TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||

中国地方

>>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<<
このブログで紹介している写真 文章 動画等の著作は当管理人の著作です
 無断での転記 複製等は 一切禁止いたします。
※更新は週1回木曜以降です☆
  1. 三江線 天空の駅 宇都井駅に行きました(02/09)
  2. 広島グリーンムーバーマックスサンフレッチェ電車に乗りました(03/04)
  3. 因美線・姫新線に乗りました(03/06)
  4.  路面電車王国広電を完乗しました!(02/27)
  5. 錦川鉄道に乗りました♪(02/21)
  6. 木次線奥出雲おろち号に乗りました♪(02/07)
  7. 一畑電車に乗りました♪(01/31)
  8. 水島臨海鉄道に乗ってきました!(11/21)
  9. 津山線 井原鉄道  水島臨海鉄道にチャレンジしました!(11/14)
  10. 北近畿タンゴ鉄道宮津線に乗りました(08/02)
次のページ

三江線 天空の駅 宇都井駅に行きました

2016.02.09(13:50)
三江線 天空の駅 宇都井駅(第418回)



2015年の仕事納めは例年より2日遅い29日でお正月休みに
廃止が検討されている三江線に乗車する予定が御破算になってしまいました。


三江線全線走破が無理ならば、あの駅だけ訪ねてみようということになりましたが…



2015年 12月30日 「東京」からのぞみN700Aに乗り「広島」へ。


2014年の年末も広島を訪問したのですが、
1年経過した現在でもまだJR広島駅は橋上駅化工事の真っ最中。

JR広島駅改良工事中




相も変わらず駅南口と新幹線口を結ぶのは
古い地下道だけで、1日も早く南北自由通路が開通してほしいです。
(橋上駅舎の完成は2017年度の予定だそうです)


広島駅前でレンタカーを借り、一路島根県邑南町を目指します。



広島自動車道、中国自動車道、浜田自動車道を経由し、
広島駅から88km、約1時間35分で(ナビの所要時間は1時間50分でした)

目的の三江線宇都井駅に到着です。


宇都井駅は山に挟まれた山間部にトンネルとトンネルを繋ぐ形で架けられた高架駅。


天空の駅宇都井駅遠景



その様子から「天空の駅」と呼ばれています。


道路の反対側にそそり立つ天空の駅とは対照的な小ささの「JR宇都井駅」の案内標識が掲げられていました。

JR宇都井駅案内標識



高架橋の真下から上を見上げると、その高さに圧倒されます。

天空の駅宇都井駅近景




ホームと待合室は地上20mの高さにあり、日本一の高さを誇っています。


おや、高架橋の下に南天が赤い実をつけていますね。

南天の実と高架橋宇都井駅




宿はなしさんのフラワーショットをちょっと真似してみました(笑)



巨大な塔のような建物は階段棟です。


宇都井駅階段棟と高架橋




この駅にはエレベーターやエスカレーター等の昇降機設備の設置はなく、
116段の階段を上らなければ、ホームに辿り着けませんorz


それでは、階段を上って行きますか…


宇都井駅階段棟入口




まるで団地の階段でも上っているかのような雰囲気です。



ご親切に階段の踊り場に残りの段数が表示されていて、有り難かったです。


宇都井駅階段16段



「あと16段…」  


宇都井駅の待合室が見えてきました。

宇都井駅待合室



宇都井駅は無人駅ですが、地元住民の方が掃除に来て下さっているそうで、室内は大変綺麗です。


ベンチには座布団が置かれてあり、駅ノートも備えられていました。



宇都井駅ベンチに座布団駅ノート



オバ鉄親子が三江線に乗車したのは2012年3月。


その日は時ならぬ雪で宇都井駅に到着すると、地元の方がホームの除雪をしていました。


わざわざ116段の階段を上り、乗降客のためにホームの除雪をして下さることに
胸が熱くなったことを覚えています。



地元住民の方の善意でこの駅は清潔に保たれ、機能しているのですね。



本当に感謝の念に堪えません。



待合室の壁には三江線標準時刻表が掲げられています。


三江線標準時刻表




1日4往復では列車で訪れて下車するのは厳しいですね。



ホームに出て前回撮り損なった駅名標をパチリ!!

宇都井駅名標




待合室を背にして、左手が三次方面、右手が江津方面になります。

三次方面
宇都井駅ホーム三次方面



江津方面
宇都井駅ホーム江津方面




地上20mの高さから望む谷間の集落は日本の原風景といった感じの長閑な風景。

宇都井駅ホームからの眺望



ダンナ様は「景色も素晴らしいけど、何と言っても駅がいいよね。
こんな珍しい駅があっただなんてここまで連れてきてくれてありがとう」


大満足の様子でした。



ダンナ様も鉄道に魅了され、どっぷりと浸かり始めたようです。



動画もあります!




オバ鉄ファミリーは宇都井駅を後にし、広島へと戻りました。



広島のソウルフードといえば、「広島お好み焼き」。

広島お好み焼き




広島お好み焼きは生地、野菜、肉、ソバを別々に焼いて、最後に合体させるんですよね。



だからソバが軽く焦げ目が付いていて、
それがパリパリとして食感で美味しいんですけど、

生粋のIBAJINのダンナ様は、生地に野菜や肉そばを混ぜて
ふんわり焼いた関東風じゃないとお口に合わないそうです。



鉄系息子が珍しく「この軽く焦げた食感が旨いんだよ!!」



と反論していました。



広島駅南口から路面電車の広島電鉄に乗り、今宵のビジネスホテルへ向かいます。




広島電鉄

広島電鉄




おや、今年も官民共同のイルミネーション事業、

「ひろしまドリミネーション 2015」が開催されていました。

ひろしまドリミネーション2015




いよいよ明日31日は待ちに待ったこだま730号500TYPE EVA コックピットに搭乗します!!


「オバ鉄、行きま~す!!」って、ガンダムでしたね(@_@;)




ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
スポンサーサイト
ページ上部へ
中国地方 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

広島グリーンムーバーマックスサンフレッチェ電車に乗りました

2015.03.04(13:58)
関西の旅① 広電グリーンムーバーマックスサンフレッチェ電車(第368回)



2014年 年末の家族旅行は関西方面に決定!!


12月28日 初日 オバ鉄夫婦、鉄系息子はN700系のぞみで一路「岡山」へ。


「岡山」で鉄系息子と別れたオバ鉄夫婦は、レンタカーを借りて、
古代吉備王国が栄えた伝説とロマンが残る吉備路へと出発しました。


まず最初に向かったのは、備前国の一の宮、桃太郎伝説で知られる吉備津彦命を祀る「吉備津彦神社」。


神社の随身門を入った境内の左右にあるのが、日本一大きな大燈籠。

吉備津彦神社大燈籠



総高11.5mもあり圧巻です。


聖地吉備の中山の西に位置するのが「吉備津彦神社」。


そして、東に位置するのが備中国の一の宮「吉備津神社」。


こちらも吉備津彦命と吉備津彦に成敗された温羅を祀っております。


ここでワンポイント情報!!


お伽噺の桃太郎のルーツは「温羅伝説」から起因しているといわれています。


崇神天皇の時代、異国の鬼神「温羅」が悪事を働くので、
大和朝廷は吉備津彦命を派遣し、温羅の首をはねました。


ところが、温羅の首は何年も唸り声を上げ続けたので、
吉備津神社の御釜殿の竃の下に埋められたんだそうです。


本殿は比翼入母屋造で手前に切妻造の拝殿が接続し、合わせて国宝に指定されています。

吉備津神社本殿と拝殿



総延長398mの長い回廊を下って行くと、鳴釜神事で有名な御釜殿に至ります。

398mの回廊
398mの回廊



鳴釜神事のお釜殿
鳴釜神事の御釜殿




次に向かったのは「こうもり塚古墳」。


吉備路風土記の丘周辺には古代吉備王国の勢力を物語る古墳が点在しています。


こうもり塚古墳は6世紀後半の築造と推定される全長100mの前方後円墳。

こうもり塚古墳



奈良の石舞台古墳にも匹敵する横穴式石室から
巨大な刳り抜き式家形石棺を覗き見ることが出来ました。

刳り抜き式家形石棺



吉備路のハイライトといえば、奈良時代、聖武天皇の勅願によって建立された備中国分寺の五重塔。

備中国分寺五重塔



ゆっくりと散策したかったのですが、雨が本降りになってきて、
傘を持ち合わせていなかったオバ鉄夫婦は早々に岡山の宿泊先へ戻りました。


翌29日 「岡山」から「広島」そして、「宮島口」へと移動。


「宮島口」といえば、2012年、宮島口桟橋まで行きながら、宮島観光をせずに無念の撤退!!


今回やっとリベンジできますヽ(^。^)ノ


宮島へのアクセスはJR西日本宮島フェリーか、宮島松大汽船があります。



いずれも所要時間10分。
片道170円。


やはり鉄ちゃんとしては、JR西西日本宮島フェリーを利用してあげないと…

JR宮島口駅
JR宮島口駅




宮島桟橋から御笠浜経由で厳島神社へは約15分ほど歩きます。


途中、神の使いである鹿サマと記念ショット!!

神の使い神鹿と記念ショット




宮島は島全体が神の島と崇められ、陸地に建てるのは畏れ多いと海中に社殿を建築した厳島神社。


その神社のシンボル大鳥居はちょうど干潮時にあたり、
御笠浜に降りて大鳥居の下まで歩いて行けました(感涙!!)

宮島干潮時の大鳥居




干潮時の厳島神社も風情がありますね(*^_^*)

干潮時の厳島神社



参拝後は初トライ宮島ロープウェイへGO-!!

(神社から宮島ロープウェイまでは山道を20分ほど歩きますので体力に自信のない方は、無料送迎バスを利用してください。)



宮島の最高峰「弥山」(標高535m)は、806年弘法大師空海により開基された霊山。


循環式と交走式の2種類のロープウェイを乗り継いで獅子岩駅に到着。(約20分)



ここから弥山山頂までは徒歩30分の距離ですが、
オバ鉄夫婦は足腰に自信がないのでパスしました。


獅子岩駅2階に恋人の聖地「誓いの火」というモニュメントなるものが設置されていましたよ。


なんでも空海が弥山で護摩を焚いて求聞持の秘法を修したそうですが、
この時に使われた使われた火が1200年以上たった今も「消えずの火」として守り継がれていて、そこから恋のパワースポットになったとか…


欧米系のカップルが記念ショットを撮っていたんですよ。

驚きです!!



オバ鉄夫婦は獅子岩展望台から瀬戸内の多島美を満喫!!

獅子岩展望台から望む瀬戸内海



広島湾の向こうに呉や江田島も望むことが出来て、大パノラマに感激しました。

呉・江田島方面



厳島神社まで戻って来ると、潮が満ちてきて、大鳥居はすっかり海の中!!

満潮時の大鳥居



干潮時、満潮時の大鳥居を見ることが出来て、得した気分です♪


宮島桟橋に向かう途中、表参道商店街に寄り道しました。


ダンナ様は宮島名物もみじまんじゅうを大人買いしていましたよ。



今どきのもみじまんじゅうって、みかん、レモン、イチゴ、栗、チーズとかバリエーション豊富でびっくりしました。


今宵の宿泊先の「広島」に戻り、ホテルが所在する広島タウンの
繁華街へ広島電鉄の路面電車で移動します。


JR広島駅南口広場にある広電広島駅には、路面電車王国と称されるだけあって、
次から次へとバラエティーに富んだ車両が入線してきます。


元大阪市電、元京都市電、グリーンムーバー、グリーンライナー等々、見ていて飽きることはありません。


オバ鉄夫婦が乗車したのは国産超低床車5100形グリーンムーバーマックスで、日本プロサッカーリーグのチーム、サンフレッチェ広島F.Cのラッピング車「サンフレッチェ電車」でした。

広電5100形グリーンムーバーマックスサンフレッチェ電車




「中電前」で下車すると見慣れない車両と遭遇!!


広電電車開業100周年記念車両1000形ピッコロ・ピッコラでした。

1000形ピッコロ・ピッコラ



イタリア語で「小さい」という意味だそうで、
車体のカラーリングはアニバーサリーレッドでした。

広電の動画もあります!


ホテル前の平和大通りでは、おとぎの国をコンセプトに
「ひろしまドリミネーション2014」が開催されていて、煌めくメルヘンの世界に魅了させられました。

ひろしまドリミネーション2014



広島のソウルフードといえば「お好み焼き」!!

広島お好み焼き



オバ鉄は九条ネギをたっぷりトッピングしていただきました。

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
中国地方 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

因美線・姫新線に乗りました

2013.03.06(14:32)
中国地方ローカル線の旅⑥因美線・姫新線に乗りました(第264話)


第1話>>http://obatetu.blog98.fc2.com/blog-entry-285.html


2012年 7月30日 中国地方のJR線も残すところ因美線と姫新線の一部だけとなりました。


その2路線を制覇する前にスカイレールにトライします。


「広島」から山陽本線糸崎行きで「瀬野」に移動。

車両は元国鉄115系2000番台。

ひろしま清盛ヘッドマーク115系電車




NHK大河ドラマ「平清盛」の放送開始に伴い
「ひろしま清盛」のヘッドマークを取り付けて運転していますが
視聴率が低迷していて心成しか電車も元気がなさそう…


スカイレールは広島市の住宅団地「スカイレールタウンみどり坂」への交通機関として
スカイレールサービス株式会社がモノレール路線を運行し「みどり口」-「みどり中央」までを結んでいます。




スカイレールは懸垂式モノレールとロープウェイを組み合わせたよう
な新交通システムで軌道法による特許を受けています。

懸垂式モノレール
懸垂式モノレール




世の中には様々な形態の交通システムがあるものですね。






スカイレールみどり口駅はJR瀬野駅の橋上駅舎に直結していて
「みどり口」から終点の「みどり中央」までは5分で結びます。

JR瀬野駅とスカレールみどり口駅
JR瀬野駅とスカイレールみどり口駅




26‰の急勾配(ケーブルカー以外では日本一の急勾配だそうです)を一気に上って行き、
遊園地のアトラクションに乗っているような感じで楽しかったですよ。




オバ鉄親子は「岡山」へ移動し、
特急スーパーいなばキハ187系500番台に乗車し、「JR智頭」で下車。

キハ187系500番台特急スーパーいなば




JR智頭駅
JR智頭駅




「JR智頭」から「津山」までの因美線の未踏区間を乗車します。


車両はキハ120形300番台。


津山行きキハ120形300番台





列車は「智頭」を発車し次の駅「土師」を過ぎると勾配を上って行きます。


「那岐」を過ぎトンネルの中に入ると、突然列車が止まりました。



「あれ?トンネルの中に駅でもあるのかな…」


運転士が「列車はオーバーヒートのためただ今停車しています。
運転再開まで暫くお待ちください」とアナウンス。

乗客は7人(おそらく全員鉄道ファンと思われる)いましたが、
驚きの声も不安の声も一切上がらずシーンとしていました。


オバ鉄、トンネルの中で列車が立ち往生するのは初めての経験で、
正直、暗くて閉鎖された空間で再開を待つのは不安でいっぱいです。


幸運にも10分ほどで運転が再開してくれてホっと胸をなでおろしました。





「知和」は秘境駅で昭和6年開業の木造駅舎が趣深い感じでした。


秘境駅知和




進行方向右手車窓に津山城が見えてくると終点「津山」に到着。


「津山」から姫新線の未踏区間「津山」-「姫路」にトライします。


姫新線は姫路(兵庫県姫路市)-新見(岡山県新見市)を結ぶJR西日本の路線ですが
全線を通して運行される列車はなく運転系統はおおむね姫路ー佐用、佐用ー津山、津山ー新見の3つに分かれます。




佐用行き120形300番台に乗車。


「東津山」を過ぎると因美線と分岐し中国地方の山間部を進んで行きます。


「美作江見」は兵庫県と鳥取県と境を接し、剣豪二刀流で有名な宮本武蔵の生誕地とされています。
(播磨国という説もあり)

美作江見駅



「上月」に到着すると駅名標のラインカラーが朱色に変わりました。

上月駅



姫路―上月間は神戸支社姫路鉄道部の管轄でラインカラーは赤とんぼをイメージした朱色になります。



終点「佐用」はJR西日本と智頭急行の駅。

佐用駅




「佐用」から播磨新宮行きキハ122形0番台に乗車。
播磨新宮行きキハ122形0番台




キハ122系はJR西日本のローカル線用気動車とは思えないぐらいグレードアップされた車両でびっくりです(@_@)



「播磨新宮」駅のホームに降り立つと手延素麺揖保乃糸の工場があるではありませんか!
播磨新宮駅と揖保の糸工場




オバ鉄揖保乃糸の特級品が大好物!!



そしてそうめんのつゆはヒガシマル醤油がグッドです。







「播磨新宮」から姫路行きキハ127形1000番台に乗車。


「播磨新宮」から4つ目の駅は「余部(よべ)」。

余部駅



同じ兵庫県内にある山陰本線の駅「余部(あまるべ)」はあまりにも有名ですが、
実は姫新線の「余部」のほうが昭和5年開業と歴史が古く重複を避けるため、
山陰本線の漢字表記を「餘部」にした経緯があります。



「津山」から約3時間、終点「姫路」に到着。


姫新線を全線完乗し、これで中国地方のJR線も完乗できましたヽ(^。^)ノ



ホームから大天守保存修理中の姫路城が見えたのが印象的でした。

姫路城大天守保存修理中



本日はドーミーイン姫路に宿泊。


フロントでドーミーインコと姫路市のキャラクターしろまるひめが迎えてくれました。
しろまるひめとドーミーインコ




朝食のメニューに素麺があって終わり良ければすべて良し。


ハッピーな旅行でした(*^_^*)


JR線146路線18473.6km(秋田・山形を除く新幹線営業キロを含)乗車。


乗車率92%

(2013.3.6現在)


>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
中国地方 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

 路面電車王国広電を完乗しました!

2013.02.27(14:04)
中国地方ローカル線の旅⑤ 路面電車王国広電を完乗しました!(第263話)


第1話>>http://obatetu.blog98.fc2.com/blog-entry-285.html



オバ鉄が子供の頃、東京でも路面電車が走っていました。


自動車の普及が進行し、路面電車は渋滞の元凶とされ次々と姿を消し、
地方で細々と生き残っている、そんな感じでした。


ところがエコという観点から路面電車が見直され始め
また交通バリアフリー法により超低床車が登場し、路面電車は飛躍的に進化しています。


今回は路面電車王国と称される広島電鉄にチャレンジ!







広島電鉄は広島県に所在する私鉄で軌道線6路線8系統と鉄道線宮島線を運行しています。


2012年7月29日 JR広島駅南口広場にある広電広島駅では次から次へと引っ切り無しに路面電車が発着します。


単行車、連接車、廃止となった鉄道事業者から購入した電車。


さながら路面電車の博物館、パラダイスでありますヽ(^。^)ノ


オバ鉄親子は1日乗車券(大人600円)を購入し、8系統完乗に挑みます=3








まずは5号線に乗り広島港へ移動。


車両は750形で元大阪市電。
750形元大阪市電




昭和40年に広電に移籍したもので、フローリングは木材を使用
レトロな雰囲気が漂っています。

元大阪市電車内
750形元大阪市電車内



今年7月に伊予鉄、土佐電気鉄道の路面電車の完乗をしましたが、
半日以上電車に乗っているとさすがにおトイレ様のお世話にならないわけにはいかず、
かといって電車内はもちろん電停にもトイレの設置はなくかなり苦労しました。
(鉄系息子は電停近くのホテルに堂々と入って行きましたよ!!(ー_ー))


路面電車の完乗をする場合、トイレ休憩タイムも考慮してプランニングしましょう。







広島港駅では1900形元京都市電をみることができました。
1900形元京都市電




「広島港」から1号線に乗車し「八丁堀」へ。


乗車したのは「U3」プロジェクト
(究極の「ULTIMATE」)・都会的な「URBAN」・人に優しい「USER FRIENDLY」)で
誕生した国産初の完全超低床車5100形Green mover max。 

Greenmovermax.jpg



丸みを帯びた先頭形状、ホワイトとライトグリーンの車体。


全長はなんと軌道法最長の30m。


道路上を30m5連接の路面電車が走行する様は圧巻です。


車内
Greenmovermax車内








「八丁堀」から6号線に乗車。


途中、進行方向左手に負の世界遺産に登録されている「原爆ドーム」が車窓から望めます。

原爆ドーム




終点江波駅には広電の江波車庫があります。

江波車庫




江波駅名標



「江波」から「土橋」を経由し、2号線に乗車。




2号線は「広電西広島」までは軌道線で、
広電西広島―広電宮島口間は鉄道路線となり、路面電車が直通運転します。

広電西広島駅
広電西広島駅





「広電宮島口」から徒歩2分ほどで宮島口桟橋に着きます。


宮島
宮島



桟橋からは世界遺産厳島神社の朱塗りの大鳥居が見えるのに、
ここまで来て宮島に行かないだなんて悲しい…orz


鉄系息子は観光にはまったく興味がないのです。


2時間ぐらい観光タイムを作ってほしいと申したら
「全線完乗したいんでしょ」とにべも無く言われ撃沈です。




オバ鉄親子は広島市内の「本通」まで戻り
、広島高速交通(第三セクター)の新交通システムアストラムラインで
終点「広域公園前」まで乗車し、折り返しでJRの可部線とアストラムラインが乗り入れている「大町」で下車。


アストラムライン
アストラムライン




JR大町駅とアストラムライン
JR大町駅とアストラムライン




「JR大町」から「可部線」に乗り換えます。



動画もどうぞ^^







可部線は横川(広島市)-可部(広島市」を結ぶJR西日本の路線。


車両は105形500番台です。

可部行き105形500番台



「JR大町」から約17分ほどで終点「可部」に到着しました

可部駅



「可部」駅のみどりの窓口でメガイコちゃんとスマートイコちゃんを発見!!

メガイコちゃんとスマートイコちゃん



しかもメガイコちゃんの頭部は我が家のメガイコちゃんと同様に陥没しているではありませんか!!


我が家のイコちゃんは鉄系息子が受験のストレス発散のため
ボコッてしまったのです(ううっ可哀相..)


可部駅のイコちゃんもボコられているのかな..



オバ鉄親子は「JR横川」で下車し、
「広電横川」から7号線に乗車して広電の全路線を完乗しましたヽ(^。^)ノ





>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
中国地方 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

錦川鉄道に乗りました♪

2013.02.21(11:32)
中国地方ローカル線の旅④ 錦川鉄道に乗りました♪(第262話)


第1話>>http://obatetu.blog98.fc2.com/blog-entry-285.html



2012年7月28日 宿泊先の「広島」からこだま700系レールスターで「新岩国」へ移動。



駅前のバスターミナルで島耕作バスの看板を発見!!ヽ(^。^)ノ
新岩国で島耕作バスの看板




マンガ「課長島耕作」で有名な弘兼憲史氏は山口県岩国市出身だったのですね。


マンガやアニメ、そしてゆるキャラは地方都市の経済を救う救世主のようです。






本日のスケジュールは錦川鉄道と岩徳線にトライします♪


山陽新幹線「新岩国」駅の南側新幹線の高架沿いにある連絡通路を7分ほど歩く
と錦川鉄道清流線「御庄」(みしょう)の駅があります。

錦川鉄道御庄駅



ふとJR新岩国駅の近くにある第三セクターの駅なのに、
「新岩国」という駅名ではないんだなぁ~と思いました。


乗り換えのことを考えると同じ駅名の方が
地方から来た観光客にはわかりやすいと思うんですけど…
(2013年に駅名を「清流新岩国」に改称予定らしいです)







錦川鉄道清流線は旧国鉄岩日線で、
現在は山口県や岩国市などが出資する第三セクター方式の会社です。


清流線は川西(岩国市)-錦町(岩国市)を結ぶ路線ですが
全ての列車が「JR岩国」から発車しています。


車両はNT3000形気動車。

車両ごとに愛称が付けられていてオバ鉄が乗車した車両はせせらぎ号。

NT3000形せせらぎ号




車体はせせらぎ号のイメージ合わせ清流のブルーに
鮎の絵が描かれていてとても爽やかで好感が持てました(*^_^*)



錦川といえば下流に日本三名橋のひとつで名勝錦帯橋で有名ですが、
列車はほぼ全線川沿いを走行します。
(席は進行方向右側がベターです)

錦川
錦川




「守内かさ神」駅付近で沈下橋を発見!!

沈下橋




錦川には沈下橋が3か所あるそうです。



「椋野」を過ぎると進行方向左側に「かじかの滝」があり
列車は速度を落としてくれて乗客は一斉にカメラのシャッターを切っていました。

かじかの滝




清流錦川の渓谷美に見惚れていたせいか、あっという間に終点「錦町」に着いた感じでした。

錦町駅
錦町駅



動画もどうぞ♪







「錦町」からとことこトレイン錦町駅へ移動(約徒歩2分)。

とことこトレイン錦町駅
とことこトレイン錦町駅



日本鉄道建設公団が岩日北線として錦町駅以北の区間を建設していましたが、
岩日線が廃止となり岩日北線も凍結されました(+o+)

廃線跡
岩日北線配線跡




路盤が完成していた錦町から雙津峡温泉までの約6キロを岩日北線記念公園として整備し、
愛・地球博で使用された電気自動車を運行しています。


雙津峡温泉駅
そうづ峡温泉駅





正式には鉄道事業ではなく観光用の遊覧車になるそうです。



ハイライトは広瀬トンネルの壁面装飾。

広瀬トンネル壁面装飾




光る蛍光石とブラックライトを用いたイルミネーションが
幻想的な世界を醸し出していました。








オバ鉄親子は「JR岩国」へ移動し岩徳線に乗車。


岩徳線は岩国(山口県岩国市)-櫛ヶ浜(山口県周南市)を結ぶ路線ですが
運行上は徳山になっています。


車両はキハ40形2000番台。
徳山行きキハ40形2000番台




「西岩国」はかつての「岩国」駅で
昭和4年に創建され錦帯橋を形取った5連のアーチを玄関に持つハイカラな洋風建築の駅舎。




「西岩国」を過ぎると、錦川を渡り車窓に岩国城が望めます。

西岩国駅
西岩国駅




岩国城
岩国城




「川西」を発車すると森ヶ原信号場で錦川鉄道清流線と分岐し
山陽新幹線と並行して走行、終点徳山に到着します。

森ヶ原信号場
森ヶ原信号場




オバ鉄親子は再び広島へと移動。


いよいよ路面電車王国広電にチャレンジします♪



>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
中国地方 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

木次線奥出雲おろち号に乗りました♪

2013.02.07(09:21)
中国地方ローカル線の旅②(第260話) 木次線奥出雲おろち号に乗りました


第1話>>http://obatetu.blog98.fc2.com/blog-entry-285.html


2012年7月27日 本日は木次線にトライします。



JR出雲市駅に向かう途中、歩道にスサノオのオロチ退治のブロンズ像がありました。
スサノオのオロチ退治ブロンズ




JR出雲市駅
JR出雲市駅




「JR出雲市」から米子行きキハ126形に乗車し木次線の起点である「宍道」へ移動。


木次線は宍道(島根県松江市)-備後落合(広島県庄原市)を結ぶJR西日本の路線です。


宍道駅の0キロポスト
宍道駅木次線0キロポスト




「宍道」から木次行きキハ120形0番台に乗車。
木次行きキハ120形0番台




すると中吊り広告にダンナ様の大好きな
「新造人間キャシャーン」のポスターがあるではないですか!
タツノコオールスターズマナーキャンペーン



早速ダンナ様に写真を送ってあげました♪

ダンナ様「関西にはエヴァンゲリヲンやマッハGOGOGO、
鷹の爪だのアニメのポスターがいっぱいあって見に行きたいよ~」




JR西日本では「さわやかマナーキャンペーン」を実施していて
平成24年度は今年で50周年を迎えるタツノコプロの人気キャラクターを起用し、
タツノコオールスターズがマナー向上を呼びかけています。




木次駅
木次駅




記念ショット
奥出雲おろち号と記念ショット




「木次」に到着するとJR西日本の臨時トロッコ列車「奥出雲おろち号」
(4~6月までの金・土・休日・ゴールデンウィーク・夏休み)が、2番線ホームに入線してきました。

奥出雲おろち号




車両は専用塗装のDE15形ディーゼル機関車と12系客車2両で、
1号車は窓ガラスのないオープン構造のトロッコ車両。

2号車は悪天候を避ける場合に利用する冷暖房が完備された控車になっています。



車体は青・白・灰色地に星をちりばめ銀河鉄道をイメージしたデザイン。



列車名は出雲神話の八岐大蛇に因んで命名されました。


1号車の車内は木製のテーブルが据え付けられているボックスシートと
通路を背にして座るシートがあります。

奥出雲おろち号車内





10時8分 
列車が動き出すと1番線と2番線ホームに並んでいた駅職員が
一斉に手を振ってくれて自分が特別な人になったような錯覚を覚え気分が高揚しました。




実はオバ鉄、冷え性で寒がりなのでトロッコ列車は苦手なのです。



今回も渋々乗車したのですが、奥出雲の深い山間部を走行していると、
木の香りや夏草の青々とした匂いが車内に漂い、
まるで森林浴でもしているような清々しい気分になれてトロッコ列車の醍醐味を実感しました。






「出雲八代」駅のホームは映画「砂の器」で
「亀嵩」駅としてロケに使用されました。


出雲八代駅
出雲八代駅





松本清張「砂の器」の大ファンであるオバ鉄にとって
「亀嵩」を訪れるのは悲願でありました。

亀嵩駅




その「亀嵩」は駅舎がそば屋になっていて
前もって電話で予約をすればそば弁当(500円)をホームまで出前してくれます。

そば弁当購入亀嵩




悲願の駅「亀嵩」で出前のそば弁当をホームで購入するという
超レア体験に感動で胸がいっぱいになりましたヽ(^。^)ノ

亀嵩扇屋そばのそば弁当




早速鉄系息子が弁当のふたを開けると、突然突風が吹き、
そばの上の刻みのりやかつおぶし、ネギが飛ばされてしまい、クールドライの息子も苦笑いしていました。

早速いただきます(笑)
そば弁当いただきます




列車の中で賞味したそばの味は格別でした(*^_^*)




動画もどうぞ♪



この日は風が強く何度もオバ鉄の帽子は飛ばされそうになり、
仕方なく帽子を脱ぎました。


オバ鉄の髪は乱れ八岐大蛇ならぬメデューサの髪状態になりましたよ。



>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
中国地方 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

一畑電車に乗りました♪

2013.01.31(09:32)
中国地方ローカル線の旅① 一畑電車に乗りました 第259話



2012年7月 鉄系息子はロングバケーションの真っ最中。

中国地方のJR線完乗を目指し、またまた息子と共同戦線の旅に出かけます。


7月26日 東京からN700系のぞみで岡山へ移動し、吉備線に乗車。


吉備線のゼロキロポスト
吉備線ゼロキロポスト




吉備線は岡山(岡山市)-総社(岡山県総社市)を結ぶ
JR西日本の路線で観光地として名高い吉備路を走ります。


車両はキハ40形3000番台。
総社行きキハ40形3000番台




「吉備津」は鳴釜神事で有名な吉備津神社の最寄り駅。
吉備津駅





「吉備津」を過ぎると進行方向右側に突然日本三大稲荷の一つ
最上稲荷の大鳥居が見えてきて「備中高松」に到着。
最上稲荷巨大鳥居



備中高松駅




備中高松城と言えば豊臣秀吉の水攻めで有名ですが岡山県に所在していたんですね。
(今まで知らなかった(+o+)恥ずかしいッ)

秀吉の水攻め



隣の駅「足守」は日本最初の病理学書を書いた緒方洪庵の出身地。

足守駅




吉備線は歴史好きのオバ鉄には興味深い路線でした。



終点「総社」から特急やくもに乗車し「松江」に移動。

特急やくも381系ゆったりやくも塗色
特急やくも381系ゆったりやくも塗色




「松江」駅前のバスターミナル3番乗り場から
「松江しんじ湖温泉駅」行き一畑バスに乗車し
一畑電車「松江しんじ湖温泉」駅に向かいます。






一畑電車は島根県に所在する私鉄で北松江線と大社線の2路線を運営しています。


オバ鉄大社線はすでに完乗しているので未踏路線の北松江線に乗車。


北松江線は松江しんじ湖温泉(島根県松江市)-電鉄出雲市(島根県出雲市)を結ぶ路線。


改札を入ると元南海電鉄21000系(3000系)丸顔のズームカーと
元京王電鉄5000系(21000系)が入線していました。




元南海電鉄2100系丸顔ズームカー
元南海21000系ズームカー



2100系は島根県観光キャラクターのしまねっこと
島根Super大使アニメ秘密結社鷹の爪の吉田くんを描いたラッピング車でした。
しまねっこよしだくんラッピング車






松江しんじ湖温泉駅
一畑電車松江しんじ湖温泉駅




松江しんじ湖温泉駅を出発すると進行方向左手車窓いっぱいに宍道湖の大パノラマが広がります。

宍道湖
宍道湖



「一畑口」では平地に存在するスイッチバックの駅。
スイッチバックの駅一畑口



開業当初は「目のお薬師様」として知られる一畑薬師のある「一畑」駅まで線路は続いていましたが、
戦時中「一畑」から「一畑口」までの区間が営業休止となり、その後廃止となりました。


その名残でスイッチバック式の線路配置になっています。


また「一畑口」は映画「RAIL WAY49歳で電車の運転士になった男の物語」の舞台となりました。


「川跡」は北松江線と大社線との接続駅。
川跡駅




ホームに元京王電鉄5000系の5000系特急スーパーライナーが停車していました。


約1時間ほどで終点電鉄出雲市に到着しました。
電鉄出雲市駅




動画もどうぞ♪


オバ鉄親子は駅前の東横イン出雲市駅前に宿泊。


JR出雲市駅から徒歩2分ほどの所に出雲駅前温泉らんぷの湯があります。

(大人平日600円)



大浴場の照明は昔懐かしいランプの灯火。


露天風呂もあり風情があってオバ鉄オススメスポットです♪




>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
中国地方 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

水島臨海鉄道に乗ってきました!

2012.11.21(15:10)
四国・中国地方ローカル線の旅 ⑨ 水島臨海鉄道 (第249話)



四国・中国地方ローカル線の旅①はこちら>>http://obatetu.blog98.fc2.com/blog-entry-265.html




2012年7月10日 オバ鉄親子は井原鉄道神辺駅に隣接するJR神辺駅に移動し、

福塩線福山行き普通電車に乗車。


車両は105系0番台岡山色。
福塩線105系岡山色と福山城




10分ほどで「福山」に到着。

福塩線の7・8番線ホームからは福山城の本丸が間近に見ることができます。


お城大好き人間のオバ鉄としては、見学したいところですが、時間に余裕がなくて残念…(*_*)






「福山」から「倉敷」へ移動し、JR倉敷駅から徒歩2分ほどの水島臨海鉄道に向かいます。

水島臨海鉄道倉敷市駅



水島臨海鉄道は戦前軍需工場の専用鉄道として水島に敷設。


戦後、水島臨海工業地帯の工場製品を輸送する鉄道となり、

現在はJR貨物、倉敷市などが出資する第三セクター方式の会社です。


水島本線は倉敷市(岡山県倉敷市)-三菱自工前(倉敷市)を結ぶ路線です。



車両はMRT300形。


約30分ほどで終点「三菱自工前」に到着。
三菱自工前駅




実はオバ鉄疲れて爆睡し、生まれて初めて車掌さんに

「お客さん、終点ですよ」と起こされました(+o+)
(鉄系息子も爆睡していました)



「三菱自工前」で寝ボケながら列車を待っていると

入線してきたのはなんと!国鉄より購入したキハ20形気動車国鉄色ではありませんか!

水島臨海鉄道キハ20形国鉄色



しかも、オバ鉄と同い年の昭和35年製。


まだ現役でガンバっているだなんていとおしくなってしまいます。


車内はこんな感じ
水島臨海鉄道20形車内




手でハンドルを回してブレーキを掛ける手ブレーキがありました。

手ブレーキ







翌11日は鉄系息子と別行動。


お互い未踏路線にチャレンジです!


オバ鉄は「岡山」から赤穂線に乗車。


赤穂線は東岡山(岡山市)-相生(兵庫県相生市)を結ぶJR西日本の路線。


車両は115形1500番台でした。

赤穂線115形1500番台



「日が生まれる」と書いて「ひなせ」。

日生駅



赤穂路線の中でも特に瀬戸内海に近く、ホームから小豆島行きのフェリーのりばが見えました。


「姫路」に到着したオバ鉄は新快速で「大阪」へ。


そして南海電気鉄道「新今宮」へ移動。


南海電気鉄道は大阪府と和歌山県を牙としている大手私鉄です。


ホームで和歌山市行きの南海特急サザンを待っていると、


南海50000系電車特急ラピートが入線してきました。


鮮やかなメタリックブルーにレトロフューチャーという斬新なデザイン。
南海50000系特急ラピート




まさしく鉄人28号という感じ!!


鉄系息子がまだ幼児だった頃、車両図鑑のビデオを一緒に見て

前衛的なフォルムのラピートが強烈に印象に残っていました。


本物をこの目で見られて大感激ですヽ(^。^)ノ



私鉄には特急券・指定券売機がホームにも設置されていて、便利だなぁと感じました。
特急券・指定券売機








約1時間で「和歌山市」に到着。
和歌山市駅名標




車止め
和歌山市駅車止め




この駅は南海電気鉄道とJR西日本の共同使用駅で、2番線ホームに紀勢本線が乗り入れています。


紀勢本線は亀山(三重県亀山市)-和歌山市間を結ぶJR東海とJR西日本の路線ですが、

運行系統は大別して3区間に分かれます。


オバ鉄は未踏の「和歌山市」-「和歌山」間を乗車。



車両は105形500番台旧和歌山色でした。

105形500番台旧和歌山色



紀勢本線をやっと完乗したオバ鉄は関西本線の未踏区間

「王子」-「奈良」間を乗車。


途中、福島県の「郡山」(開業明治20年)と同じ駅名の「郡山(開業明治23年)がありました。
郡山駅名標




JRの場合、重複するとき、歴史の新しい駅に旧国名や郡名を冠して区別するのですが、

なんでも鉄道員が「大和郡山」と改名しようとして、
地元住民が大和の郡山の方が歴史が古いとクレームをつけたという経緯があるそうです。


「奈良」から「京都」へ移動すると、オバ鉄の大好きなイコちゃんのポスターを発見!!

JRと京阪のICOCAポスター



京都で鉄系息子と合流すると彼は風邪で38.9℃の熱を出してホテルで寝込んでしまいました。


こういうアクシデントに対応するため、オバ鉄が常に抗生物質と解熱鎮痛剤を携帯。


なんとか37.5℃まで熱が下がり、帰省することが出来ました。


ハプニングではじまりハプニングで終わった旅でした。





>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
中国地方 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

津山線 井原鉄道  水島臨海鉄道にチャレンジしました!

2012.11.14(14:09)
四国・中国地方ローカル線の旅⑧ 津山線 井原鉄道 (248話)


2012年7月10日 本日のスケジュールは津山線、井原鉄道、水島臨海鉄道にチャレンジします。



四国・中国地方ローカル線の旅①はこちら>>http://obatetu.blog98.fc2.com/blog-entry-265.html





岡山から津山行き普通列車に乗車。

津山線津山行きキハ47形岡山色



車両はキハ47形岡山色。


津山線は岡山ー津山(岡山県津山市)を結ぶJR西日本の路線です。


「備前原」を過ぎると旭川沿いを走行して行きます。


沿線には面白い駅名が多く、福が渡ってくると書いて「福渡」(ふくわたり)。

福渡駅名標





難読な「弓削」(ゆげ)、亀の甲と書いて何て読むのかしらと思ったら
弓削駅名標




そのまま「かめのこう」と読む「亀甲」。
亀甲駅名標




駅の近くに亀の甲羅のような亀甲岩があるそうで、

駅舎も亀をモチーフにした外観になっています。


1時間30分ほどで終点、小京都の風情を残している「津山」に到着。

津山駅




連絡通路を歩いていたら「エヴァンゲリヲンと日本刀展」のポスターを発見!!

エヴァゲリヲンと日本刀展のポスター



早速エヴァンゲリヲンファンのダンナ様に写真を送ると

「ポスターほしい!!」と返信がありました(*_*)







「津山」から姫新線新見行きキハ120形300番台に乗車。

姫新線新見行キハ120形300番台




姫新線は姫路(兵庫県姫路市)-新見(岡山県新見市)を結ぶJR西日本の路線ですが、


全線を通して運転される列車はなく、運転系統は概ね3つに分かれます。


その一つ、津山ー新見間を乗車。


この区間は山岳地帯を走り、落石の危険性がある箇所は徐行運転をします。



「美作千代」は大正12年開業の木造瓦茸の趣ある駅舎でした。
美作千代駅




「新見」から伯備線岡山行き普通212形100番台に乗車。

岡山行き普通212形100番台



電車は高梁川に沿って走行して行きます。






「美しい袋」と書いて「みなぎ」とはちょっと読めませんね。

美袋駅名標



難読駅名の「美袋」駅舎も大正14年開業の風格ある木造瓦茸で、2008年に
登録有形文化財になっています。



「日羽」駅でICOCA対応の簡易型自動改札機が設置されているのを見ました。

ICOCA自動改札機




オバ鉄はイコちゃんの大ファンで、我が家にはイコちゃんメガタイプ


スマートイコちゃんメガタイプ、BIG寝そべりイコちゃんほか9体も


ぬいぐるみがあり、イコちゃんパラダイスなのですヽ(^。^)ノ








吉備線と井原鉄道のターミナル駅「総社」で下車。


井原鉄道井原線に乗車します。


国鉄は吉備線の延伸路線として総社ー井原ー神辺間を結ぶ井原線を

計画しましたが建設が中止になり旧日本鉄道建設公団の完成していた

高架線を利用し、第三セクター方式の井原鉄道が井原線を開業させました。


井原線は総社(岡山県総社市)-神辺(広島県福山市)を結ぶ路線。



車両はIRT355形100番台。
井原鉄道神辺行きIRT355形100番台




「総社」を出発すると伯備線を走行します。






総社ー清音間は伯備線との共用区間になっています。



「吉備真備」と言う駅がありました。

吉備真備駅




奈良時代の政治家で遣唐使に任命された吉備真備の故郷だそうです。


そして「早雲の里荏原」。
早雲の里荏原




こちらは室町時代の武将で戦国大名北条氏の初代北条早雲の故郷。


岡山県からは偉人が多く輩出されたのですね。



井原鉄道の駅名標は地元に関係したイラストが描かれてあって


見ていて楽しかったです。



約1時間くらいほどで終点「神辺」に到着しました。


神辺駅





>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
中国地方 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

北近畿タンゴ鉄道宮津線に乗りました

2012.08.02(13:52)
ローカル線踏破の旅② 北近畿タンゴ鉄道宮津線(第233話)



■2012年 4月27日 本日は北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮津線にチャレンジ!


KTRは、旧日本鉄道建設公団の宮福線と元国鉄の宮津線を運営している第3セクター方式の会社。


宮津線は西舞鶴(京都府舞鶴市)-豊岡(兵庫県豊岡市)を結ぶ路線です。


西舞鶴駅はJR西日本の舞鶴線とKTRの宮津線の2路線が乗り入れています。


KTR西舞鶴駅




KTR西舞鶴駅の改札口に、KTR鉄道むすめの「但馬みえ」のポスターが貼ってありました。


KTR鉄道むすめ但馬みえ




駅の東側はKTRの車両区になっていて、第三セクター鉄道としては、

初のリゾート特急用気動車KTR001形特急形気動車愛称タンゴエクスプローラーが見えました。

KTR001形タンゴエクスプローラー








■宮津行き普通KTR700形タンゴ悠遊号に乗車


KTR700形タンゴ悠遊号




車体のカラーリングは沿線の海と空をイメージした
タンゴブルーに千歳緑と鷲赤のラインが配されています。


「丹後神崎」を過ぎると宮津線のハイライト由良川橋梁に差し掛かります。

由良川橋梁
由良川橋梁




橋梁は由良川が若狭湾に注ぐ河口近くにあります。

若狭湾
若狭湾




橋梁の高さが水面からわずか6メートルと低く、
まるで川面を走っているようなそんな感覚を覚えます。


タンゴブルーの空と若狭湾車窓から望む景色も素晴らしくオバ鉄オススメのスポットです^^


由良川橋梁を渡ると森鴎外の小説山椒大夫の舞台となった「丹後由良」に到着。

丹後由良駅




「粟田」を過ぎると列車は景勝地奈具海岸のビュースポットで停車し、

観光案内のアナウンスがありました。

奈具海岸





白い岩肌の巨石、緑の松、青い海のコントラストが美しい海岸でした。




終点「宮津」に到着すると、3番線ホームに特急はしだて183系800番台が停車していました。

特急はしだて183系800番台









■「宮津」から豊岡行き特急たんごリレー号に乗車



特急たんごリレー号は西舞鶴で見たKTR001形タンゴエクスプローラー。

カラーリングはライトベージュメタリック。


車体は眺望の良さを考慮したハイデッカー構造。


特急たんごリレー号車内



窓はワイドビューを超えた曲面窓と天窓で全方向視界バッチリ!!


それでいてブルー系ハーフミラーの窓により眩しさと温度変化カットしています。



先頭部は大きな曲面ガラスを使用した流線型。



しかし、ハイデッカー構造が災いしてか前面展望はイマイチ(ー_ー)

特急たんごリレー号運転室



角度的に線路しか見えませんでした。








■「豊岡」で京都行き特急きのさきに乗車


オバ鉄は今回の旅行で楽しみにしていたことがあったのです。



それは2011年3月12日のダイヤ改正から運転が開始されたJR西日本の新型特急287系電車に乗ること。


「新型、新型嬉しいな~♪」と気分も高揚していたところに
入線してきたのは183系800番台国鉄特急色!!

特急きのさき183系800番台国鉄色



新型だと思って奮発してグリーン席にしたのに悲しい…(T△T)



まぁここは気を取り直して明日乗車する特急こうのとりは287系にまちがえないから…


グリーン車は半室構造になっていて同じ車両なのに指定席の扉は手動で

グリーン席の扉は自動なのです。(微妙~~)

特急きのさき183系800番台国鉄色グリーン席



不思議なことに国鉄時代の古い車両の方がシートの座り心地は良いのです。


フカフカでした(*^_^*)



京都に着いて都路里のさくらパフェを堪能しました。


都路里のバフェ




>>次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
中国地方 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ