TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||

九州・沖縄

>>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<<
このブログで紹介している写真 文章 動画等の著作は当管理人の著作です
 無断での転記 複製等は 一切禁止いたします。
※更新は週1回水曜以降です☆

【取材歴・写真提供】
・2017年4月 日経新聞日曜版 ななつ星の取材
・2015年   TBSあさチャン! ななつ星の取材
・2014年  ぶよう堂 カレンダー 写真提供
  1. 九州横断特急で豊肥本線を行く(06/20)
  2. キハ185系 特急ゆふで大分駅に行きました (06/13)
  3. JR九州若松線 BEC819系DENCHA (06/06)
  4. 日本最南端の都市 石垣島に行って来ました (05/23)
  5. 島原鉄道 キハ2500形 (01/24)
  6. 世界初ef WINGを装着した熊電くまモン電車(09/18)
  7. 日本最南端の鉄道沖縄都市モノレールに乗りました(10/29)
  8. 平成筑豊鉄道に乗りました(06/18)
  9. 西鉄8000形電車に乗りました (06/11)
  10. 北九州モノレール銀河鉄道999 を見ました(06/04)
次のページ

九州横断特急で豊肥本線を行く

2017.06.20(13:48)
九州横断特急で豊肥本線を行く 第489 回


2017年3月18日 オバ鉄親子は博多駅から国鉄キハ185系特急ゆふ3号に乗車し、
大分駅に着きました。


大分駅は2012年3月に高架化が完了し、2015年に新駅ビルJRおおいたシティが開業。


昭和の風情を色濃く残した旧駅舎と比べると隔世の感があり、ちょっと戸惑います。


JRおおいたシティ屋上ひろばには屋上庭園があり、
その一角に鉄道神社がひっそりと鎮座していました。

鉄道神社



鉄道神社は大分駅旧駅舎屋上に昭和40年に建立、
豊後国一宮である柞原八幡宮の分霊が勧請されています。


旧駅舎の解体の際、鉄道神社は一時的に仮殿に移され、
その後、屋上ひろばに遷座しました。


オバ鉄は鉄道神社に鉄旅の安全を祈願致しました。


シティ屋上ひろばのシンボル的存在が「夢かなうぶんぶん堂」。

夢かなうぶんぶん堂



ぶんぶん堂内部には螺旋階段があり、
3回上り下りを繰り返せば夢が叶うそうですよ。


翌19日 本日は大分駅から豊肥本線に乗車し、
豊肥本線の現状をこの目で確認したいと思います。


大分駅改札内に設置されているトイレ正面入り口には暖簾が掛かっております。

大分駅トイレに暖簾



水戸岡氏って暖簾が好きなんですね。


オバ鉄親子は豊肥本線阿蘇行きキハ185系特急九州横断特急72号に乗車。

キハ185系特急九州横断特急



特急ゆふと特急九州横断特急はともに、JR四国から譲渡された
国鉄キハ185系で塗色も赤色ですが、オバ鉄は特急九州横断特急の方が好き!!(*´ω`*)


初めて九州横断特急に乗ったのは8年前の2009年3月。


人吉駅から熊本駅まで乗車しました。


当時は人吉駅から別府駅まで運行しており、その名称通り九州の真ん中を横断していたのです。


九州横断特急というネーミングも壮大なロマンが感じられ好感が持てましたね。


その当時は目にも鮮やかなレッドボディーの特急ってあまり見かけたことがなく新鮮でした。


黒地にゴールドのロゴもスタイリッシュで印象的( *´艸`)

九州横断特急ロゴ




客室内は木材がふんだんに使われていて、床もフローリング。

九州横断特急客室内



テーブルも肘掛けも荷物棚まで木製で落ち着いた雰囲気を演出しています。


8年前は客室乗務員の方が車内販売や乗車記念撮影等行っていましたが、
現在は、車内販売サービスは行っておらず、ワンマン運転になってしまいました。


豊肥本線は皆さん既にご存知の通り、2016年4月に発生した熊本地震により、
立野ー赤水駅間で大規模な土砂崩れが起き、
肥後大津―阿蘇間が不通となっています。


九州横断特急も行先は熊本ではなく阿蘇が終着です。


豊後竹田駅では列車の発着時に瀧廉太郎の「荒城の月」が流れます。

豊後竹田駅



瀧廉太郎が曲の構想をしたとされる岡城址は駅の近くにあるそうです。


豊後竹田駅を過ぎると列車は急な勾配を上っていきます。


滝水駅から熊本県阿蘇市に入り、線路沿いで復旧工事を行っているのを何度か見掛けました。

豊肥本線復旧工事中1



豊肥本線復旧工事中2




本日は日曜日だというのに復旧のためにご尽力いただき本当に頭が下がる思いでした。


動画もあります



約2時間で終着阿蘇駅に到着。

阿蘇駅



そこでオバ鉄の目に飛び込んできたのは
建物の周囲をネットで覆われた痛々しいまでのレストラン火星でした。

ひっそりと佇むレストラン火星




クルーズトレインななつ星in九州の旅の最終日の朝は
ここ阿蘇駅のプラットホームにあるレストラン火星で朝食をいただくスケジュールになっていました。


震災の影響により、2016年5月より運行ルートが変更になり、
レストラン火星は休業を余儀無くされています。


阿蘇駅改札口には豊肥本線の不通のお知らせが掲出されていました。
豊肥本線不通のお知らせ




豊肥本線の不通区間は平日と土曜のみ代行バスが運行されていますが、本日は日曜日…(*_*)


自腹を切って特急バスで肥後大津駅へ向かいます。
(バス停は阿蘇駅前にあります)


バスの車窓からむき出しになった山肌が見え、心が痛みました。

阿蘇山



約1時間ほどで肥後大津駅に到着し、くろちゃんとくまモンが出迎えてくれました(*´ω`*)



くろちゃんとくまモンがお出迎え



駅名標に駅名の由来が記されてあり、
加藤清正公が滋賀県の大津から名を取ってこの付近を大津といい肥後を冠して駅名としたそうです。

肥後大津駅名標




入線してきたのは真っ赤なボディーのキハ200形1100番台。

豊肥本線普通熊本行きキハ200形1番台



約40分ほどで熊本駅に至ります。
終着熊本駅




途中、武蔵塚駅といういわくありげな駅があります。

武蔵塚駅名標



二刀流の剣豪宮本武蔵は
晩年肥後藩主細川忠利公客分として招かれ熊本で生涯を閉じました。



墓は武蔵塚の駅近くの武蔵塚公園内にあります。


熊本地震から1年が経ちますが甚大な被害を受けた
豊肥本線の全線復旧の目処は立っておらず、1日も早い復旧を心から願っています。



ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
スポンサーサイト
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

キハ185系 特急ゆふで大分駅に行きました 

2017.06.13(14:05)
キハ185系 特急ゆふで大分駅に行きました 第488 回


2017年3月18日 若松駅からBEC819系DENCHAに乗って
立体工事中の折尾駅に戻ってきたオバ鉄親子。

立体工事中の折尾駅



ここから787系特急きらめきに乗り博多駅に移動します。
787系特急きらめき




折尾駅に着いた時DENCHAのパンタグラフが上がるのを見られてオバ鉄大満足です( *´艸`)

BEC819系DENCHAパンタグラフ




博多駅で別府行きの国鉄キハ185系特急ゆふ3号に乗り換え
今宵の宿泊地大分市へ向かいます。

キハ185系特急ゆふ




鉄系息子の今回の旅の目的は国鉄キハ185系に乗ることでした。


キハ185系は終焉を迎えた国鉄が開発し四国地区に投入した新型特急。


その後、JR四国が1992年にJR九州へ20両譲渡しました。


JRが発足して本年4月1日で30周年を迎えます。


キハ185系は製造から30年以上が経過し、廃車の可能性が高くなっており、
息子としては廃車前に乗っておきたかったのでしょう。


特急ゆふに乗車すると乗降ドアの内側にまたしてもくろちゃんのイラスト!!

あっ!ここにもくろちゃん



くろちゃんはJR九州のコーポレートキャラクター的な存在なんでしょうね。


博多駅を出発した特急ゆふは鹿児島本線を南下。


筑紫次郎の別名で呼ばれる筑後川の鉄道橋でJR貨物の国鉄ED76形電気機関車1000番台と擦れ違い、
最近、貨物列車が気になってつい写真を撮ってしまいます。

JR貨物ED76形1000番台



久留米駅を発車すると列車は左に大きく折れ、久大本線へと進んでいきます。

久留米駅



線路沿いにまるで黄色い絨毯のように菜の花が咲いていて、
真っ赤なカラーリングの特急ゆふと菜の花の黄色のコントラスト、綺麗でしょうね。

線路沿いに菜の花



豊後中村駅は、珍しい茅葺き屋根の駅舎。

茅葺屋根の文語中村駅



茅葺き屋根の駅舎といえば、会津鉄道の会津線の湯野上温泉駅が有名ですね。


茅葺き屋根の駅舎はこの2つだけだそうです。


豊後中村駅を出ると、真正面に豊後富士と称される由布岳が望め、
ほどなく由布院駅に至ります。

由布岳
由布岳



由布院駅
由布院駅



おや?! 1番線ホームの端にななつ星in九州のロゴマークが付いた建物がありました。

1番線ホームにななつ星in九州のの施設?



どのような施設なんでしょうかね…


湯平駅の2番線ホームの待合所に
「寅さん思い出の待合所」なる看板が掲示されていました。

湯平液ホームに寅さん思い出の待合所



渥美清主演の「男はつらいよ」シリーズの舞台になったそうですよ。


動画もあります



向之原駅で
(「むかいのはる」と読みます。九州各地では「原」のつく地名を「はる・ばる」と読むことが多く、オバ鉄、由来を調べましたが、古代朝鮮語説、マレー語説等諸説があり詳しいことはわかりませんでした。詳しい方がおりましたらご教示願います)

キハ71系特急ゆふいんの森1世と列車交換。


向之原液でキハ71系特急ゆふいんの森1世



オバ鉄は特急ゆふじゃなくて特急ゆふいんの森に乗りたかったなぁ…


オバ鉄親子は大分駅で下車。

大分駅に到着



オバ鉄が初めて大分駅を訪れたのは2009年12月。


当時は地上駅で南北が完全に分断されていました。


大分駅の連続立体化事業は2012年に完成し、
北口と南口は駅舎内のコンコースで結ばれるようになったのです。



駅南北を繋ぐ長さ約60mのコンコースの天井は
あのななつ星in九州のラウンジカーの格天井と同じデザイン!!

大分駅コンコースの格天井



1つ1つに金の箔押しがされているのまで類似しています。


コンコースとは思えない豪華な造りにびっくり仰天です( ゚Д゚)


かつての北口は現在府内中央口となり、城門をモチーフにしたデザイン。

大分液府内中央口



入り口にニワトリと金の卵の像が設置されています。

府内中央口にニワトリと金の卵像




ネットで調べたところによると、
大分県は九州で最東に位置し、最初に朝を迎えることから
「時を知らせる」という意味を込めてニワトリ像が設置され、
格天井にも描かれたそうです。


う~ん、てっきり大分県は鶏肉消費量日本一だからという理由でニワトリがシンボルになったのかと思いましたよ。

豊後鶏めしという名物もありますしね。


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

JR九州若松線 BEC819系DENCHA 

2017.06.06(14:03)
JR九州若松線 BEC819系DENCHA 第487 回


2017年3月17日 オバ鉄親子は
廃線復活・延伸開業した可部線に乗り、終点あき亀山駅を訪問。


廃止前の安芸亀山駅より5kmほど可部駅寄りの地点に設置されました。


駅名は駅所在地の亀山地区に因りますが、関西本線の亀山駅が存在するため、
旧国名の「安芸」が付けられ、さ

らに廃止された安芸亀山駅と区別するため、
「安芸」を平仮名表記にしたそうです。


あき亀山駅は1面2線を有する頭端式ホーム。

あき亀山駅頭端式ホーム



駅構内には留置線が2線、非電化の側線が1線配置されていました。


今時の新しい駅舎は改札とホームの間に階段をなくして
バリアフリー対応型になっているんですね。

あき亀山駅舎




たしか無人駅だったと思うのですが、
この日は駅員さんがいて、簡易自動改札機の利用方法を乗客にレクチャーしていました。


駅舎前にモニュメントが設置されていて、
亀山だけに亀がデザインされています。

あき亀山駅モニュメント



駅周辺に梅林があってちょうど見頃のようで綺麗でしたね( *´艸`)



そういえば可部線には梅林駅がありました。

あき亀山駅前梅林



梅林駅の近くに八木梅林公園という観梅スポットがあるそうです。


ホームで写真を撮っていたら車掌さんに声を掛けられました。


茨城県から可部線に乗るために来た旨を伝えると、いたく感激され、
可部線メモリアルチケットなるものを3枚も頂戴しました。

可部線メモリアルチケット



親切な車掌様、本当にありがとうございます<(_ _)>

記念品として大切にいたします。



折返しの列車で宿泊先のJR広島駅に戻ったオバ鉄親子、
もちろん夕食は広島のソウルフード広島お好み焼き。


様々なお店で広島お好み焼きを食べてきましたが、
オバ鉄親子は広島流お好み焼きの生みの親
「みっちゃん総本店」のお好み焼きが一番美味しいという結論に達しました。

みっちゃん総本店の広島お好み焼き



そばがバリっとした歯応えでうまいんですよ( *´艸`)


ダンナ様は生粋の関東人なので関東風の生地に具を混ぜて
ふっくら焼くお好み焼きじゃないとダメなんだそうです。



翌18日 JR広島駅から小倉駅に移動。


885系特急ソニックに乗車し、折尾駅で下車。
(オバ鉄は883系青いソニックに乗りたかった!!)

885系特急白いソニック



折尾駅を訪れたのは6年ぶり。


当時(2011年4月)は、まだ明治28年に建築された
モダンなルネッサンス様式駅本屋が健在で、赤煉瓦のアーチ状の通路もありました。


2012年10月から開始された連続立体交差事業は、
工事が遅れていて2021年3月迄に延期されたそうです。


折尾駅は日本初の立体交差駅で2階に鹿児島本線が配置されています。


特急白いソニックから降りて3番線ホームから
1階の若松線を見下ろすと、ちょうど一番線ホームに、
DENCHAが停車していました。

若松線を見下ろす



今回の旅のオバ鉄の目的は可部線の延伸開業区間をコンプリートすることと、
JR九州の交流架線式蓄電池電車BEC819系 
DUAL ENERGY CHARGE TRAIN「DENCHA」に乗車すること。


JR九州は、非電化区間を走行する気動車に替わる
次世代の車両として大容量蓄電池を搭載した
交流架線式蓄電池電車を開発しました。


JR東日本の烏山線で運用されているEV-E301系アキュムは
直流用蓄電池電車で、交流電化区間で充電する蓄電池電車BEC819系は日本初です。


デビューは2016年10月でしたが、
2017年3月のダイヤ改正で若松線を走行する全列車がBEC819系になりました。


若松線は1階の1・2番線ホーム。


このホームだけは6年前と変わらぬ佇まい。

折尾駅若松線ホーム



2番線ホームに直方方面から819系が2両編成で入線してきました。


交流架線式蓄電池電車




車体外装は白色を基調とし
「人と地球の未来にやさしい」というコンセプトをイメージした青色が配され、
JR九州としては爽やかな印象です。


車体側面にはDENCHAのロゴマーク。
車体側面のDENCHAロゴマーク




折尾方の車両床下に大容量の蓄電池を搭載し、
若松方の車両に変換装置とパンタグラフを装備しています。

床下に装備されている大容量蓄電池



折尾駅から非電化区間を走行するのでパンタグラフを下げます。


乗降ドアの内側にはくろちゃんのイラスト。
くろちゃんがお出迎え




くろちゃんって特急あそぼーい!のマスコットキャラクターですが、
もしかしてJR九州のマスコットキャラクターに昇格したのかな?


客室はオールロングシート配置。

客室はオールロングシート配置



オールロングシートといっても、さすがは水戸岡氏
合板のシートに青色で統一された植物柄のファブリックを貼り付けたもの。


通勤形電車とは思えないくらいのグレードの高さ!!


床はQRコードを模したユニークなデザインで、
その中に隠れDENCHAロゴマークが潜んでいるところが、
水戸岡氏らしい遊び心満載です。

床にもDENCHAロゴマーク




動画もあります



車端部連結部付近にはエネルギーフロー表示器を設置。

エネルギーフロー表示器



マルチサポートビジョンには電気の流れが表示され
見ていて面白いですよ( *´艸`)


約16分ほどで終点若松駅に到着です。

終点若松駅





ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

日本最南端の都市 石垣島に行って来ました 

2017.05.23(14:00)
日本最南端の都市 石垣島に行って来ました 第485 回



2017年 2月 鉄系息子修了旅行第2弾 日本最南端の有人島波照間島に行って来ました!!



のはずでしたが、石垣島から波照間島への高速船が強風・高波のためまさかまさかの全便欠航( ゚Д゚)


波照間航路全便欠航




オバ鉄も鉄系息子と日本全国旅をするようになって14年。

寝台列車に乗って大雨のため運転中止になり、途中駅で下車させられても、
最終目的地には根性で辿り着いていました。


目的地に辿り着けずリタイヤするのは今回が初めてでかなり心が萎えましたが、
気を取り直し、日本最南端の都市石垣島を観光することにしました。



2月25日 羽田空港からANA91便で南ぬ島石垣空港へ。

南ぬ島石垣空港




ところで、「南ぬ島」ってWhat?


琉球語で「ぱい」=「南」、ぬ=「の」

「ぱいぬ島」は「南の島」という意味だそうです。


空港から石垣島の市街地まで路線バスを利用。(石垣港離島ターミナルまで約30分 料金500円)



車窓から長閑なサトウキビ畑を眺めていると

「えっ!!今の建造物ってもしかしてお墓?」( ゚Д゚)


本土にある塔式墓の何倍もの大きさで形も変わっています。

石垣島のお墓




大きく分けて、亀甲墓、破風墓、屋形墓の3種類があり、
バスガイドさんによると、価格は300万円もするそうです。


「所変われば品変わる」ということわざがありますが、
お墓まで変わっちゃうんですね。


石垣港離島ターミナルで下車。


ターミナル付近に「730記念碑」なるものが設置されていて、
碑文によりますと、沖縄が本土に復帰して6年後の1978年7月30日に
行われた道路交通方法の一斉変更の歴史的な日を指しているということでした。

730交差点の記念碑




この日を境に本土と同様に「人は右、車は左へ」と移行したそうです。



ウィキペディアによりますと、この730交差点は国道390号の起点であり、
日本の国道網における最西端に位置します。


国道390号は石垣島、宮古島を通って沖縄県那覇市に至り、
区間の大部分が海上にある海上国道でもあるそうですよ。


海上国道に階段国道、オバ鉄は国道マニアじゃありませんが、
国道って奥が深いんですね。


宿泊先のホテルの部屋からは八重山諸島の竹富島が望めました。

ホテルから望む竹富島



ダンナ様は竹富町のマスコットキャラクターピカリャーのファンですが、
石垣島のお隣だったのですね。


そして、海上には護衛艦じんつうが停泊していてちょっと不気味でした(*_*)

護衛艦じんつう




翌26日 波照間航路全便欠航となり、
予定の変更を余儀無くされ、東バスの石垣島一周観光コースに参加(昼食付大人4600円)。


最初に向かったのは唐人墓。

唐人墓



1852年 この地で悲惨な最後を遂げた中国人を葬ったお墓です。


次に訪れたのはミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの三ツ星を獲得した
石垣島屈指の景勝地川平湾。

川平湾




オバ鉄は南の島や白い砂浜とは無縁の人生を歩んできましたが、
エメラルドグリーンの海、白い砂浜がこんなにも美しいものだったなんて感動しました(*´ω`*)


川平湾でオプションのグラスボード遊覧にチャレンジ!!(所要時間約30分)

グラスボード遊覧



バスガイドさんによれば、沖縄の海は珊瑚礁の浄水効果により、
海水が透き通って綺麗で、また黒潮の影響によりプランクトンの生息数が少ないため、
海藻類がほとんどなく磯臭くないのだそうです。


川平湾も透明度が高く、海中の色とりどりの珊瑚や魚がはっきりと見えてなかなか面白かったですよ。

珊瑚と魚




グラスボード遊覧を楽しんだ後は、昼食会場へ移動。



会場入り口には魔除けのシーサーが設置されていたんですが、
サングラスをかけていてなんとなくタモリさんに似ているような気がしました。

サングラスをかけたシーサー



昼食後は世界で石垣島と西表島だけ自生する
国指定天然記念物米原のヤエヤマヤシ群落を見学。


米原のヤエヤマヤシ群落



群落の中の遊歩道はジャングルの様相を呈していて、
クワズイモの葉の大きさにびっくり仰天!!( ゚Д゚)

クワズイモの葉



傘として使えそうです。


遊歩道入り口の売店でサトウキビの搾りたてジュースを販売していましたが、
時間がなくて購入できなかったのが残念orz

サトウキビと搾り器



観光コースの最後は島内屈指のビュースポット玉取崎展望台へ。

玉取崎展望台からの眺め



ハイビスカスに囲まれた展望台からは太平洋と東シナ海が一望できます。


右が太平洋・左が東シナ海




展望台からバスターミナルに向かう車中でバスガイドさんが琉球文化の
象徴三線を披露してくれました。

三線




三線の胴の部材はインドニシキヘビの蛇皮を張ってあり、
蛇が大の苦手のオバ鉄にはちょっと見るのも辛かったです(*_*)


さて、石垣島を訪問したならば、ソウルフードの八重山そばを食してみなければいけませんね。


関東人には沖縄そばも八重山そばも同じように感じてしまいますが、
八重山そばは丸麺が特徴のようです。

八重山そば




「そば」=「日本そば」をイメージしがちですが、
「ラーメン」に近いかな…


スープは豚骨なのにあっさりとして薄味です。


麺は丸麺で長崎チャンポンの麺と似ているかもしれません。


オバ鉄親子はリベンジを誓い、南ぬ島石垣空港を後にしました。



ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]

島原鉄道 キハ2500形 

2017.01.24(13:50)
島原鉄道 キハ2500形 第468回



2014年 3月28日 西日本各地に乗り残した路線にトライする旅の3日目は
島原鉄道にチャレンジします。



長崎行き885系特急白いかもめに乗車したオバ鉄は「JR諫早」で下車。

諫早駅



「いさはや」って何の迷いもなく読んでいましたけど、
実は難読駅名だったのです。

諫早駅名標




実際に乗車券を購入する際、みどりの窓口の方に

「すみません、何て読むのですか?」と尋ねられたんですよ。



由来は諸説あるそうですが、
磯早(いそばや)が語源で有明海は干満の差が激しく、磯の波が早く打ち寄せるという意味だそうです。



島原鉄道(島鉄)は長崎県に所在する私鉄です。


島原鉄道線は諫早(長崎県諫早市)-島原外港(長崎県島原市)を結ぶ43.2kmの路線。



オバ鉄、2008年3月、島原鉄道に乗車していますが、
「島原」で下車し、乗り残してしまいましたorz



当時は、路線を完乗するという意識は全く無くて宮脇俊三先生も
「時刻表2万キロ」で同じような事仰っていましたね。


【楽天】


「諫早」はJR九州と島原鉄道の共同使用駅になっており、
0番線ホームが島鉄のりばになります。

0番線ホームしま鉄のりば




車両はキハ2500形で目にも鮮やかな黄色の車体に「島原の子守唄」のイラストが描かれています。


車体に島原の子守唄のイラスト




「諫早」を出発すると長崎本線と並走し、すぐに左にカーブします。


「諫早」の2つ目の駅は「幸」と書いて「さいわい」と読みます。

幸駅名標



いかにも縁起が良い感じの駅名で、島鉄では「幸せ記念乗車券」を発売しています。



「古部」付近から進行方向左側に有明海が望めます。


「大正」という駅があり、JR西日本大阪環状線、
大阪市営地下鉄にも「大正」という駅名がありますね。

大正駅名標




そういえば、予土線には「土佐大正」がありましたっけ…



意外とポピュラーな駅名なんですね。



「多比良町」と書いて何と読むと思います?



「たびら」じゃないですよ。


「たいら」と読む難読駅名です。



由来は平らな地形に因むとか、タタラ製鉄があったのではないかといわれています。



オバ鉄は漫画家星野之宣氏の「宗像教授シリーズ」の大ファンなので、
タタラ製鉄に1票を投じたいです。


またこの駅はサッカーの強豪校長崎県立国見高校の最寄り駅で
ホームにサッカーボールの石碑が設置されています。

多比良町駅のサッカーボールの石碑





「大三東」も難読駅名で「おおみさき」と読みます。

大三東駅




由来は明治時代、大野村、三之沢村、東空閑村の3村が合併し、
その頭文字を取って大三東村が誕生したことに因ります。


ホームの真下は有明海特有の遠浅の干潟が広がり、
遥か海の彼方に見えるのは熊本でしょうか…


ホームに一人佇みずっと海を見ていたい。


そんな「大三東」のホームです。



「島原」に近づくと車窓右手に島原城が望めます。


「島原」駅舎はその島原城の大手門を模したデザインになっています。

島原駅




「島原」を過ぎると車窓右側に雲仙岳が現れます。


雲仙岳




雲仙普賢岳というと1991年(平成3年)に発生した火砕流で
43名の死者を出した大参事を思い起こしてしまいます。





「南島原」には車両基地が併設されています。

南島原駅




昭和の風情を醸し出す味わいある駅舎ですが、2014年11月より解体され
2015年6月新駅舎に建て替えられました。



約1時間15分ほどで終点「島原外港」に到着。

島原外港駅




2008年3月31日を以て、島原外港ー加津佐間が廃止となり、
この駅が終着駅となりました。


ホームからは車止めが見えました。

動画




駅から徒歩5分の位置に島原外港ターミナルがあり、
島原外港と熊本港を約30分で結ぶ
超高速カーフェリー「オーシャンアロー」が舟航しています。



オバ鉄、今度はオーシャンアローに乗って島原湾をクルージングしてみたいです。



「諫早」に戻り、博多行きの885系特急白いかも目を待っていると、
入線してきた白いかもめの車体には博多駅感謝祭のロゴが付いていました。

博多駅感謝祭ロゴ入り特急かもめ




2013年12月1日 博多駅が現在の場所に移転して50周年を迎えたそうで、
誕生記念セレモニーの一環として885系SM10編成のみがラッピングされたそうです。

博多駅感謝祭ロゴ




オバ鉄は今宵の宿泊地博多へと向かいました。


2014年 NHK大河ドラマは「軍師官兵衛」、その黒田官兵衛の息子
黒田長政は関ケ原の合戦の論功行賞で筑前の国(現在の福岡県北西部)を与えられ、
「博多」を「福岡」と命名しました。


【楽天】


2014年2月 姫路を訪れた際、姫路市内は官兵衛フィーバーでしたが、
同じゆかりの地福岡はかなり大人しい感じ…


でも、「黒田官兵衛ゆかりの地福岡県」のパネルを見つけました。

黒田官兵衛ゆかりの地福岡県




その隣にあったのは「カンセンジャー」のパネル。


カンセンジャーのパネル




カンセンジャーはJR西日本が制作した山陽新幹線の公式キャラクターです。


BSフジで放送されている「鉄道伝説」を観ると、
JR西日本が500系新幹線を開発するのにいかに苦労したかが分かります。



【楽天】

JR西日本の500系新幹線に対する愛着がカンセンジャーを生み出したのだと好意的に解釈しておきましょう。


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

世界初ef WINGを装着した熊電くまモン電車

2015.09.18(10:00)
世界初ef WINGを装着した熊電くまモン電車(第397回)


2014年 秋 ダンナ様が


「お母さん、熊本電気鉄道で、くまモン電車が走っているんだって!!

熊本へ行きたいなぁ…」


オバ鉄「えっー 熊本!!」


2人の会話を聞いていた娘が「熊本なら私も行く♪」

すかさず、鉄系息子も「熊電のくまモン電車なら俺も写真撮りたい…」


えっ?鉄系息子がくまモン電車の写真を撮りたいってマジ???


10月11日 N700系のぞみでJR「博多」に到着したオバ鉄ファミリーは
九州新幹線800系つばめに乗り換えます。

九州新幹線800系つばめ




JR「博多」を発車して約10分程でJR西日本の新幹線車両基地「博多総合車両所」に差し掛かります。


おや?500系900番台WIN350の先頭車両の姿が見えました。

JR西日本500系900番台WIN350



500系900番台はJR西日本が1992年に開発した高速試験電車。


WIN350という愛称はWest Japan Railway's Inovation for the operation at 350km/h
(350km/h運転のためのJR西日本の革新的な技術開発)の略だそうです。


「熊本」に着いたオバ鉄ファミリーは熊本電気鉄道(熊本県に所在する私鉄)藤崎線
(北熊本ー藤崎宮前)の終着「藤崎宮前」に向かいました。

熊本電気鉄道藤崎宮前駅



頭端式2面1線のホームに入線してきたのは、
2014年3月14日にデビューしたくまモン電車。
熊本電鉄くまモン電車




車体フロント、側面、乗降ドア、そしてドアの内側にも
くまモンがラッピングされています。

熊本電鉄ドアくまモン

内側のドア
熊本電鉄ドア内側くまモン



子供のように窓から眺めているヤンチャなくまモンがキュートで可愛いですよね。

熊本電鉄窓くまモン



吊り革にまでくまモンが描かれていて、細部までこだわった
完成度の高いラッピング車!!

熊本電鉄吊革くまモン



れ?車体側面に「Kawasaki ef WING」ってロゴみたいなのがありますけどWhat?

ef WING



鉄道車両や航空機、船舶を製造している川崎重工㈱の
ホームページによりますと、川崎重工は台車フレームの主構造に
CFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用した(従来の台車は鋼製)

次世代の鉄道車両台車「ef WING」を開発。


CFRPは航空機に使用されている強度と軽さを併せ持つ材料で、
台車フレームにCFRPを採用した鉄道車両台車は、世界で初めてだそうです。


くまモン電車6000系6221Aと6228A号はef WINGを装着していて
ef WINGを営業運行で用いたのは熊本電気鉄道が世界で初めてです。


鉄系息子はくまモンのラッピングを撮りに来たのではなく、
台車のef WINGの写真を撮りに来たんですね。


いやー、勉強になりました。

動画もあります!


オバ鉄夫婦と娘は「藤崎宮前」から熊本市内にある「くまモンスクエア」に移動。

くまモンスクエア



2013年 熊本県は熊本市水道町に所在するテトリアくまもとビル1階に
熊本県営業部長くまモンの営業部長室「くまモンスクエア」をオープンさせました。


くまモンファンとして、一度は訪れてみたかったんですよね。


スクエア内にはオリジナルグッズの販売スペース、
軽食コーナー、くまモンとファンとの交流スペースなどがあります。


まずはくまモン営業部長室にて記念ショット!!

くまモン営業部長室にて記念ショット



スペース内にミニバイクを発見!!

HONDA Monkey kumamon Version




どうして「くまモンスクエア」にミニバイク?


自動車・バイクメーカーのHONDAがくまモンとコラボしたミニバイク
「モンキー・くまモンバージョン」を発売したそうで、

お値段はメーカー希望小売価格で336,960円だそうです。


バイクというよりオブジェとして飾っておきたいですね。


15:00からはくまモン営業部長の在室タイム。


部長室に入室して仕事をするフリ(?)をしたり、
ファンとふれあったりと、大忙しのくまモン!!

くまモンスクエア営業部室に入るくまモン




オバ鉄ファミリーは熊本で生でくまモンに初めて会えて大感激でした。
愛嬌をふりまくくまモン




そして、熊本のソウルフードと言ったら太平燕!!

熊本ソウルフード太平燕



春雨スープに五目炒めを合わせた長崎ちゃんぽんの春雨バージョンのようなもの。


オバ鉄、大好物なんです。


あ~~、熊本県人になりたい!!



翌12日 熊本駅で偶然肥薩おれんじ鉄道のくまモン×おれんじーずラッピング列車と遭遇!!

肥薩おれんじ鉄道くまモン×おれんじーず




たまたまこの日、熊本9:34発の出水行きの快速スーパーおれんじ1号として運用されたようです。


くまモン×おれんじーずラッピング列車は2012年7月から運行され、
オバ鉄夫婦と息子は2013年1月 乗車するためにわざわざ鹿児島県の川内駅まで参りました。


再びこの列車と出会えるとは嬉しい限りです。


くまモンづくしの楽しい家族旅行でした。


余談、帰りに寄り道した京都駅で
和歌山県観光PRシンボルキャラクター「わかぱん」に遭遇!!

和歌山観光PRシンボルキャラクターわかぱん



もうダンナ様はメロメロ…


「今度はわかぱんに会いに和歌山へ行きたいナ♪」って、本当に浮気者ですよね。

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

日本最南端の鉄道沖縄都市モノレールに乗りました

2014.10.29(13:29)
関西私鉄の旅① 日本最南端の鉄道沖縄都市モノレール(第350回)


2014年 2月 鉄系息子はもう春休みに突入!!


オバ鉄、春休みの鉄旅は関西の未乗路線に乗りたいと申すと
「それじゃ、沖縄に行こう!!」って、

「えっー!!オ・キ・ナ・ワ?」(+o+)


オバ鉄と鉄系息子は私鉄完乗を目指しています。


しかし、鉄系息子は大の飛行機嫌いで船酔いはするで、絶対沖縄都市モノレールは外すと思っていました。


それが、沖縄に行くって念力でテレポーテーションでもするんですかぁー?


まあ2月だったら台風の襲来もないし、シーズンオフでチケット代も安い。


加えて増税前だし絶好のチャンスだと前向きに考えて
大強行軍沖縄日帰り旅行に行くことにしました(+o+)


2月17日 羽田空港発那覇空港行きJAL903便に搭乗。


今回も富士山を上空から遥拝することが出来ました。(幸せ~(*^_^*))

富士山201402




約2時間30分のフライトで那覇空港に到着。

那覇空港



オバ鉄、沖縄に初上陸!!ヽ(^。^)ノ


思い掛けず、全県訪問を達成することができました(^_^)V


ロビーには蘭の花が至る所に飾られ、フローラルな香りが充満しさすが南国。

圧巻だったのはゲートラウンジの天井まで届く蘭タワー!!

那覇空港蘭タワー




沖縄の方のおもてなしの心が感じられましたね。


そして、魔除けのシーサーさんもいました。

魔除けのシーサー




この日の那覇市の気温は20℃。


モコモコのダウンコートを着てきて、寒がりのオバ鉄でもあぢぃです(+o+)


コインロッカーに荷物とコートを放り込み、空港ターミナルビルに
隣接している沖縄都市モノレールの那覇空港駅に向かいます。

那覇空港駅
沖縄都市モノレール那覇空港駅



沖縄都市モノレールは第三セクター方式の会社で、
沖縄都市モノレール線(愛称ゆいレール)を運営しています。


沖縄都市モノレール線は那覇空港(那覇市)-首里(那覇市)を結ぶ12.9kmの路線です。


改札口の前には日本最西端駅記念碑がありました。

日本最西端駅記念碑




このゆいレールが平成15年8月に開業する以前は松浦鉄道の「たびら平戸口」が最西端駅でした。

でも、普通軌道方式で全国と鉄路が繋がっているという意味では、
「たびら平戸口」が最西端駅であると、
主張なさっている方もいらっしゃいます。


あっ!!改札口の両壁にシーサーが据え付けてありました。

那覇空港駅改札シーサー




「シーサー」は沖縄地方でみられる伝説の獅子で、災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けの像です。


起源は古代インドでライオンの像を置いたのが始まりだったとか…


本土でも神社や寺院の前に一対の狛犬が置かれていますよね。


蛇足ですが、京都鞍馬寺本殿金堂前にあるのは狛犬ではなく虎でした。


改札内のホールでは沖縄の自然や風土、伝統文化を
モチーフにした色鮮やかな美しいステンドグラスが出迎えてくれます。

那覇空港駅改札ステンドグラス



ホーム

沖縄都市モノレール那覇空港駅ホーム




ゆいレールは胡座式モノレール。


車両は1000形電車で丸みを帯びたフォルムがちょっと近未来的でカッコイイです。


「那覇空港」を発車すると、車窓右手に那覇空港・航空自衛隊・海上自衛隊、
左手には自衛隊那覇駐屯地が見えてきます。

那覇市街地
那覇市街地



大きく左にカーブすると日本最南端の駅「赤嶺」に到着。

日本最南端の駅赤嶺



「奥武山公園」を過ぎると、干潟の漫湖を横断し直角に曲がり、やがて那覇市の繁華街へと進んで行きます。


「見かけてLUCKY!乗ればHAPPY!」というキャッチフレーズの
首里城をデザインしたラッピング車に遭遇出来ました。

首里城デザンインラッピング車




「古島」からは57‰の勾配を上りながら北上していきます。


「那覇空港」からおよそ27分で終点「首里」に至ります。

沖縄都市モノレール首里駅



ゆいレールは駅舎に沖縄らしさを表現するため、各駅ごとに
紅型(沖縄の伝統的な染色技法)のステーションカラーと染織デザインを施しています。


「首里」のステーションカラーは赤でした。

沖縄都市モノレール首里駅2




動画も撮りました!



「首里」といえば、世界遺産の琉球王朝の城「首里城」ですよね。


見学したいって懇願したのに、
「関西の私鉄完乗したいんでしょ。時間ないからダメ!!」って、
息子は冷酷無比なヤツなんですよ(ヒドイ!!<(`^´)>)


ゆいレールは「浦西」までの延伸計画が確定し、2019年春に開業が予定されています。


延伸されて再び沖縄訪問のチャンスに恵まれたらその時には首里城見学したいものです。


那覇空港のターミナルビルに戻ったオバ鉄親子は昼食をとるために
4階のレストラン街へ向かいます。


途中、ターミナルビルのシンボルウェルカムホールを通ったのですが、
2階から4階の巨大な吹き抜けがあり、ヤシの木が聳え、
まるで高級リゾートホテルのエントランスホールのようでした。

那覇空港ターミナルビル




昼食は「沖縄そば」にチャレンジしてみました。

沖縄そば



「そば=蕎麦粉」と思っていたのですが、食した感じはラーメンの麺のようでした。


しかも、うんどのように太い!!


長崎チャンポンの麺にスープは和風というなんとも微妙なテイストでした。


沖縄滞在時間たったの2時間で、オバ鉄親子はANA106便で大阪国際空港(伊丹空港)へと移動。


気温20℃の那覇市から10℃の兵庫県伊丹市に降り立ったオバ鉄は
体調を崩し、風邪をひき、2度のフライトで飛行酔いをした鉄系息子は、宿酔で苦しみ、明日からの鉄旅はどうなるの?




>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]

平成筑豊鉄道に乗りました

2014.06.18(13:43)
九州・関西私鉄の旅③ 平成筑豊鉄道に乗りました(第331話)


2013年 12月30日 ダンナ様は一人、本日の宿泊地京都へ向かい、オバ鉄親子は平成筑豊鉄道にトライします。


「博多」から「小倉」まで新幹線で移動。

乗車したのは「のぞみN700A」で、このまま京都まで行きたかったなぁ。

のぞみN700A



「小倉」で在来線に乗り換え「JR行橋」で下車。


「行橋」はJR九州日豊本線と平成筑豊鉄道田川線の高架駅。


駅名標の形がちょっと変わった感じで上辺が弧を描いて扇形とも違うし、蒲鉾形?

JR行橋駅名標



3・4番線ホームの南端に5番線ホームがあり、平成筑豊鉄道との乗り換え改札があります。

平成筑豊鉄道行橋駅



乗車券を購入しようとしたら、車内で買い求めて下さいってずいぶんとのんびりとした感じ…(@_@;)


車内で1日フリー乗車券「ちくまるキップ」(大人1000円)を購入しました。


平成筑豊鉄道は旧国鉄の伊田線・糸田線・田川線を引き継いだ第3セクター方式の会社(門司港レトロ観光線もです)。

田川線は行橋(福岡県行橋市)-田川伊田(福岡県田川市)間を、
伊田線は田川伊田ー直方(福岡県直方市)間を結ぶ路線です。


オバ鉄親子が乗車した列車は「田川伊田」から伊田線に乗り入れ、「金田」まで行きます。


車両は400形気動車でト…トイレの設備がない!!(>_<)

平成筑豊鉄道400形気動車



所要時間1時間15分もありますので乗車前に用事を済ませてきてください。


吊り革がマスコットキャラクターの「ちくまる」くんのデザインになっていてちょっと可愛い…(*^_^*)

マスコットキャラクターちくまるの吊り革



「行橋」の次の駅は「美夜古泉」。

美夜古泉


何て読むのかな?と思っていたら、「みやこいずみ」と読みます。

行橋の古名が「美夜古」なんだそうです。

オバ鉄、路線図を眺めていたら「京都郡(みやこぐん)みやこ町」という地名を発見!!


えっー!!なんで福岡県なのに「京都郡みやこ町」なの?

最近、老眼が急激に進行し、自分の眼が信じられなくなったオバ鉄…

鉄系息子に「何て書いてあるの?」と尋ねると、

「そんな漢字も読めないのか」と言わんばかりのブリザードアイズで睨まれ、オバ鉄の心も凍ってしまいました。

「京都郡」の由来は景行天皇が熊襲を征伐するために
豊前の国に行宮を設けたところから「京」と呼ばれるようになったそうです。


「美夜古泉」から4つ目は「東犀川三四郎」。

東犀川三四郎駅



夏目漱石の小説「三四郎」と関係でもあるのかなと思っていたら、
主人公のモデルと言われている小宮豊隆先生の生誕地なのだそうです。

「赤」という変わった駅名がありました。

赤駅



駅名の由来は赤村に所在するからなのですが、
赤村の地名の由来は吾勝野村が北部を「赤村」、南部を「津野村」とに分かれたからだそうです。


田川線の終点「田川伊田」に近づくと三井田川炭鉱の炭坑節で唄われた2本の大煙突と伊田竪坑櫓が見えてきます。


かつては筑豊炭田から産出される石炭で繁栄した田川市。

「田川伊田」の広すぎる構内が往時の栄華を物語っています。

栄枯盛衰…広すぎるゆえに虚しさが一層増す感じがいたしました。

田川伊田駅
田川伊田駅



終点「金田」には平成筑穂鉄道の本社と車両基地がありました。
金田駅



「金田」から糸田線に乗車。

糸田線は金田(福岡県福智町)-田川後藤寺(田川市)を結ぶ
6.8kmの路線で、13分ほどで終点「田川後藤寺」に到着。


「田川後藤寺」はJR九州との共同使用駅でJR日田彦山線、JR後藤寺線が乗り入れています。

田川後藤寺駅
田川後藤寺駅



「田川後藤寺」から直方行きの列車に乗り、平成筑豊鉄道3路線を完乗しました。

JR「直方」から徒歩約10分の筑豊電気鉄道に向かいました。

直方駅0キロポスト
直方0キロポスト



筑豊電気鉄道は福岡県に所在する西鉄の100%子会社。

筑豊電気鉄道線は黒崎駅前(福岡県北九州市)-筑豊直方を結ぶ16.kmの路線です。


「筑豊直方」駅は高架駅。
筑豊電気鉄道直方駅



西鉄による黒崎ー福岡間の延伸計画があり、JR筑豊本線を
オーバークロスするため、高架駅にしたそうですが、計画が頓挫し、途中半端な感じの駅舎です。

でも、昭和の風情を醸し出していてイイ雰囲気でしたよ。

西鉄の100%子会社だけあって軌間は1435mm。

車両は路面電車タイプで2車体連接車の3000形電車です。
築鉄3000形電車



車内
築鉄3000形電車内



「穴生」(あのお)という駅名がありました。

京阪電気鉄道石山坂本線、三岐鉄道北勢線にも「穴太」駅があります。


近江国の石工衆穴太衆は「穴生」とも書くそうで、
穴生一族は福岡藩にも仕えていたそうなので、この地域に穴太衆が住んでいたのかもしれませんね。


約33分で終点「黒崎駅前」に到着。
黒崎駅前駅



オバ鉄親子は「JR黒崎」から「小倉」へ移動し、新幹線でダンナ様が待つ「京都」へと向かいました。

>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

西鉄8000形電車に乗りました 

2014.06.11(11:50)
九州・関西私鉄の旅② 西鉄8000形電車に乗りました (第330話)


2013年12月29日 本日は、西日本鉄道の残りの路線にトライします。


福岡市地下鉄空港線に乗車し、「天神」で下車。


徒歩約5分の西鉄福岡(天神)駅に向かいます。

西鉄福岡(天神)駅



「福岡天神」はソラリアターミナルビル2階にあり、頭端式ホーム4面3線のターミナル駅。

西鉄福岡ホーム



今回はコロプラ☆西鉄電車フリーきっぷ(2,500円)を利用しました。

記念ショット
記念ショット西鉄





西鉄のシンボルカラー、アイスグリーンにボンレッドの帯の西鉄6000形電車に乗って「西鉄二日市」へ。


途中、JR九州新幹線の高架をくぐるのですが、ちょうど新幹線が
差し掛かってカメラのシャッターを切ったけど、ブレちゃいましたorz


「西鉄二日市」で下車し、太宰府線に乗り換えます。

西鉄二日市
西鉄二日市駅



西鉄車内




JR九州鹿児島本線にも「二日市」駅はありますが、徒歩12分ほど離れた位置にあります。


太宰府線は西鉄二日市(福岡県筑紫野市)-太宰府(福岡県太宰府市)を結ぶ、2.4kmの路線で約5分で到着します。


ダンナ様は私達とここで別れ、菅原道真公を祀る太宰府天満宮に鉄系息子の就職祈願へと参りました。


当の本人はろくに就職活動もせず、鉄道三昧ですがね。


太宰府の名物といえば、梅ヶ枝餅!!



餡子入りの焼餅で焼きたてはパリっとして香ばしく美味しいんですよ。


和菓子は苦手ですが、これだけは必ず購入します。


そうそう「太宰府」の駅名標には梅の花があしらわれていました。

太宰府駅名標



「東風ふかば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」


飛梅が咲く頃にまた「太宰府」を訪れてみたいものです。


「西鉄二日市」に戻り、西鉄3000形電車に乗り「宮の陣」へ移動。

西鉄3000形電車



西鉄3000形電車は西鉄初のステンレス車。


「ときめき」「ぬくもり」「やすらぎ」「ゆとり」をコンセプトに製造されたそうです。

2007年にローレル賞を受賞したそうですよ。


「宮の陣」から西鉄甘木線にトライします。

宮の陣駅
宮の陣駅



甘木線は宮の陣(福岡県久留米市)-甘木(福岡県朝倉市)を結ぶ路線です。


そういえば、2013年3月に第三セクター方式の甘木鉄道の甘木線に乗車しました。


あちらはレールバスでしたね。


「宮の陣」の次の駅は「五郎丸」。

五郎丸駅名標



九州地方には「田主丸」とか「・・・丸」という「丸」のつく地名が多いです。


「丸」は開拓地を意味するそうで、五郎さんが開拓したから「五郎丸」なんですかね…


約40分で終着「甘木」に到着。

西鉄甘木駅



「甘木」から折り返し天神大牟田線の終点「大牟田」へ向かいます。


天神大牟田線は西鉄福岡(福岡県福岡市)-大牟田(福岡県大牟田市)を結ぶ
路線で「大牟田」では唯一JR鹿児島本線が乗り入れています。


「大牟田」から西鉄特急8000形に乗車し、「福岡天神」へ戻ります。

西鉄大牟田駅



特急といっても特別料金は徴収しないので、フリーきっぷで乗れちゃいます。
(西鉄太っ腹!!)


やはり並行するJR鹿児島本線と競合しているからなのでしょうね。


8000形のカラーリングはケープアイボリー地にカーディナルレッドの帯で、いかにも特急といった感じ!!


先頭車両は全面展望構造になっていて、フロントビューを堪能出来ました。


動画を撮りました


「福岡天神」から徒歩5分ほどの福岡市営地下鉄七隈線「天神南」へ移動し、七隈線にトライします。


七隈線は天神南(福岡市)-橋本(福岡市)を結ぶ12.0kmの路線ですが、
2020年には「博多」まで開通する予定だそうです。


七隈線は九州初の鉄輪式リニアモーターシステムを採用し、添乗員付きドライバーレス運転を行っています。
(一応運転席に添乗員がいますが、ドア閉め時間の調整を行っているそうです。)


車両は3000系でドイツの工業デザイナーがデザインしたそうで、地下鉄車両とは思えない斬新なデザイン。

福岡市営地下鉄3000系



カラリーングも白地にグリーン、黄緑、水色のラインが配されていて爽やかな感じです。

車内
福岡市営地下鉄3000系車内



一番驚いたのは、運転室がオープン構造になっていて、地下鉄なのに、フロントビューが楽しめます。

福岡市営地下鉄3000系フロントビュー



最後部車は運転席を二人掛けシートとして解放してくれるのも嬉しいですよね。


でも、フロントビューの席っていつもお子ちゃまと競争になっちゃうので辛いです。


七隈線は都営地下鉄大江戸線のように小断面トンネル、小型車両のミニ地下鉄。


そのため車内に入ると若干狭さを感じますが、貫通扉はガラス張りで空間を広く見せるように工夫がされていました。


オバ鉄、地下鉄は車窓を楽しむことが出来ないので、あまり好きではないのですが、この七隈線だけはもう一度ゆっくり乗ってみたいですね。


終点 橋本
終点橋本




>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

北九州モノレール銀河鉄道999 を見ました

2014.06.04(11:40)
九州・関西私鉄の旅① 北九州モノレール銀河鉄道999 (第329話)

2013年12月 お正月休暇の旅行は、九州・関西方面に決定!!


ところが、旅行前日、鉄系息子が嘔吐と下痢の症状でダウン!!(>_<)


医師もノロウィルスの可能性は否定できないと微妙な診断…


99.9%旅行は諦めたのですが、当日、午前5時前に寝坊助の息子が起きてきて
「治ったから旅行に行きます」ですって…


樽見鉄道の時のように最後の瞬間まで諦めてはいけないと悟りましたです。


2013年12月28日 のぞみN700系で「小倉」へ移動。


「小倉」はJR九州、JR西日本、北九州高速鉄道の駅でターミナル駅でもあります。

駅ビルの3階の改札を出ると、南側が吹き抜けのコンコースになっていて、
その空間にまるで突き刺さるような形でモノレールが乗り入れています。

小倉駅吹き抜けのコンコース



北九州高速鉄道は北九州市に所在する第三セクター方式の会社で、
小倉線8.8kmを運営しています。


小倉線は小倉(福岡県北九州市)-企救丘(北九州市)を結んでいます。

北九州高速鉄道小倉駅
北九州高速鉄道小倉駅



モノレールの改札口に、何故かウルトラマンが設置されていました。
(ダンナ様は大喜びでしたけど…)

小倉駅改札口ウルトラマン



改札内に「お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!in北九州」のポスターが貼ってありました。


どうやら北九州市制50周年記念事業の一環としてウルトラクリスマスモノレールを運行しているようです。


もしかして、円谷プロダクションが2013年4月に創立50周年を迎えたので、50周年繋がりのコラボ企画なんでしょうか…


モノレールの形式は日本跨座式。


モノレールは「小倉」を発車すると小倉南区をめざし南下。

車内
北九州高速鉄道車内



途中「銀河鉄道999」のラッピング車に遭遇!!

北九州モノレール銀河鉄道999ラッピング車



2010年4月、開業25周年を記念して、小倉で少年時代を過ごしたという
漫画家の松本零士氏にデザインを依頼したのだそうです。

モノレールのフロント部分に、メーテルの顔が描かれ、
真正面から見るとちょっと恐い感じですが、サイドから見るとまさに空を駆ける999って感じがしてカッコイイです。


ウルトラマンのラッピング車とも擦れ違いました。

北九州モノレールウルトラマンラッピング車



こちらは2013年12月27日~2014年1月5日までの期間限定。

北九州モノレールウルトラマンラッピング車車窓



終点「企救丘」までの19分間。

終点企救丘



都市部から丘陵地帯の住宅街へと車窓は移り変わり、なかなか見応えのある沿線風景でした。

動画もあります


「小倉」に戻り、写真を撮っていると銀河鉄道999のラッピング車が入線してきました。

JR小倉駅ビル
JR小倉駅ビル



車体側面に松本零士氏のサインがありましたよ。

北九州モノレール銀河鉄道ラッピング車車体に松本零士氏サイン



「小倉」から「博多」へ移動し、ダンナ様はホテルへ。


オバ鉄親子は福岡市地下鉄空港線の博多駅へ向かいます。


オバ鉄、福岡市の駅なのにどうして「博多」なのかなって、ずっと疑問に思っていたんですよね。


博多は古代から大宰府の外港として栄えてきました。


2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公黒田官兵衛と息子の
黒田長政が筑前国に封じられ、福岡城を建設してから、
「那珂川」を挟んで武士の町「福岡」、町人の町が「博多」となりました。


そして時代は明治となり、市名を「博多」にするか「福岡」にするか大論争となって結局1票差で「福岡」に決定。

その代りに駅名は「博多」にすることとあいなったのです。

いやー、「福岡」と「博多」深い々因縁があったんですね。


「博多」から「中洲川端」へ移動し、未乗の箱崎線に乗り換えます。


福岡市地下鉄箱崎線は中洲川端(福岡市)-貝塚(福岡市)を結ぶ4.7kmの路線です。

福岡市営地下鉄博多駅
福岡市営地下鉄博多駅



「箱崎九大前」を過ぎると地上区間に出て、終点「貝塚」に到着します。

福岡市営地下鉄貝塚駅



「貝塚」は福岡市交通局と西日本鉄道の駅で南側は地下鉄、北側は西鉄になっています。


地下鉄を降りて今度は西鉄貝塚線に乗車。

西鉄貝塚線貝塚駅
西鉄貝塚線貝塚駅



西日本鉄道は福岡県に所在する私鉄営業キロランキング第10位の大手私鉄でJR西日本と関連はございません。


貝塚線は貝塚ー西鉄新宮(福岡県新宮町)を結ぶ11.0kmの路線で
標準軌(1435mm)を採用する西鉄としては唯一の狭軌(1067mm)を採用しています。

車両は西鉄600形電車。
西鉄600形電車



製造年月日を見たらなんと昭和37年7月!!

西鉄600形電車名盤



オバ鉄、自分の年齢と近い列車に出会うといつも「この列車のように
真面目に健気に自分も働き続けなければ…」と励まされます。


西鉄のシンボルカラーといえば、アイスグリーンにボンレッド帯ですが、
この車両はオキサイドイエロー地にボンレッド帯の塗装でした。


「貝塚」を発車すると右手にJR鹿児島本線が見えてきて「西鉄香椎」まで並走します。


「唐の原」付近で車窓左手奥に博多湾が見えました。


24分ほどで終点「西鉄新宮」に到着。

終点 西鉄 新宮駅



ホームに降りると玄界灘が近いのでしょうか、風に乗って潮の香りがしました。


>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ