TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||

関東甲信

>>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<<
このブログで紹介している写真 文章 動画等の著作は当管理人の著作です
 無断での転記 複製等は 一切禁止いたします。
※更新は週1回水曜以降です☆

【取材歴・写真提供】
・2014年  ぶよう堂 カレンダー 写真提供
・2015年   TBSあさチャン! ななつ星の取材
・2017年4月 日経新聞日曜版 ななつ星の取材
・2018年 飛鳥出版 最新グルメ&リゾート列車ガイドにオバ鉄のインタビュー&列車の写真が掲載されました!

楽天 グルメ列車ガイド1
  1. 253系1000番台特急きぬがわ  (05/22)
  2. 東武SL大樹 鬼怒川温泉駅転車台で方向転換(05/15)
  3. 東武100系106編成 日光詣スペーシア (05/08)
  4. 関東鉄道常総線 桜満開黒子駅(05/01)
  5. 上毛電気鉄道はしる水族館に乗りました(04/17)
  6. 江ノ島電鉄・鎌倉散歩(11/07)
  7. 飯山線 観光列車キハ110系おいこっと (09/19)
  8. 東京総合車両センター 夏休みフェア2017・ノントラ (09/12)
  9. 上信電鉄 上州のシーラカンス見ました 第484回(05/16)
  10. 松本電鉄 なぎさTRAIN (05/09)
次のページ

NPOひがし大雪自然ガイドセンターのHPのタウシュベツ橋の変遷
2018.5/18の写真に米粒のように写っている赤い服の人物はオバ鉄です。

http://www.guidecentre.jp/pg278.html


253系1000番台特急きぬがわ  

2018.05.22(13:58)
253系1000番台特急きぬがわ  第537回


2018年3月17日 オバ鉄ファミリーは東武鉄道鬼怒川温泉駅から
2017年8月にデビューしたばかりのSL大樹4号に乗車。



東武SL大樹3号と14系客車連結作業 の動画




SL大樹は全席指定なので発車すると
SL観光アテンダントが検札に来ます。


続いて、SL大樹4号記念乗車証を配布。

SL大樹4号記念乗車証



プロカメラマンによる記念撮影(料金1,100円)もあります。


SL大樹黒いアイスの車内販売に
グッズ販売と大忙しで対応に追われていると、
写真撮影をしている暇もなく、
あっという間に終点の下今市駅に到着してしまいました。


乗車時間35分って本当に短いな~というのが感想です。


SL大樹の起点となる下今市駅は
全面的にリニューアル工事を行い、
SLが走行していた時代を彷彿させる昭和レトロな駅舎に生まれ変わったそうです。


駅舎だけでなく駅名標も名所案内もレトロ調。

レトロ調の下今市駅名標



名所案内
名所案内 



上り・下りのホームの売店も昭和レトロ調にするなんて
なかなか手が込んでいます。

ホームの賣店 下今市駅



「売」の文字も旧字体を使用して
細部にまでこだわる気の使いよう。


東武鉄道のこのプロジェクトに対する熱意が伝わってきます。


ホームの階段を上ると、右手にSL展示館・転車台広場へ通ずる通路があります。

SL展示館・転車台広場への通路



下今市駅転車台は山口県長門市長門市駅転車台を
JR西日本から譲り受けたものです。

下今市駅転車台



オバ鉄ファミリーは下今市駅から普通電車に乗って
本日の宿泊地鬼怒川温泉駅に戻ります。


さて、切符を購入するため改札を出ましょうか…。


あらっ!!昭和レトロな駅に自動改札とは
ちょっと不釣り合いな気がします。

自動改札でした



でも、出札口はノスタルジックで懐かしい感じでした。

下今市駅出札口



駅舎は黒を基調としてJR九州の阿蘇駅に雰囲気が似ていましたね。

下今市駅舎



今宵の宿は鬼怒川渓谷沿いにある鬼怒川温泉ホテル。


ホテルの部屋は、東武鬼怒川線が望めるトレインビューの部屋でした( *´艸`)

ホテルから望む鬼怒川渓谷
ホテルから望む鬼怒川渓谷




なんと、2017年4月にデビューした東武500系電車リバティが通過したではありませんか!!

東武500系電車リバティ1



東武500系電車リバティ2



オバ鉄、初めて見ましたが、近未来的でかつシャープなデザインが素敵です。


リバティはあの奥山清行氏がデザインされたのですね。


カラーリングのシャンパンベージュとフューチャーブルーが先進的です。


次にやって来たのは、会津鉄道のAT700形とAT650形。

会津鉄道AT700形とAT650形



次から次へと列車が通るのでなかなか楽しかったですよ。


翌18日 温泉と豪華な食事を堪能したオバ鉄ファミリーは家路に就きます。


往路は東武鉄道100系106編成日光詣スペーシアでしたが、
復路はJR東日本253系1000番台OM編成特急きぬがわ。


鬼怒川温泉駅の発車標を見ると、
行き先が「JR新宿」と表示されているのが面白いですね。

発車標の行先がJR新宿



253系といえば1991年にデビューした成田国際空港アクセス特急成田エクスプレス。


253系200番台を内外装リニューアルしました。

253系1000番台OM編成特急きぬがわ



ボディーのカラーリングは日光のシンボル二社一寺をイメージとした赤と朱色。
それに黄色のライン。


まぁ、正直言って燦然と輝く日光詣スペーシアの豪華絢爛さに
比べればかなり見劣りしますけどね。


客室内に入って見ると、奇数号のシートカラーは橙色。


偶数号車はブルーになっています。

客室内 



どうやらシートピッチはスペーシアに合わせたようで、広かったですね。


座り心地はやはりスペーシアに軍配が上がります。


ただ1つ、2号車の電動車椅子対応の多目的トイレだけは、
さすがJRと感心しました。

多目的トイレ




これはあくまでもオバ鉄の私見でありますが、
民鉄のトイレはイマイチな気がします。


現在、鉄道のトイレの主流は航空業界で用いられている真空吸引式ですが、
スペーシアは旧式でしたね。




鉄系息子のお陰で家族揃って楽しい1泊旅行が出来ました(*´ω`*)


SL大樹に見送られて帰宅の途に就きました。


さよならSL大樹


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
スポンサーサイト
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

東武SL大樹 鬼怒川温泉駅転車台で方向転換

2018.05.15(13:41)
東武SL大樹 鬼怒川温泉駅転車台で方向転換  第536回



2018年 3月17日 東武100系106編成日光詣スペーシアに乗り、
東武鬼怒川温泉駅に着いたオバ鉄ファミリー。

鉄系息子のリクエストで東武SL大樹4号に皆で乗車します。


(SL大樹の座席指定券はびゅうトラベルサービスの
パッケージツアーには含まれていません。個人で購入しました。
購入方法は東武鉄道のHPをご覧下さい。
ちなみに、オバ鉄は東武鉄道北千住駅で購入しました。)


さて、その前に胃の腑に何かおさめなければいけませんね。


駅近くの食堂で、オバ鉄は日光名物湯波が入った
湯波そば(1,000円)をいただきました。

日光名物湯波そば



湯葉といえば京都が有名ですが、
京都は湯葉を引き上げる際、端から串を入れるそうですが、
日光は中央に串を入れて二つ折りにして巻き上げるそうです。


だから、日光の湯波は丸くてボリュームがあるんですね。


食べごたえがあって美味しかったです。


食後、ダンナ様と娘は喫茶店へ。

オバ鉄と鉄系息子はSL大樹の写真を撮るため駅に戻ります。
(普通は父と息子、母と娘の組み合わせなんですけど、我が家は逆ですね)


鬼怒川温泉駅駅前広場の一画にSLとDLの
方向転換させる転車台が設置されています。

鬼怒川温泉駅転車台



この転車台はJR西日本三次駅の転車台を譲り受け移設しました。


三次駅は芸備線と三江線福塩線乗車の際お世話になった駅で
広島県の中国山地から遠路遥々転車台がやって来たと思うと
感慨深くなります。


転車台の写真を撮っていると、おもてなし向上委員会の
スタッフの方に声を掛けられSLの入線時間等教えていただきました。

おもてなし向上委員会のスタッフ  鬼怒川温泉




ご親切にありがとうございます<(_ _)>


13時36分 SL大樹3号が鬼怒川温泉駅に到着。


乗客を降ろしたSL大樹は14系客車を切り離し、
後進して下今市方へ移動し、駅前転車台へと入線してきます。


転車台の柵の周りには大勢のギャラリーが詰め掛けて
SL大樹の人気の高さがうかがえます。

転車台の周囲には大勢のギャラリー 鬼怒川温泉駅



転車台に載ったSL大樹は時計回りに半回転し、
途中3回記念撮影のために回転をストップさせるという大サービスぶり!!

SL大樹が転車台に向かいます
SL大樹が転車台に向かいます。



方向転換
方向転換 SL大樹




方向転換終了
方向転換終了 SL大樹



動画もあります



通常、蒸気機関車の方向転換というと
駅構内の裏手で行われるものですが、
東武鉄道はまるでSLショーのごとく乗客だけでなく
一般観光客にもオープンにしたのは素晴らしいアイディアですね( *´艸`)



称賛に値します。
東武鉄道恐るべしです。


方向転換が終了したSL大樹は再び下今市方へ移動します。


このC11形207号機は
東武鉄道がJR北海道から借り受けたもので、
霧が多い北海道で使用されていたため、
通常は前照灯が1つであるのに
2つ付いていてカニ目の愛称で親しまれていたそうですよ。

カニ目のSL大樹



車体には「28-7 苗穂工」の検査標記が表示されていました。


「大樹」とは将軍の別称で徳川家の家紋「三つ葉葵」を
イメージさせるデザインはステキですね。

SL大樹ヘッドマーク



SLの後方には車掌車が連結。

車掌車はJR貨物とJR西日本から譲り受けました。


車掌車の車体に「ヨ8634」「28 5 17広島車」の標記があったので、
どうやらJR貨物から譲り受けた貨車のようです。


さて、そろそろ改札に内に入りましょうか。

発車標と改札口 鬼怒川温泉駅



ちょうど3番線ホームでは客車とJR東日本から譲り受けた
ディーゼル機関車DE10形1099号の連結作業が行われていました。


鬼怒川線の下今市-鬼怒川温泉駅間には急勾配があり、
DE10形が推進してSLをアシストします。

ディーゼル機関車DE10-1099



客車はJR四国から譲り受けた14系と12系3両で定員は約200名だそうです。

JR四国14系客車



東武鉄道のSL復活運転プロジェクトサイトによりますと、
人口減少している日光・鬼怒川エリアを観光活力創出により
地域を活性化させたいという想いからプロジェクトはスタートしたと述べています。


東武鉄道という一民鉄のプロジェクトに
JR北海道・JR東日本・JR西日本・JR四国・JR貨物
真岡鉄道、秩父鉄道、大井川鉄道が鉄道会社の垣根を越えて
協力・支援したことは非常に意味深いことだと感じます。


このような協力・支援を全国に波及させ、
地域活性化に役立てることはできないものでしょうか。


乗客が見守る中、SLと客車の連結作業が行われました。


SLと客車の連結作業が始まります 
SLと客車の連結作業が始まります 大樹




連結作業完了
連結作業完了 SL大樹



連結作業終了後、待ちに待った客車の中へと入ります。


オバ鉄は1号車。

1号車はスハフ14-5で妻壁の銘板には
昭和47年富士重工製と記されていました。


スハフ14-5とオハ14-1
スハフ14-5とオハ14-1



富士重工昭和47年



青いモケットの座席に白いシートカバーって、
国鉄時代を思い起こさせますね。

スハフ14-5客室内



青いモケットの座席




まるで昭和にタイムスリップしたかのようです。


14時35分 SL大樹4号は下今市駅に向かい発車します。

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

東武100系106編成 日光詣スペーシア

2018.05.08(14:36)
東武100系106編成 日光詣スペーシア (第535回)



2018年3月 鉄系息子が突然
「家族4人で鬼怒川温泉へ1泊旅行に出掛けませんか?
交通費と宿泊費は全額僕が支払いますから」
と申すではありませんか!!


今まで娘や非鉄の息子からそのような
プレゼントをいただいたことがなかったので、

驚くやら感激するやら、
ダンナ様と生きててよかったと感涙しました。

(実は社員割引で超格安だったみたいですけどね)


3月17日 鬼怒川温泉への交通手段といえば、
東武鉄道鬼怒川線を利用するのが一般的ですが、

今回JR東日本グループびゅうトラベルサービスの
パッケージツアーを利用しているので、
JR新宿駅へ向かいます。


かつて国鉄と東武鉄道は日光方面の乗客争奪戦を
繰り広げていましたが、

2006年3月 JR東日本と東武鉄道は手を組み、
特急列車直通運転を開始しました。


時代は競争から協調へと移り変わってきましたね。


JR新宿駅に到着すると9番線中央本線特急ホームに、
2017年12月にデビューした次世代中央線特急新型E353系
スーパーあずさが入線していました。

JR東日本E353系スーパーあずさ




オバ鉄は2015年10月JR東日本長野総合車両センターの
JR長野鉄道フェスタで量産先行車を
遠くから眺めたことがありますが、
至近距離で見たのは初めて。


近未来的かつ斬新なフォルムが端正で恰好良いですね。


内装・外装ともに奥山清行氏のデザインだそうです。


E353系のロゴマークもシャープな感じで好きです。
E353系ロゴマーク




さて、スペーシアきぬがわ3号の発車番線に行きますか…

発車標




5番線ホームには、あらっE259系成田エクスプレスが停車していました。

E259系成田エクスプレス




10時18分 JR新宿駅に東武100系106編成日光詣スペーシアの
黄金の車体が入線してきました。

東武100系106編成日光詣スペーシア




東武鉄道は2015年 日光東照宮400年式年大祭を記念し、
日光二社一寺の色鮮やかな代表建造物をイメージした
金色・朱色・黒色のカラーリングを施した特別塗装車を登場させました。


当初は東武線内での1編成のみでしたが、
2編成目を製作し、
JR東日本と相互直通運転を行う特急列車にも
日光詣スペーシアを投入したのです。


JR線を黄金に煌めく日光詣スペーシアが悠然と走行するのは、
PR効果絶大ですよね。


東武鉄道も抜け目がないです。


車体側面には日光詣の新エンブレムと
日光詣編成のスペーシアのロゴマークが貼付されています。


日光詣の新エンブレム
日光詣の新エンブレム



日光詣編成スペーシアロゴ
日光詣編成スペーシアロゴ




客室内に入ってみると、従来のスペーシアと同じ
フューチャーブルーのシート。

スペーシア客室内



スペーシアのシートはシートピッチが1,100mmと広く、
ホールド感があって座り心地が良く快適です。


3号車のビュッフェはなんと営業していませんでしたorz



ビュッフェは営業していませんでした スペーシア



スペーシアのビュッフェメニューは豊富で
オバ鉄期待していたのに残念です((+_+))


代わりに、JR東日本のNREのワゴン販売がありました。
(土休日限定のようです)



JR新宿駅を発車すると湘南新宿ラインを走行し、
大宮駅からは東北本線を北上します。


動画もあります



日光詣スペーシアは停車駅ではない
栗橋駅構内で運転停車のため停車。

東武栗橋駅




栗橋駅は東北本線と東武日光線が隣接していて、
駅構内に専用線路を設け、
JR線と東武線の相互乗り入れができるようになっています。


そして、この駅でJRと東武の乗務員の交代も行われます。

栗橋駅で運転停車(帰路の写真)



栗橋駅を発車すると一時的に室内の照明が消え空調も停止します。

車内の照明が消える(帰路の写真)



JR線と東武線はどちらも直流1,500Vですが、
デッドセクションが設けられているためです。

しかし、今どきの新しい車両は補助電源で車内灯が点灯するので、
消えたりしないんですがね。


デッドセクションで消灯するなんてある意味貴重な体験です。


東武日光線を北上し、
下今市機関区がある下今市駅で日光腺と分岐し、
鬼怒川線へと進んでいきます。

東武鉄道下今市機関区
東武鉄道下今市機関区



日光腺と分岐
日光腺と分岐



進行方向左手に日本百名山のひとつ
日光国立公園の男体山が見えてきました。

男体山と大谷川



大谷川、砥川、鬼怒川と渡河し、
約2時間で鬼怒川温泉駅に到着。


東武鬼怒川温泉駅



鬼怒川温泉駅舎
鬼怒川温泉駅舎



2017年8月 東武鉄道は約51年ぶりに
蒸気機関車を復活させました。


SL大樹は栃木県日光市下今市駅と同市鬼怒川温泉駅までの
12.4kmを走行します。


鬼怒川温泉駅前広場には、SL大樹のモニュメントがあり、
記念に皆で写真を撮りました。

SLモニュメント前で記念ショット




ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

関東鉄道常総線 桜満開黒子駅

2018.05.01(13:54)
関東鉄道常総線 桜満開黒子駅 第534回


2018年 麗らかな春の日にダンナ様が関東鉄道常総線の
黒子駅の桜を見てみたいと申すので、2人で出掛けました。


3月31日 オバ鉄の自宅から車で5分ほどの関東鉄道常総線小絹駅に到着。


オバ鉄は鉄道で、ダンナ様は車でそれぞれ黒子駅を目指します。


オバ鉄、常総線沿線に住んでいながら、乗車するのは4年ぶり!!


水海道駅以北に乗車するのはこれでやっと2回目!!


北海道の秘境タウシュベツ橋梁には3回も訪問しているのに、
どうもオバ鉄にとって地元茨城は日本で一番近くて遠い県のようです。


小絹駅の2番線ホームに大きな桜の古木があり、
満開で綺麗でしたね( *´艸`)

小絹駅の桜




桜の木の下に駅名標があったのも印象的でした。


関東鉄道は茨城県南部に常総線・竜ケ崎線の2路線を有する民鉄。


2路線全線非電化であるのは、
茨城県石岡市に所在する気象庁地磁気観測所の観測に
影響を与えないためだそうです。


ウィキペディアによりますと、
地磁気観測所の半径約30-40km以内では、
直流電化を採用できないという法令があり、
交流電化であれば影響が少ないそうですが、
費用負担が大きく全線非電化になったそうです。


第3セクター方式の首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスは
秋葉原ー守谷駅間が直流電化、
守谷―つくば駅間は交流で電化され、
JR以外で交直両用通勤電車が走行するのは
この路線だけです。


小絹駅を発車して間もなく進行方向右側に
水海道車両基地が見えてきます。
水海道車両基地



JRを除く民鉄最大規模のディーゼルカーの車両基地です。


平成27年9月の関東・東北豪雨では鬼怒川の堤防が決壊し、
この車両基地も大きな被害を受けました。


オバ鉄が乗車した列車は水海道行きだったので
水海道駅で下館行きのキハ5010形に乗り換えます。


関東鉄道キハ5010形気動車は、
新潟トランシス製造で2017年にデビューしたばかりの新しい車両。

キハ5010形下館行き



車体のカラーリングは関鉄ホワイトと
ブルーのツートンカラーに黄色のライン。


そして新緑の筑波山をイメージしたマークが配置され
とても関鉄の車両とは思えない爽やかな印象の車両です。


常総線に「大きな宝」と書く「大宝」という駅があります。

大宝駅名票



駅から徒歩5分の位置に所在する大宝八幡宮の最寄り駅となっています。


駅舎は大宝八幡宮をイメージしてか、
木造建築で瓦屋根の寺院風でした。

大宝駅



駅西側の糸繰川の堤に桜並木があって、咲き誇っていました。

大宝駅の桜




小絹駅を出発して約50分、黒子駅に到着。

黒子駅



黒子駅の3番線ホーム側の構内には、
桜の古木が立ち並び、今を盛りと咲きにおっていました。

桜が見事です



記念ショット
桜と記念ショット  黒子駅



正直、これほど見事な桜とは想像だにせず、
誘ってくれたダンナ様に感謝々です。

動画もあります。



黒子駅の開業は大正2年で開業当時に植えられたとすれば、
樹齢約90年になり、
老齢木になっているような気がします。


関東鉄道とNPO法人梨想の会は
桜の景観を維持するために、
同駅構内に桜の苗14本を植樹したそうです。


黒子駅は単式ホームと島式ホームの3面3線(1番線は留置線)もあり、
列車交換が行われます。
列車交換 黒子駅



単式ホームと島式ホーム




桜吹雪の中、列車が行き違うシーンを見られて、幸せでした( *´艸`)



ダンナ様と合流し、駅近くの道の駅しもつまにある
手打ちそばの店でお昼をいただきました。


オバ鉄がオーダーしたのは、けんちん汁つけそば(1,030円)。

けんちん汁そざ




茨城県の郷土料理けんちん汁を
つゆにしていただくのですが、
大根・人参・レンコン・里イモ・コンニャク・しいたけ・
鶏肉・ワカメと具沢山でボリュームいっぱいでした。


その後、オバ鉄夫婦は大宝八幡宮に初参拝。

大宝八幡宮



満開の桜が出迎えてくれました。


大宝八幡宮の御由緒は文武天皇の大宝元年(701年)
大分県の宇佐神宮を勧請したのにはじまる
関東最古の八幡さま。



三ノ鳥居をくぐると随身門があり、
明治以前の神仏習合の名残がうかがえます。

随身門 大宝八幡宮



随身門を入ると、参道両側に崇敬者から奉献された
狛犬が列をなしています。

狛犬が列をなしている 大宝八幡宮



狛犬って普通一対じゃないのかな…


オバ鉄、日本全国の神社をお参りしているけれど、
狛犬だらけは初めて見ました。


狛犬フェチの方、必見ですよ。


拝殿の近くにご神木お乳銀杏がありました。

ご神木お乳銀杏 大宝八幡宮




銀杏の老樹では枝や幹から乳房状の突起が垂下するそうで、
乳根と呼び、古来から信仰の対象となるそうです。


「この木のお乳の処に触れると
母乳の出が良くなると伝えられています」

と記されていました。


そして、大宝八幡宮といえば、宝くじの高額当選などの
財運招福のご利益があるという金運神社!!


早速、願い石(1対500円)宝くじ高額当選の願い事を記し、
願い石納め処にお供えしてオバ鉄夫婦は帰宅しました。

願い石
願い石 大宝八幡宮



願い石納め処
願い石納め処 大宝八幡宮


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

上毛電気鉄道はしる水族館に乗りました

2018.04.17(14:29)
上毛電気鉄道はしる水族館に乗りました(第532回)


2014年 4月27日 せっかくの日曜日なのにダンナ様は休日出勤。

子供達もお出掛け…


そこで、オバ鉄一人、関東私鉄日帰りの旅に出掛けました。


大手私鉄営業キロランキング第2位の東武鉄道の12路線中、
伊勢崎線と佐野線が未乗のままだったので、
2つとも片付けてしまいます。


「東武北千住」から赤城行の特急りょうもうに乗車し、
「館林」で下車。

東武鉄道特急りょうもう
東武鉄道特急りょうもう



館林市といえば、群馬県立つつじが岡公園で有名ですが、
駅前にもつつじの花が咲いていて綺麗でした。

館林駅



「館林」から佐野線に乗車。


佐野線は館林(群馬県館林市)ー葛生(栃木県佐野市)を結ぶ
22.1kmの路線。


佐野線は東武鉄道でもローカル線のようだと思っていたら、
学生のいない日曜日なのに満員!!( ゚Д゚)


侮っていたら座れませんでしたorz



「館林」を発車すると左手に南栗橋車両管区館林出張所が見えてきて、
伊勢崎線と分岐し右に折れます。

南栗橋車両管区館林出張所
南栗橋車両管区館林出張所



今度は車窓右手に資材管理センター北館林解体所が見えてきます。

資材管理センター北館林解体所
資材管理センター北館林解体所



ここは廃車車両の解体を行っていますが、
東武だけでなく、京王電鉄、小田急電鉄、東京メトロなど
その他の私鉄車両の解体も行っているそうです。


オバ鉄が見たのは東京メトロの車両だったかしら?


「東武佐野」に到着すると、ほとんどの乗客が降りてしまいました。

東武佐野駅




えっー!!佐野市に何があるの?
佐野ラーメンでも食べに行くの?


娘にその話をしたら「お母さん、佐野プレミアム・アウトレットのこと知らないの?」


どうもオシャレに関することは疎いものですから…


約40分足らずで、終点「葛生」に至ります。

葛生駅



かつては貨物のターミナル駅として栄華を誇ったそうですが、
今は広すぎる構内がわびしさを誘います。


「館林」に戻ったオバ鉄は、
伊勢崎行きの普通電車に乗車。


約51分で終点「東武伊勢崎」に到着し、
これにて東武鉄道コンプリート!!ヽ(*^▽^*)丿


さすが近畿日本鉄道に次ぐ営業キロ数!!


完乗するのに1年近くかかりました。


「伊勢崎」はJR東日本の両毛線と東武伊勢崎線が乗り入れていて、
オバ鉄は両毛線に乗り換え、
3つ目の「JR桐生」で下車しました。

伊勢崎駅北口
伊勢崎駅北口




「JR桐生」北口から徒歩5分ほどに位置する
上毛電気鉄道「西桐生」へ向かいます。


おや?北口を出てすぐの位置に、
レトロな洋館のようなデザインの桐生警察署駅前交番がありました。

桐生警察署駅前交番



群馬県は明治時代養蚕が盛んで
養蚕農家から購入した繭を煮て
生糸をつくる製糸業(富岡製糸場)、
生糸を布に織る織物業が発達し、
特に織物の産地として栄えた桐生市に
は歴史的建造物や文化遺産などが残っています。


上毛電気鉄道は生糸の町前橋から織物の産地桐生へ
生糸を運ぶため昭和3年に開業しました。


筆頭株主は東武鉄道です。

上毛線は中央前橋(群馬県前橋市)-西桐生(群馬県桐生市)を結ぶ
25.4kmの路線です。


「西桐生」は昭和3年建築の駅で
昭和初期に流行したというハイカラなマンサード屋根が印象的です。


駅舎内は珍しくピンク色が基調で
優しくモダンな感じです。

上毛電気鉄道西霧生駅



国の登録有形文化財に登録されていて、
桐生市の繁栄を伝える貴重な鉄道遺産でもあります。

西桐生駅舎内
西桐生駅舎内




ホームの上屋も趣深い感じで素敵ですね。

西桐生ホーム上屋



さあ電車に乗りましょうか…って、
何ですかこの電車!!


はしる水族館



海がない群馬県で「はしる水族館」?


海のない群馬県で海の生き物が身近に感じられるようにと
企画された「はしる水族館」。


車内に入ると天井まで青く塗られて
さながら海の中にいるような錯覚をおぼえます。

はしる水族館車内



電車には海ガメ、クジラ、マンボウ、サメなど
約100種類の生き物が描かれ、
今時のラッピング車の中では完成度が高くて好感が持てました。


吊り革にも竜の落とし子が描かれていました。

吊り革にもタツノオトシゴ



動画もあります


「大胡」は駅舎、大胡電車庫、変電所などともに
国の登録有形文化財として認定されています。


この日は大胡電車庫で
上毛電鉄感謝フェアのイベントが開催されていたようで、
ホームにあのデハ101が停車していました。




デハ101電車
デハ101電車



デハ100型電車(デハ101)は昭和3年上毛線開業に際して
神戸の川崎重工で製造されてから
89年経過した現在でも現役で活躍している吊り掛け駆動式旧型電車です。


オバ鉄が子供の頃、南武線や常磐線は
チョコレート色の電車(チョコ電)で
久方振りにチョコ電に出会えて懐かしい!!


三角形を多用したトラス構造の大胡電車庫は
木造板張りで中に入って見学してみたかったです。

留置線には元京王電鉄井の頭線の3000系電車がズラリと勢揃いしていました。

大胡電車庫



約52分で「中央前橋」に到着。

中央前橋駅




駅前のバスロータリーで「JR前橋」行きの
レトロ調シャトルバスが連絡していて
約6分ほどで「JR前橋」に至り、
オバ鉄は家路につきました。

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

江ノ島電鉄・鎌倉散歩

2017.11.07(14:16)
江ノ島電鉄・鎌倉散歩  第509回


2014年3月22日 麗らかな春の日に、ダンナ様と鎌倉散歩に出掛けました。

(本当は江ノ電を完乗しに行こうと思ったら、ダンナ様が付いて来てしまいました。)


「東京」から東海道本線熱海行き普通電車で「JR藤沢」へ移動。


「JR藤沢」南口から徒歩3分ほどの位置にある
小田急百貨店の2階の「江ノ電藤沢」に向かいます。

江ノ電藤沢駅
江ノ電藤沢駅



江ノ島電鉄は神奈川県に所在する私鉄で主要株主は小田急電鉄です。


江ノ島電鉄線は藤沢(神奈川県藤沢市)-鎌倉((神奈川県鎌倉市)を結ぶ
10.0kmの路線です。


オバ鉄、恥ずかしながら江ノ電は路面電車だと
ずっとそう認識しておりました。


ウィキペディアによると開業時は軌道法に基づく路面電車でしたが、
昭和19年軍部により横須賀線・東海道本線が
空襲により襲撃された時の迂回路として普通鉄道に変更されたそうです。


いやー、そんな経緯があっただなんて知りませんでした。


併用軌道区間は軌道運転規則によると道路上を走る列車の長さが
30mを超えてはいけないのですが、
江ノ電は50mを超えていても路面電車じゃないからOKなんですって!!


「江ノ電藤沢」は2面1線の頭端式ホーム。


ドイツ製ローウィーの車止めにはカエルの置き物がありました。

車止めにカエルの置物



「無事カエル」って意味でしょうか…


「江ノ電鎌倉」から乗車すると、きっと鬼のように混むだろうと予測し、
わざわざ遠回りして「江ノ電藤沢」に来たのに大ハズレ!!( ゚Д゚)


超満員の中、なんとか先頭車両のフロントにへばりつきました。


「江ノ電藤沢」を発車すると高架をゆっくりと下っていきます。


「江ノ島」は名称江の島の最寄り駅。


鎌倉方面から入線してきた電車は江ノ電のイメージキャラクター
「えのん」をあしらったラッピング車「スキップえのんくん号」でした。

スキップえのんくん号



「江ノ島」を出発すると、江ノ電のハイライト併用軌道区間を走ります。


動画もあります。


前述しましたが、江ノ電は普通鉄道で、
鉄道事業法では併用軌道は禁止されています。


ですから日本で唯一、一般道路の中央を走ります。

併用軌道区間
併用軌道区間



次の「腰越」からは建築限界(レールの上を列車が安全に走行するために、
車両の大きさ以上の空間を確保する必要があり、普通鉄道の建築限界の幅は3800㎜)

ギリギリまでに迫る民家の軒先を走行します。

民家の軒先を走る



これも江ノ電ならではでしょうね。



「鎌倉高校前」からは進行方向右側に湘南海岸が車窓いっぱいに広がります。


湘南海岸




テレビ番組やCMでもおなじみの光景が見られますよ。



ダンナ様のリクエストで「長谷」で下車し、
徒歩10分ほどの位置にある高徳院の国宝鎌倉大仏を見学に行きました。

長谷駅
長谷駅



鎌倉観光の人気スポットだけあって、
ヨーロッパ系・アジア系の観光客もいて賑わっていました。

鎌倉大仏記念ショット



鎌倉大仏は奈良の大仏に次いで日本で2番目に大きく、
台座を含む高さは113.4mあります。
(ちなみにお台場のガンダムは18m。五所川原市の立佞武多は20~23mあります)


1252年から造立され、創建当初は大仏を覆う大仏殿がありましたが、
1495年の明応の大地震による津波で流失したといわれています。


500年もの間、露坐で鎌倉を見続けていらっしゃる大仏様。


何を想われているのでしょうか?



「長谷」に戻り、再び江ノ電に乗車。



終点「江ノ電鎌倉」に到着しました。

江ノ電鎌倉駅
江ノ電鎌倉駅



こちらの車止めには親子カエルが鎮座していました。

鎌倉駅の車止めにもカエルの置き物



停車していた1500形電車の写真を撮っていたら、
正面の行先表示器の図柄が「桜」から「鳥居」に変わりました。

1500形電車
1500形電車




季節によって図柄が変わるそうです。


「鎌倉」はJR東日本と江ノ電の共同使用駅になっています。


せっかく鎌倉に来たのですから、
散策へと参りましょうか。


JR「鎌倉」東口駅前に鳥居型のシンボルタワーがあり、
そこから約360mの区間が小町通りになります。

鎌倉小町通り



ダンナ様は食べ歩きが出来る小町通りが大好きで、
早速焼きたてせんべいを食べていました。


ランチは鎌倉名物釜揚げしらす丼をダンナ様がチャレンジしました。
(オバ鉄はしらすが苦手でパス!!ダンナ様の感想は○○○○でした)

釜揚げしらす丼



通りを歩いていると、トントコという包丁の軽快なリズムが聞こえてきて、
店の中に入ってみると、そこは飴の専門店松屋の飴総本舗でした。
飴切り人形




飴切りというと川崎大師の参道が有名で、
飴切り人形が飴をリズムカルに切っています。


包丁を扱っていたのは、お店の方でしたが、
ダンナ様は「いやー、飴切り人形かと思いました」って、
女性に対してその発言はセクハラでしょ!!


お詫びに「せき止飴」を購入しました。


小町通りから鶴岡八幡宮へ向かいます。

鶴岡八幡宮と桜



鶴岡八幡宮のシンボルといえばご神木の大銀杏の木ですが、
2010年3月に強風のため倒れてしまいました。


鶴岡八幡宮には何度か訪れていますが、
大銀杏の木があるべき場所にないと寂しいですね(*_*)
倒伐した大胃腸




倒れてから4年の月日が経ちましたが、残った根から
奇跡的に芽吹いて若木がすくすくと育っていました。


また、かつてのような大木に育ってほしいと祈願し、オバ鉄夫婦は鎌倉を後にしました。



ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

飯山線 観光列車キハ110系おいこっと 

2017.09.19(13:34)
飯山線 観光列車キハ110系おいこっと 第502回



2015年 5月のゴールデンウィークの家族旅行は
車で上信越地方に出かけました。


初日の5月2日は群馬県草津町の草津温泉に立ち寄りました。


オバ鉄、初めて草津温泉の人気スポットであり、
シンボルでもある「湯畑」を見ましたよ(*´ω`*)

草津温泉湯畑



湧き出た湯を7本の木樋に通して高温の湯を外気によって冷やしているそうです。


そして圧巻なのが湯滝!!

湯滝



エメラルドグリーンに見えるのはイデュコゴメという
珍しい藻類が生息しているからだそうですよ。


オバ鉄ファミリーは日帰り温泉施設「御座之湯」に入浴し、
草津白根山へ向かいました。


昨年5月に訪れた際は濃霧で湯釜が見られず、
捲土重来を期し、再チャレンジをしたのですが、
なんと噴火警戒レベル2のため、
火口から1km以内の立ち入りが制限!!( ゚Д゚)


ここまで来て無念の撤退ですorz…


でも草津温泉から志賀高原までをつなぐ国道292号通称
「志賀草津高原ルート」の渋峠にある日本国道最高地点石碑(標高2172m)の写真は
カメラに収めることが出来ました( *´艸`)

日本国道最高地点石碑



この日は松本に宿をとりました。


翌3日は毎年恒例の岐阜県高山市へ。


ダンナ様と鉄系息子はさんまち通りで食べ歩きをするのが好きなんです。

飛騨高山さんまち通り
飛騨高山さんまち通り



みたらし団子・牛串・飛騨牛コロッケ・手焼きせんべい…etc…


もう、オバ鉄は彼らの胃袋にはついて行けず、
一人喫茶店でお茶をしていました。


宿泊先の松本へ帰る途中、開田高原を経由したのですが、
国道361号線沿いの九藏峠展望台に立ち寄りました。


展望台からは御嶽山の大パノラマを一望でき、素晴らしかったですね。

開田高原から望む御嶽山



御嶽山といえば2014年9月27日に水蒸気爆発が発生し、
死者・行方不明者が63人にのぼり、戦後最悪の火山災害となりました。


オバ鉄は手を合わせ、犠牲者の方のご冥福をお祈りしました。


5月5日 いよいよ本題の快速おいこっとに乗車します。


まず向かったのはJR長野駅。

リニューアルしたJR長野駅



2015年3月の北陸新幹線金沢延伸開業に伴い、
5代目駅舎に建て替えられたJR長野駅(善光寺口のみ)


長野市産のスギ材を使用した大庇と列柱は
信都長野市の歴史と伝統をかんじさせる重厚なデザインで、好感が持てました。

大庇と列柱



個人的には3代目の仏閣駅舎の方が好きでしたけど…



2015年は善光寺の七年に1度の御開帳の年。


駅舎内は御開帳歓迎ムードでいっぱいでした。
善光寺7年に1度の御開帳



快速おいこっとの発車番線は4番線ホーム。

快速おいこっと発車標



4番線ホームに向かうと5番線ホームにはハイブリットシステムを搭載した
HB-E300系リゾートビューふるさとが入線していました。

快速リゾートビューふるさと



そして7番線ホームには485系を改造した
ジョイフルトレイン快速いろどり御開帳号が停車していました。


快速いろどり御開帳号



ヘッドマークには長野県PRキャラクターのアルクマくんが…
しかも善光寺の被り物をかぶっていましたよ(ス…スゴイ!!)


御開帳号ってもしかして七年に1度しか出会えないんですかね…


4番線ホームには一目、快速おいこっとを見たいという鉄道ファンが集結していました。

キハ110系快速おいこっと



快速おいこっとはJR東日本が飯山線に導入した観光列車で、
長野ー十日町間を運行します。


長野総合車両センター所属のキハ110系気動車を改造。


車体はアイボリーとエンジというカラーリングに
五線譜をイメージした格子線に唱歌ふるさとの歌詞に登場する
「兎」「山」「小鮒」「川」などがアイコン化され組み合わされているという、ちょっと風変わりなデザイン。

快速おいこっと五線譜をイメージした格子線



「おいこっと」というネーミング自体もかなりユニークですよね。


初めて聞いた時は

「えっ!! それ、どういう意味?」って思いましたもん。


東京「TOKYO」のローマ字表記を逆読みした
「OYKOT」だそうで、

「日本人が思い描くふるさとをイメージしていただくため、
東京の真逆にあるという意味」らしいです。


う~ん、奇抜な発想だけどちょっと捻りすぎのような感がいたします。


客室の内装のコンセプトは
「田舎のおばあちゃんのうち」だそうで、
シートは座布団柄、日除けのスクリーンは障子風と凝っています。



座席配置は、飯山方面進行方向右側がロングシートと2人掛けボックス席。
(こちら側が千曲川側です)


左側がロングシートと4人掛けボックス席になっています。

快速おいこっとロングシート



2人掛け・4人掛けともにセンターに収納式のテーブルがあります。
(収納式のはずなんですが、固定されていました)

2人掛けボックス 
2人掛けボックス 快速おいこっと



4人掛けボックス
4人掛けボックス席 快速おいこっと



車内はスタンプ台も設置されていました。

スタンプ台 快速おいこっと




動画もあります




9時15分 いよいよ快速おいこっとは「十日町」に向けて出発です。
(快速おいこっとの運転日はJR東日本のHPでご確認下さい)


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

東京総合車両センター 夏休みフェア2017・ノントラ 

2017.09.12(14:35)
東京総合車両センター 夏休みフェア2017・ノントラ 第501回


2017年 8月26日 オバ鉄夫婦は東京都品川区に所在する
JR東日本の東京総合車両センター(TK)夏休みフェア2017に行って参りました。

東京総合車両センター夏休みフェア2017



東京総合車両センターの最寄り駅京浜東北線大井町駅中央口改札を出て1階に降りてみると、

えっ!まさかまさかの大行列!!orz

JR大井町駅




車両センターまでは中央口改札より徒歩10分もあるのに、
もう並ぶんですか!!( ゚Д゚)

大井町駅前から行列




この日の天気予報は曇りのち雨、気温31度でしたが、
予報は大外れでカンカン照りの34度!!


炎天下の中30分も並び、やっと車両センターに辿り着いた時には、
ダンナ様は軽い熱中症でダウンしてしまいましたorz

(炎天下の中並ぶ際は帽子と水は必須ですよ)



ダンナ様は建物の中に避難し、オバ鉄にある人物を探し、
写真を撮ってきてほしいと依頼。



オバ鉄はある人物を探すため広大な車両センターを一人で歩きだしました。

JR被害日本東京総合車両センター



東京総合車両センターのルーツは明治4年、新橋に新橋工場が開設されたところまで遡り、
日本最古の車両基地だそうです。


大正4年 新橋から現在地に移転し、大井工場と名称を変更。


平成16年車両工場の大井工場と車両基地の山手電車区が合併して
東京総合車両センターとして発足しました。

東京総合車両センター沿革
東京総合車両センター沿革




この車両センターではJR発足後京浜東北線・根岸線で運転をしていた
209系とそれ以降の新系列車両のメンテナンスに関する中心的役割を担っているそうです。


西エリア(旧大井工場エリア)の正門を入った左手に
クハ901-1号車が保存されています。

クハ901-1号車



JR東日本は会社発足当初より次世代通勤電車の開発に着手し、
平成4年 量産先行車901系を制作し、
比較検討後209系を制作したそうです。

あらっ!!オバ鉄の目の前をミニチュアホースが横切りました。

ミニチュアホース



そういえばピエロもいましたね。


オバ鉄は仙台支社の新幹線総合車両センターと
長野支社の長野総合車両センターの一般公開イベントに行ったことがありますが、
TKの一般公開ってちょっと趣が異なっている感じ?


11時20分 東京総合車両センター人気のイベント車体上げ下ろし実演が始まります。


オバ鉄、これだけは見たかったのでダンナ様には悪いけど見学に行きました。


車体上げ下ろし場内の天井クレーン直下の位置に
E233系2000番台1両が置かれてあります。


無線操作式天井クレーンのアームが下りてきて、
アームの爪を車体にひっかけ、車体を吊り上げます。
(台車は予め切り離されています)

車体上げ下ろし実演




オバ鉄、車体が宙を舞う姿を見るのは初めてでこれは迫力満点でした( *´艸`)

天井クレーンで車体移動
天井クレーンで車体移動




車体はクレーンでノントラまで平行移動し、
ノントラの上にゆっくりと降ろします。



ノントラの上でストップ
ノントラの上でストップ



ノントラに降ろす
ノントラに降ろす



ノントラに載せて移動
ノントラに載せて移動



えっ!!「ノントラ」って何?


車両工場に見学に行くとトラバーサーと呼ばれる
車両を水平方向に平行移動させる橋桁のような装置を見たことがありませんか。


「ノントラ」とは「ノン・トラバーサー」という意味で、
東京総合車両センターの独自の設備なのです。

ノントラバーサ
ノントラバーサ




ノントラは車体1両の前後を1台ずつ挟んで車体上げ下ろし場と
車体修繕場を移動します。


今回の実演では建物の外に少し移動しただけでしたが、
なかなか見応えがありました。

動画もあります



ちなみにノントラは日立製でした。


実演を見学後、再び探索を始めましたが、
鉄道グッズ販売コーナーに引っ掛かってしまいましたorz
鉄道グッズ販売コーナー




キャー!!すみっこぐらしとはやぶさのコラボぬいぐるみキーチェーンがある( *´艸`)

すみっこぐらし(はやぶさでぶらり)



結局いろいろとグッズを買ってしまいました。
購入した鉄道グッズ




次にE217系の試乗会の会場に行ってみると
やっと探し出しましたよ、ある人物!!

こっそりと写真を撮り任務完了。

E217系試乗会
試乗会にE217系




本当は車両展示も見学したかったんですけどね。


ダンナ様が待っているから後ろ髪を引かれる思いで戻りました(*_*)








ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

上信電鉄 上州のシーラカンス見ました 第484回

2017.05.16(14:04)
上信電鉄 上州のシーラカンス見ました 第484回



2014年 5月5日 長野家族ドライブ旅行の3日目、
松本から志賀高原経由で群馬県の白根山へ。


ところが、この日は大雨で白根山付近は濃霧で何も見えず、
諦めて本日の宿泊地上田へと向かいました。


収穫は上田市真田町で見た元上田交通真田傍陽線の北本原駅名標ぐらいでしょうか…

北本原駅名標



翌6日 茨城の自宅へと帰る途中、ちょっと寄り道…



向かったのは群馬県に所在する私鉄上信電鉄です。


上信電鉄はJR大手私鉄以外の現存する地方民営鉄道の中では、
愛媛県の伊予鉄道に次いで2番目に古く、由緒ある鉄道会社です。


上信電鉄上信線は高崎(群馬県高崎市)-下仁田(群馬県下仁田町)を結ぶ33.7kmの路線。




全線群馬県(上野)を走るのになんで上信なの?
と疑問に思いますよね。


実は下仁田から長野県(信濃)南佐久郡佐久穂町まで延伸する計画を立て、
開業当初の上野鉄道から上信電気鉄道に社名まで改称しましたが、
実現しなかったそうです。


オバ鉄親子は終点の「下仁田」から乗車。
(ダンナ様は車で高崎へ移動)

上電下仁田駅



「下仁田」は関東の駅百選に認定されている昭和の風情を醸し出すレトロな駅舎。



出札窓口の上に「ねぎとこんにゃく下仁田名産」と書かれた
上毛かるたの札が掲げられてありました。

下仁田駅舎内



上毛かるたとは群馬県(上毛)の子供に
群馬県の名物歴史などを教えるために
1947年(昭和22年)に発行された郷土かるたです。


下仁田町の特産品といえば、コンニャクと下仁田ネギ。


下仁田ネギは柔らかくて煮込むと甘くて、オバ鉄大好物です( *´艸`)



改札を入ると頭端式ホーム1面2線で構内は意外と広かったです。


乗車したのは元西武101系電車で、マンナンライフラッピング車。

元西武101系電車とクモハ151



こんにゃくゼリーで有名な㈱マンナンライフの本社は
下仁田町のお隣の富岡市に所在します。



「下仁田」を発車すると鏑川沿いの山間部を走行します。


「南蛇井」(なんじゃい)は、難読駅名というよりは、
珍駅名と申した方が合っていますね。

南蛇井駅



そのユニークなイントネーションからテレビのCMに起用されたとか…


地名の由来は諸説有り、この地に住んでいたアイヌ系の人々の言葉で
「川幅が広い場所」を意味する「ナサイ」という説と、


周辺の井戸から大蛇が現れたという説などがあり、確定されていません。


「南蛇井」は私鉄で唯一「蛇」の文字が入っているそうで、
2013年の巳年には記念切符が発売されました。


そういえば、JR東日本の八戸線に「大蛇」、
仙石線に「蛇田」という駅名がありました。


意外と「蛇」の付く駅名って少ないです。


車窓後方からは日本三大奇勝の一つに数えられる妙義山が望めます。

妙義山



「上州一ノ宮」は上野国の一宮である一之宮貫前神社の最寄駅。

上州一宮駅名標




縦型駅名標のレトロで味わい深いこと!!( *´艸`)



「上州富岡」といえば、2014年6月 ユネスコ世界遺産に登録された
富岡製糸場の最寄駅(徒歩12分)。

上州富岡駅



富岡製糸場は1872年明治政府が官営の模範工場として設立した器械製糸場。


1987年に操業を停止しましたが、ほぼ完全な形で保存されているそうです。


オバ鉄はまだ見学したことがなく、訪れてみたいのですが混んでいるでしょうね。



駅舎は3代目で2014年3月17日に開業したばかりです。


「東富岡」では富岡製糸場の大きな看板がホームに設置されていました。

東富岡駅



「上州福島」で気になる看板を発見!!

上州福島駅



「織田宗家ゆかりの地」ですって!!



戦国時代の武将織田信長の子孫にあたる(信長の次男信雄の4男)織田信良が
上野小幡藩を立藩し、その城下町だったそうですよ。


「馬庭」と書いて「まにわ」と読みます。

馬庭駅



ちょうど今年は午年!!


ひとつの路線で巳と午の駅名があるなんて偶然にしてはスゴすぎますね(*´ω`*)


もちろん記念切符も発売されました。

記念切符




「馬庭」から徒歩25分の位置に日本三大古碑の一つ「多胡碑」があります。


碑文の内容は711年(奈良時代)、新しく多胡郡が誕生したことを記し、
「羊」に支配を任せるというものです。


この「羊」の解釈をめぐって長い間論争されてきました。


「羊」は渡来人であるという見解が多く、ゾロアスター教の中央アジア人であるとか、
ユダヤ系キリスト教徒、景教教徒説など諸説有り、ロマンが掻き立てられます。


上越新幹線の高架をアンダーバスすると、
やがて車両基地の中へと進み、「上電高崎」に到着です。

車両基地
車両基地



上電高崎駅




ホームから上州のシーラカンスの異名をとる
電気機関車デキ1形を望むことができました( *´艸`)

上州のシーラカンスデキ1形




1924年にドイツシーメンスシュケルト社から購入し、
1987年に長年にわたり活躍している鉄道車両に授与される
「エバーグリーン賞」を受賞しました。


現在90歳になったデキ1形ですが、
年に数回イベント列車としてかくしゃくたるお姿を見せているそうです。


動画もあります



高崎名物といえばガトーフェスタハラダの「グーテ・デ・デロワ」ですよね。


【楽天】


高崎駅ビルイーサイト高崎で「グーテ・デ・デロワ」を購入し、
帰ろうとしたら、「ぐんまちゃんSHOP」を発見!!


ぐんまちゃんショップ


ダンナ様は大喜びでした(*´ω`*)


オバ鉄ファミリーの長野家族ドライブ旅行は無事終了いたしました。


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

松本電鉄 なぎさTRAIN 

2017.05.09(14:09)
松本電鉄 なぎさTRAIN 第483回



2014年5月4日 長野家族ドライブ旅行の2日目。


宿泊地の松本から岐阜県高山市へ向かいます。


松本から国道158号線を西へと移動。

約2時間で高山市に到着します。


と、着いたと思ったら早速ダンナ様と鉄系息子は高山名物みたらし団子をパクリ!!

高山名物みたらし団子




あの二人、性格は正反対ですが、
ダンナ様の食べ歩き好きDNAはしっかり遺伝したようです。


食べ終わったら、もう宮川朝市へ移動。



宮川朝市は石川県輪島市朝市、千葉県勝浦市朝市と並ぶ日本三大朝市のひとつです。

宮川朝市




朝市では飛騨牛串を頬張っていました。


飛騨の小京都と呼ばれる高山市、次は江戸時代の面影を残す古い町並みのさんまち通りへ。



ダンナ様はアニメ氷菓の大ファン。



【楽天】

アニメのモデルとなった高山市。


昨年はシリーズで登場した喫茶店バグパイプを訪問しましたが準備中で撃沈orz



今年は営業中で会稽の恥をすすぐことが出来ました。
喫茶店バグパイプ




店内に入ると氷菓のポスターが貼ってあり、舞台探訪マップのパンフレットが置いてあります。

アニメ氷菓のポスター



恐る恐る店内を見渡すと、20代ぐらいの男性客ばかりで、
皆申し合わせたようにパンフレットを持っています。


いやー、これが聖地巡礼、オタクツーリズムっていうのですね。



岐阜県の地方銀行十六銀行は、経済効果は21億円と算出したそうで、
オタクツーリズムも馬鹿に出来ません。


お腹がいっぱいになったら戻ろうって、本当に食べ歩きにきただけなんですね(*_*)



今回はもう1件リベンジしたいスポットがあります。



そこは中部山岳国立公園、高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉に所在する新穂高ロープウェイです。




観光一切なしの鉄系息子がどうしても行ってみないって、珍しいこともあるもんです。



新穂高ロープウェイは、新穂高温泉駅(標高1117m)ー鍋平高原駅(1305m)を結ぶ第1ロープウェイと、
しらかば平駅(1308m)-西穂高口駅(2156m)を結ぶ第2ロープウェイからなっています。



そして、第2ロープウェイは日本初の2階建てゴンドラで、121人も乗れます。

2階建てゴンドラ




眼下に北アルプスの大パノラマが広がり、空中散歩を堪能出来ますよ。



終点、西穂高口駅の屋上に展望台があり、
槍ヶ岳、西穂高岳などの北アルプスの山々が360度の大ロケーションで見渡すことが出来圧巻です。


西穂高岳




西穂高口展望台




ミシュラン・グリーンガイドで2つ星をいただいたそうですよ。



【楽天】


鉄系息子もマウントビューに圧倒されて来てよかったと申しておりました。


全区間の大人往復の料金は2900円。


この日はかなり混雑していて往復で所要時間は2時間以上かかりました。



時間には余裕を持ってプランニングして下さいね。


帰路の鍋平高原駅で第1ロープウェイに乗車してすぐ


「あっクマだ!!  クマがいたぞぉー!!」という叫び声でゴンドラ内は騒然!!


眼下の森の中に野生のクマがいたのです。


判別しにくいと思いますが、一応写真撮りました。


写真中央より左側の黒っぽいのがクマです。


野生のクマ




いやー、野生のサル、エゾシカ、丹頂ツル、リスと遭遇してきましたけど、
一番会いたくない野生のクマを見てしまいました。


ロープウェイの駅の近くにいるだなんてちょっと背筋が寒くなります。



それにしても、2013年北海道の上士幌町の
ヒグマ出没エリアでクマに遭遇しなかったのは幸運でした。



どうせクマなんて出没しないと侮ってはいけませんね。



松本市まで戻ってきてオバ鉄だけ
松本電鉄(現アルピコ交通)新島々駅から上高地線に乗車します。



上高地線に乗車したのは、まだ鉄系息子が生まれる前の25年ほど前。



当時は鉄道ファンではなかったので(アニメオタクでした)
写真も撮っておらす、私鉄完乗を目指しているならば、写真をきちんと撮らなければ…



松本電気鉄道は長野県松本市に所在するアルピコホールディングスの100%子会社で
現在はアルピコ交通という社名になっています。



上高地線は松本ー新島々(松本市)を結ぶ14.4kmの路線。



国道158号線を挟んで反対側に旧島々の駅舎があります。

松電旧島々駅



現在は波田町観光案内所になっています。



「新島々」で電車を待っていると、入線してきたのは

なんと上高地線イメージキャラクター渕東なぎさのラッピング車、
なぎさTRAINではありませんか!!( *´艸`)

新島々駅




オバ鉄、元アニメオタクだったせいか、ラッピング車に偶然遭遇する確率が高いのです。


類は友を呼ぶんでしょうかね…



なぎさTRAINは車体フロントやサイド・ドアの内側にもラッピングが施され、
松電かなり頑張っています。

なぎさTRAINフロント



なぎさTRANサイド



ドア内側にもラッピング




動画もあります



「新島々」の次は「渕東」。

淵東駅名標



渕東なぎさの姓はこの駅名からとったのでしょうか?



「新村」には新村車両所が併設され、
元東急5000系青ガエルが保存されています。

元東急5000系青ガエル




海のない長野県で「渚」ってWHY?

渚駅名標



「なぎ」は険しい地形、「さ」は狭い地形という意味があるそうで、
ロマンチックな名前とは裏腹なんですね。


終点「松本」はJR東日本との共同使用駅。


松電松本駅



7番線ホームに旧社名の「松本電鉄」って書かれてあって、「アルピコ交通」じゃないのかな~?



ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関東甲信 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ