色の車体に「島原の子守唄」のイラストが描かれています。


車体に島原の子守唄のイラスト




「諫早」を出発すると長崎本線と並走し、すぐに左にカーブします。


「諫早」の2つ目の駅は「幸」と書いて「さいわい」と読みます。

幸駅名標



いかにも縁起が良い感じの駅名で、島鉄では「幸せ記念乗車券」を発売しています。



「古部」付近から進行方向左側に有明海が望めます。


「大正」という駅があり、JR西日本大阪環状線、
大阪市営地下鉄にも「大正」という駅名がありますね。

大正駅名標




そういえば、予土線には「土佐大正」がありましたっけ…



意外とポピュラーな駅名なんですね。



「多比良町」と書いて何と読むと思います?



「たびら」じゃないですよ。


「たいら」と読む難読駅名です。



由来は平らな地形に因むとか、タタラ製鉄があったのではないかといわれています。



オバ鉄は漫画家星野之宣氏の「宗像教授シリーズ」の大ファンなので、
タタラ製鉄に1票を投じたいです。


またこの駅はサッカーの強豪校長崎県立国見高校の最寄り駅で
ホームにサッカーボールの石碑が設置されています。

多比良町駅のサッカーボールの石碑





「大三東」も難読駅名で「おおみさき」と読みます。

大三東駅




由来は明治時代、大野村、三之沢村、東空閑村の3村が合併し、
その頭文字を取って大三東村が誕生したことに因ります。


ホームの真下は有明海特有の遠浅の干潟が広がり、
遥か海の彼方に見えるのは熊本でしょうか…


ホームに一人佇みずっと海を見ていたい。


そんな「大三東」のホームです。



「島原」に近づくと車窓右手に島原城が望めます。


「島原」駅舎はその島原城の大手門を模したデザインになっています。

島原駅




「島原」を過ぎると車窓右側に雲仙岳が現れます。


雲仙岳




雲仙普賢岳というと1991年(平成3年)に発生した火砕流で
43名の死者を出した大参事を思い起こしてしまいます。





「南島原」には車両基地が併設されています。

南島原駅




昭和の風情を醸し出す味わいある駅舎ですが、2014年11月より解体され
2015年6月新駅舎に建て替えられました。



約1時間15分ほどで終点「島原外港」に到着。

島原外港駅




2008年3月31日を以て、島原外港ー加津佐間が廃止となり、
この駅が終着駅となりました。


ホームからは車止めが見えました。

動画




駅から徒歩5分の位置に島原外港ターミナルがあり、
島原外港と熊本港を約30分で結ぶ
超高速カーフェリー「オーシャンアロー」が舟航しています。



オバ鉄、今度はオーシャンアローに乗って島原湾をクルージングしてみたいです。



「諫早」に戻り、博多行きの885系特急白いかも目を待っていると、
入線してきた白いかもめの車体には博多駅感謝祭のロゴが付いていました。

博多駅感謝祭ロゴ入り特急かもめ




2013年12月1日 博多駅が現在の場所に移転して50周年を迎えたそうで、
誕生記念セレモニーの一環として885系SM10編成のみがラッピングされたそうです。

博多駅感謝祭ロゴ




オバ鉄は今宵の宿泊地博多へと向かいました。


2014年 NHK大河ドラマは「軍師官兵衛」、その黒田官兵衛の息子
黒田長政は関ケ原の合戦の論功行賞で筑前の国(現在の福岡県北西部)を与えられ、
「博多」を「福岡」と命名しました。


【楽天】


2014年2月 姫路を訪れた際、姫路市内は官兵衛フィーバーでしたが、
同じゆかりの地福岡はかなり大人しい感じ…


でも、「黒田官兵衛ゆかりの地福岡県」のパネルを見つけました。

黒田官兵衛ゆかりの地福岡県




その隣にあったのは「カンセンジャー」のパネル。


カンセンジャーのパネル




カンセンジャーはJR西日本が制作した山陽新幹線の公式キャラクターです。


BSフジで放送されている「鉄道伝説」を観ると、
JR西日本が500系新幹線を開発するのにいかに苦労したかが分かります。



【楽天】

JR西日本の500系新幹線に対する愛着がカンセンジャーを生み出したのだと好意的に解釈しておきましょう。


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

近江鉄道900形 淡海号

2017.01.17(13:54)
近江鉄道900形 淡海号 (第467回)



2014年 3月27日 近江鉄道にトライ中のオバ鉄、
本線の八日市で途中下車し、八日市線に乗り換えます。


八日市駅
八日市駅




八日市線は八日市(滋賀県東近江市)-近江八幡(滋賀県近江八幡市)を結ぶ9.3kmの路線。



乗車したのは元西武鉄道の車両を改造した900形電車。


カラーリングは琵琶湖をイメージしたダークブルーに、ローズピンクのラインを配し、「淡海号」という愛称が付いています。



約19分ほどで終点の「近江八幡」に到着。

近江八幡駅



「近江八幡」はJR西日本東海道本線JR「近江八幡」と隣接しています。


「近江八幡」から米原行きの電車に乗車。


「五箇荘」付近から東海道新幹線の高架が右手に寄り添ってきます。



「愛知川」と書いて「えちがわ」と読む難読駅名です。

愛知川駅



つい「あいちがわ」って誤読してしまいますね。



駅名は近くを流れる愛知川に因みます。


愛知(えち)は江地が語源で湖の入り江か琵琶湖に注ぐ川の意味ではないかと
難読・誤読駅名の事典に書かれていました。



【楽天】


「高宮」付近まで新幹線の高架が並走し、
走行中の「のぞみ」の写真を撮ることが出来ました。

東海道新幹線と並走




「高宮」で下車し、多賀線に乗り換えます。



多賀線は高宮(滋賀県彦根市)-多賀大社前(滋賀県多賀町)を結ぶ
2.5kmの路線で多賀大社への参詣路線となっています。



「高宮」の2・3番線ホームはちょっと変わった扇形。

高宮駅




多賀線は3番線から発着します。



多賀線の発車を待っていると2番線に入線してきたのは

「えっ!!パトカーが入線?」( ゚Д゚)

えっつ!!パトカーが入線?



オバ鉄、様々なラッピング車を見てきましたが、
パトカー電車は初めてで度肝を抜かれました。

滋賀県警のパトカー電車




滋賀県警が春の全国交通安全運動の一環として近江鉄道に依頼したようです。


車体には白バイや婦人警官などがラッピングされてド派手ですこと!!



お子様は喜ぶでしょうね。



「高宮」を発車した電車は東海道新幹線の高架を潜ると「スクリーン」に到着します。


えっ!!「スクリーン」が駅名なの?!( ゚Д゚)



この駅は大日本スクリーン製造彦根地区事業所の敷地内に設置されているので
「スクリーン」という駅名になったそうです。


「スクリーン」の次は終点「多賀大社前」。

多賀大社前駅




駅から徒歩10分の位置に多賀大社があります。



駅前には立派な大鳥居がありました。

多賀大社鳥居




残念ながら時間の余裕がなくて参拝出来なかったのですが、
この多賀大社、お伊勢さんの親神さまなのだそうです。


日本神話の最高神天照大御神(お伊勢さん)の親神にあたる
父神・伊邪那岐命、
母神・伊邪那美命の二柱を祀っています。


彦根観光協会のパンフレットによりますと、
滋賀県の湖東エリアには天照大御神の親神様、御子の活津彦根命(彦根神社)、
天忍穂耳命(太郎坊宮)、孫の瓊瓊杵尊(高宮神社)が御祭神として祀られていて、

近江が高天ヶ原だったのではという説もあるそうです。



いやー、鉄旅をしていると勉強になります。



「高宮」に戻り、本線の旅を続けます。


「彦根」は近江鉄道の車両基地が併設されていて、
様々なラッピング車が停車していました。

彦根車両基地




「彦根」を発車すると佐和山トンネルに入ります。


佐和山トンネルの頭上には天下分け目の戦いで
敗戦の将となった石田三成の居城佐和山城がありました。



東海道新幹線の車窓からも佐和山は望めますが、
佐和山トンネルを潜ったのは初めてです。


やがて進行方向左手にエレベータ・エスカレーターのメーカー
フジテックの170mの研究塔が見えてきたら、終点「米原」に至ります。


米原駅



オバ鉄は今宵の宿泊地「京都」へと向かいました。

京都タワー




翌28日 鉄系息子とは別行動でオバ鉄は京都を後にし、JR「博多」へ向かいます。

JR博多駅
JR博多駅




「JR博多」から乗車したのは長崎行き885系特急白いかもめ。


一人旅なので奮発してグリーン車にしました。

885系特急かもめグリーン車



グリーン車は半室構造になっていて、シートは本革を使用しています。


グリーン車の客室と運転室の仕切りは液晶ガラスとなっていて、
走行中は透明で前面展望を一応楽しむことが出来ます。


885系特急かもめ運手室



実際は運転室のフロントガラスの位置が高くて堪能とは言えません(T_T)



停車時は一瞬にして不透明になってそれが面白いです。

動画もあります


オバ鉄は島原鉄道に乗るべく一路「諫早」へと向かいます。



ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ