TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||

長野・飛騨高山

>>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<<
このブログで紹介している写真 文章 動画等の著作は当管理人の著作です
 無断での転記 複製等は 一切禁止いたします。
※更新は週1回水曜以降です☆

【取材歴・写真提供】
・2017年4月 日経新聞日曜版 ななつ星の取材
・2015年   TBSあさチャン! ななつ星の取材
・2014年  ぶよう堂 カレンダー 写真提供
  1. 飛騨高山で食べ歩きツアー再び(08/12)
  2. 中部縦貫自動車道で白川郷へGO!(08/05)
  3. ポケモン新幹線激写!ワイドビューしなので長野の旅♪(07/30)
  4. 特急列車583系「はつかり」のイベントウォッチング♪(04/12)
  5. 予定外の【まるまど祭】(06/23)
  6. 食べ歩き&じんわり温泉&秘境気分満点♪高山(06/18)
  7. 秘境の絶景はヒミツのトークショーからできている?!(06/14)
  8. 黒部アルペンルートでライチョウの代わりに見たものは・・・(06/09)
  9. 桜満開★軽井沢&北信五岳★絶景スポットの旅(05/28)


飛騨高山で食べ歩きツアー再び

2009.08.12(11:27)
番外編!ポケモン新幹線激写!ワイドビューしなので長野の旅第3回です♪
(全80話!!)

第1話はコチラ




■7月19日12時15分 

本日の宿泊先の飛騨高山ワシントンホテルプラザに到着。

このホテルはJR高山駅の目の前に立地。」
駅側の部屋になったので「ラッキ~♪トレインビューだ!」と喜んでいたら3階で高さが足りず駅しか見えませんでしたorz(がっかり…)


高山
高山駅



その後は家族そろって「さんまち」へくりだします♪
(徒歩10分)

早速みたらし団子(¥60)とおせんべいをパクリ。
みたらし団子屋





オバ鉄と娘は甘味処「よしかわ」でティータイム♪

すると別行動のはずのダンナ様が一人で店に入ってくるではありませんか。

オバ鉄「あれ、○(息子の名前)は?」
ダンナ様「一人で散策したいっていうんだよ」

オバ鉄「大丈夫なの?」
ダンナ様「お金さえあればっていうから千円渡したよ」

「・・・」



息子は食べ歩きが相当気に入ったようですね^^;




■7月20日 7時30分  ホテルから歩いて10分ほどの宮川朝市

宮川
宮川




朝市に着いた早々ダンナ様は鯉のエサ(¥100)を購入。
宮川の鯉にエサを与えて満足そうです^^

エサやり中
鯉のエサ




娘の大好物の桃が売っていたので購入。
これには娘も幸せそうでした。


桃販売




帰りにホテルの近くにあった「if珈琲」店に立ち寄り。

ifコーヒー





店内は英国調のインテリアは一見の価値があり壁には古時計が飾ってあるとても重厚な雰囲気。

夏季限定の白桃の生ジュース(¥600)が美味でした♪

高山市内には喫茶店が多く営業は7時30分や8時からと朝早いです。
(終了するのも16時30分・17時と早いですが^^;)

モーニングのトーストセットは厚めのトーストとコーヒーで400円とワンコインで食べられます^^
名古屋並ですね~




■9時 


ホテルから車で10分ほどの「飛騨高山まつりの森」(大人1,000円)を見学。
※割引き券あり

高山祭ミュージアムでは祭屋台・神輿・太鼓などが展示されています。
また、日本初の地中空間を利用したドーム内に屋台6基を常設していて7基のからくりを実演しています。

7基のからくりは約5分おきに1基ずつ上演していますよ^^

オバ鉄たちがみたのは「福寿台」で全長4.1m幅2.44m・高さ7.6mもありました。

コレ
福寿台




寿老人の見守るもと唐子が舞って桃が最後に割れると中から小さな唐子が現れおみくじがまかれます。

唐子と桃
唐子とモモ




オバ鉄はしっかりおみくじをゲット!

「吉」でした^^

(もしかしてみんな吉だったりして・・・)

宿泊先の上田に行く道すがら平湯の足湯でまったり~

平湯の足湯





 7月20日 上田の東横インに宿泊し8月21日に帰省しました。




■ オマケ

上信越道・横川SA上り線が2009年3月26日にリニューアルオープンし、信越本線横川駅を再現したメモリアルコーナーが併設されました~

旧国鉄車両「キハ58系」の前頭部が設置されていますよ!

キハ58



キハ58系2



車内で食事も可能です♪

オバ鉄「来年も家族そろって長野に旅行できるといいねェ」
息子「僕を抜かしてでしょ」
オバ鉄(あ、息子が来年受験勉強で大変だったことをすっかり失念!ということはオバ鉄のブログもネタ切れ?!)




=====飛騨高山のホテル情報=====


今回は飛騨高山ワシントンホテルプラザにお泊りです^^

飛騨高山ワシントンホテルプラザは高山駅の目の前!!

電車で来る人には非常に便利です♪
車でも駐車場があるので安心ですよ^^

インターネット回線が完備されていますし、パソコンの貸出もあります。

ロビーのパソコンが有料なのが難点です^^;



部屋はこんな感じ




>>飛騨高山ワシントンホテルプラザの詳細を見る



>>
飛騨高山ワシントンホテルプラザの口コミを見る



楽天の2,000円引きになる裏ワザ♪

>>2,000円引きの裏ワザを知りたい!



次回へGO!





ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
スポンサーサイト
ページ上部へ
長野・飛騨高山 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

中部縦貫自動車道で白川郷へGO!

2009.08.05(15:35)
番外編!ポケモン新幹線激写!ワイドビューしなので長野の旅第2回です♪
(全79話)

第1話はコチラ


今回のルート
shirakawago.jpg




■7月19日 5時50分 松本を出発

沢渡・安房峠・平湯・高山を経由して中部縦貫自動車道高山ICへ。

高山IC-飛騨清見JCT間が2007年9月に開通(現在無料区間)。


そして東海北陸自動車道の飛騨清見IC-白川郷IC間が2008年7月に開通し高山から白川郷まで高速道路でつながったのです。

今回は息子の「高山白川郷間の新しい高速道路を走ってみたい」という希望で白川郷行きが決まりました。
(息子はテツじゃなかったのか?!)

飛騨清見JCTから東海北陸道に入るとトンネルばかり。

なかでも飛騨トンネルは全長10,712mもあり通過するのに約10分もかかりましたよ!
その長いトンネルを抜けると白川郷です。


白川郷までは松本から2時間30分で着いてしまいましたー!
高速道路が開通する前は高山から2時間かかり松本からだと4時間もかかっていたのに・・・

かつての秘境は秘境ではなくなってしまいました。
(その点宮崎の高千穂は鉄道も高速道路もなく秘境というのにふさわしいですね)




初めて白川郷を訪れたのは5月。

周辺の山々は残雪を頂き庄川はエメラルドグリーンの水をたたえその中に合掌造り民家が点在していました。

まるで桃源郷に来たような錯覚を覚えたものです。

古き良き日本の原風景というより別世界のような気がしましたー



白川郷とは

岐阜県と富山県の県境に位置し世界遺産に登録されています。

合掌造り(約60度という急勾配の屋根が両手を合わせたような三角形をしていることに由来しています)と呼ばれる茅葺きの民家が114棟立ち並んでいます。




ダンナ様は早速飛騨牛コロッケ(¥200)をパクっ!

飛騨牛コロッケ



ここは公衆トイレも合掌造りです。

公衆トイレ



次にみたらし団子5本で¥350)を全員でパクリ。

団子ヲパクリ



まるで食べ歩きに来たようです(汗

「であい橋」を渡りせせらぎ公園のほうへ向かおうとしたら突然の土砂降りで引き返しましたーー;

庄川
庄川



であい橋
であい橋






雨宿りも兼ねて明善寺郷土館を見学です。(大人¥300)

明善寺鐘桜門



明善寺は鐘桜門、本堂、庫裡も茅葺き屋根です。

庫裡は5階建ての合掌造りですが内部の見学は3階まででした。

内部
合唱造り内部



屋根裏部屋は養蚕の作業部屋などに使われていました。

床はスノコ状になっていて1階の囲炉裏の煙やススが上に上がっていくように工夫されています。
囲炉裏でパシャ
囲炉裏



息子は黄昏中
黄昏息子



続いて明善寺の前の合掌造り眺望喫茶「郷愁」でティータイム♪

眺望喫茶



この喫茶店のメニューはなんとホットコーヒーとアイスコーヒーの2品だけ!!(¥500)

しかもセルフサービスです。

明善寺方向が全面ガラス張りになっており、畳に座ってコーヒーを飲みながら眺望を楽しむことができます^^

息子もくつろぎまくり
眺望喫茶店内






白川郷の集落は家と家との境に垣根や塀がなく、あるとすれば水路があることぐらいでしょうか。

また、合掌造りの屋根はどの家屋も屋根に日が当たるようにするため東西を向いています。


帰りに息子が牛串(¥350)を食べたいと買いに行きましたよーー;
このお店も合掌造りでした^^

牛串息子






=====飛騨高山のホテル情報=====


今回は飛騨高山ワシントンホテルプラザにお泊りです^^

飛騨高山ワシントンホテルプラザは高山駅の目の前!!

電車で来る人には非常に便利です♪
車でも駐車場があるので安心ですよ^^

インターネット回線が完備されていますし、パソコンの貸出もあります。

ロビーのパソコンが有料なのが難点です^^;



部屋はこんな感じ




>>飛騨高山ワシントンホテルプラザの詳細を見る



>>
飛騨高山ワシントンホテルプラザの口コミを見る



楽天の2,000円引きになる裏ワザ♪

>>2,000円引きの裏ワザを知りたい!



次回へGO!


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
長野・飛騨高山 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

ポケモン新幹線激写!ワイドビューしなので長野の旅♪

2009.07.30(12:56)
番外編!ポケモン新幹線激写!ワイドビューしなので長野の旅♪
(全78話)

夏と言えばコレ!です。キュート♪
ポケモントップ




2009年夏 今年の夏休みの家族旅行は長野・白川郷・飛騨高山へドライブに決定!

ところが旅行の前日の7月17日突然知人の訃報が入り、18日から3泊4日の旅行はキャンセルかとあきらめムードでしたが・・・




■7月18日 7時16分 東京駅 22番線ホームで「あさま561号」の自由席をとるべく並んでいたところ

23番線ホームに「ポケモン新幹線」が入線!!
ポケモン新幹線09



JR東日本は今年もピカ乗りサマー2009と称して「ポケモン新幹線」を7月18日から運行。
ポケモン新幹線092



オバ鉄が乗る新幹線がポケモンだったらよかったのに残念ーー;

でもシートも激写!
シートカバー




ポケモンに興味のない別行動の息子がポケモン新幹線に乗って長野に旅立って行きましたよ・・・

でも!
車内販売でSicaを使って500円以上買い物したらポケモンオリジナルクリーナーストラップをいただきました^^

ソフトドリンクのカップもポケモンです♪
ピカチュウのカップ







■8時37分 軽井沢アウトレットに到着

軽井沢駅南口前に広がる国内屈指のアウトレットモール「軽井沢プリンスショッピングプラザ」でお買いもの♪

軽井沢アウトレット



オバ鉄はもう一人の息子にTシャツを購入。
珍しくケチな娘が大人買いしてましたー




■軽井沢 10時33分発あさま511号に乗車

長野に11時5分到着。

長野駅
長野駅



駅から歩いて5分ほどの栗の木テラスでティータイム♪

栗の木テラス
栗の木テラス2



ここの栗あんみつは小豆あんの代わりに栗のペーストを使用。
白玉・バナナ・オレンジ・とフルーツもついていて¥530は安いです!


栗あんみつ



おみやげにダンナ様の大好物期間限定のブルーベリータルト(¥399)を購入して長野駅に戻りました。

ここで別行動の息子と合流。




■長野14時発 大阪行きワイドビューしなの16号に乗車

ワイドビューしなの



幸運にも自由席の10号車が先頭車両です!!

そして最前列をゲット!!
(40分も前に並んだ甲斐がありました^^)

車内
ワイドビューしなの車内



この車両はパノラマタイプではないですがワイドビューというだけあって前方の視界が良好なのです♪

ワイドビューしなのは383系(形式番号300番台は直流を表し、80-番台は特急形を表しています)

そして制御付き振り子式電車。
振り子式はカーブでのスピードダウンがないため乗り心地はイマイチです。

篠ノ井駅を過ぎると列車は徐々に高度を上げて行きます。
眼下にはりんご畑やぶどう畑が望めます^^

篠ノ井駅から約10分ほどで進行方向左手日本三大車窓のひとつ善光寺平の雄大なパノラマで楽しめますよー
(JR九州のように車内アナウンスをしてほしいですねーー;)

日本三大車窓善行寺平






■14時51分 松本に到着

前日の突然の訃報で旅行は中止かと思いきやちゃっかり鉄旅を満喫してしまいました♪

ダンナ様はというと・・・葬儀に会葬後1人で車で松本まで運転してきてくれました!
(ご苦労様でした!!)


=====松本駅近くインターネットが使えるホテル情報=====


今回は松本駅から徒歩6分の東横インに泊まりました^^

東横インのいいところはロビーにあるパソコンでのインターネット検索が無料でできるところ♪
人気のお店やクーポンなどの検索をしたいときや、列車の時刻を調べたいときにはほんと便利♪


最近では、パソコンのレンタルサービスもできてます^^


楽天の2,000円引きになる裏ワザ♪

>>2,000円引きの裏ワザを知りたい!


次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
長野・飛騨高山 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

特急列車583系「はつかり」のイベントウォッチング♪

2009.04.12(10:06)
今回は特急列車583系「はつかり」のイベントのレポートです^^
(全62話目です)


鉄オタだらけ~
はつかり入線



ところは上野駅中央改札

上野駅中央改札




■2009年3月20日 午前8時30分 上野駅13番線


ホームは鉄道ファンで埋め尽くされています。

13番線ホーム



この日は特急列車583系「はつかり」が1日限定で復活するのです!

JR東日本が上野から網走まで約1600キロ鉄路を走破するツアーを企画。



プランはこんな感じ♪

上野~青森間:583系はつかり
青森~函館間:485系はつかり
北海道内は気道車キハ183系「おおとり」

全行程所要時間は約35時間!
旅費:大人38,000円!!(片道だけの運賃)
※網走からの帰路の交通費は個人負担です(汗




かなりお高めなツアーなのになんと競争率は5倍!!

驚きです~^^;

「テツ」には体力と経済力が必要ですね~

オバ鉄はカメラポジションを確保。
電車が入線するまで「テツ」ウォッチングです。


見事なくらい黒い髪に短髪。
メガネをかけている割合が高いです。

そして太めでリュックサックをしょっています。

この日は雨が降っていたせいか黒いジャンパーを着ている人が多かったですねー

黒髪と黒のジャンパーでホームは黒で埋め尽くされ異様な雰囲気でした。


オタク集団



そんな中TV局も取材にきていましたよ。
TV局


TBSとATV(青森テレビ)の2局だけでしたが・・・

上野~青森間:583系はつかり

特急はつかりとは?

1958年(昭和33年) 10月客車特急として登場。

青函航路を介して首都圏と北海道を結んでいました。
1968年10月 583系 特急型電車に変わります。
(クリーム色の車体に青いライン)
583系はつかり



1973年 10月に485系特急型電車(クリーム色の車体に赤いライン)がデビュー。
↓下の赤いほうです。





1982年 11月まで東北本線の上野ー青森間を走っていました。

1982年11月から2002年までは東北新幹線に接続しています。
特急列車として盛岡ー青森・函館間で運転されていましたが2002年12月の東北新幹線盛岡ー八戸間延伸開業により廃止されました。




■9時2分 3分遅れで「はつかり」が入線

はつかり入線


一斉にフラッシュがたかれます。

はつかり



団体列車なのでツアー客以外は車内に入ることはできません。
仕方がないので窓越しから社内の様子をウォッチング!

なんと!固定式のボックスシートです!!

ボックスシート



特急なのにリクライニングシートではありませんでした~
このシートで長時間座っているのはかなり疲れそうです・・・


ちなみに固定式クロスシートとはコレ
固定式クロスシート



5分ほどの停車で「はつかり」は出発してしまいました。

はつかり発車



弁当売り場には3月20日1日限定の「はつかり運行記念弁当」(¥1000)が販売されています。

はつかり弁当






オバ鉄は久し振りのイベント参加に疲労困憊。

東京駅の大丸デパートに行き、10階にある茶寮「都路里」で癒しのティータイム♪

大丸店限定の「古都パフェ」(¥1400)をオーダー。

都路里パフェ


煎茶セットもあります♪
都路里1



「都路里」では桜の季節になると桜アイスが登場するんです♪
少し塩気の効いた桜アイスはさっぱりしていてトレビアン!

アイスが嫌いなオバ鉄でも食べられます♪
東京にいながら京都の味を堪能できるなんて「し・あ・わ・せ」♪
ハッピーな1日でした^^

次回へGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
長野・飛騨高山 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

予定外の【まるまど祭】

2008.06.23(11:34)
鉄道の旅 番外編 3泊4日で長野~立山黒部~飛騨高山めぐりの旅 最終話。

飛騨高山で食べまくったあと・・・予定外の出来事発生!

(第1話はコチラ→第1話を読む

↓↓最後はやっぱり温泉でしょう・・・・・静かに入ろうね^^;

あぐりの湯


食べ歩き&足湯満喫♪の高山市からの帰りは、
R158を松本市に向かって走ります。


もちろん、寄り道は必須。
高山でさんざん食べつくしたあとでもガンガンいきます!


最初の寄り道は安房トンネルの手前 平湯温泉

平湯温泉は乗鞍岳の麓にある ひなびた風情の温泉街です。

といっても、観光シーズンには、
キャンプ場はぎっしり埋めつくされており、それなりににぎわってはいるよう。

上高地へのバスが出ていることもあって、バスターミナルがあり、
この近くにお目当てのお店「つるや」(雑貨・お土産販売のお店)があります。


そのお目当てとは・・・

温泉卵(¥50)♪♪♪


まさに湧き出るお湯につかっているこの温泉卵が絶品!
こんな感じ↓
温泉卵



黄身も白身も ぷるんぷるん♪で
とろけるような食感
完璧な半熟加減が最高!

ヤミツキになるおいしさに、
高山の帰りには必ず買いによってしまうのです。


---- 完璧な半熟温泉卵に舌鼓をうったら、
次のグルメスポットへと いざ出発!


道の駅「風穴の里」は、
安房トンネルを抜け、奈川渡ダムの近くにあります。
(松本市安曇野)


この道の駅の駐車場の一角にはテントがあり、

ドイツ製法のソーセージをその場で焼いたものが(¥350)が販売されています。

これもまた美味♪

シンプルに塩がきいた
クセのないお肉のうまみがジュワ~っと口の中に広がる食感が
グッド!

おいしい~♪


名物はこれだけではなく、
生産物の直売所がまた たまりません~
 

夏になるとスイカや桃・ぶどうなどがカット販売しているので、
旬のみずみずしさ満点!とれたて果実の味を堪能できるのです♪

もちろん、カット売りのほかにおみやげ用もあります。
カット売りで、満足できないときは箱買いすることも。
直売所なので安いのも魅力ですよ♪


さて、いいだけ食べたあとは本日の宿泊先である上田市へ。


あとはホテルに行くだったハズが・・・・
上田市内に入ると、突然 息子が上田電鉄【下之郷電車】車庫まで行きたい
というので、

オバ鉄】一向は下之郷へ。


上田電鉄別所線とは
上田市の上田駅から別所温泉駅までを結ぶ路線↓↓
上田電鉄路線図

(↑↑クリックすると大きくなります)


2005年 10月3日 より上田交通から子会社の上田電鉄の運営となっています。

かつて側面に丸窓を持つ丸窓電車が走っていました。

1973年に別所温泉廃止の方針がだされたのですが、
地元の運動などで危機を逃れたものの
再び存続問題が浮上し予断を許さない状況のようです。

下之郷駅に着くとカメラを持った鉄オタさんたちが40人ぐらいいて、びっくり!
↓ ↓
まるまど祭


5月4日・5日の2日間「まるまど祭」と称して
5251号車と7254編成の撮影会が行われていたのです。

鉄道オタクの漫画「鉄子の旅」の影響でしょうか、




若い女性も数人いました!。
さらに 何組かのアベックも(驚)。

親子連れもいて、小規模ながらそこそこにぎわってましたね~


オバ鉄】としては、こういうイベントを開催して
少しでも乗客数が増えてくれればよいのですが・・・
(と、いいつつも【オバ鉄】たちは車で来ちゃいました)

と、こういうイベントで非常に重要なのは、グッズ!

いちおうグッズの販売もありましたが、
最終日の午後3時とあっては、目を引くようなお宝はすでになく
記念に硬券3枚(¥200)を購入したくらいです。

とりあえず、電車をパシャっ
上田電鉄



そんな下之郷の駅前には
日本中央生島足島(いくしまたるしま)神社
と書かれた標識が立ていて目をひきました。
↓↓
神社



参拝して行きたかったのですが、時間がなく あえなくホテルへ帰りました・・・


それから 【オバ鉄】たちが毎回利用するおすすめリーズナブル温泉スポット
小諸市農村資源活用交流施設「あぐりの湯こもろ」(¥500こども¥300)へ。

目玉はなんといっても
展望露天風呂からの浅間連山の景色! お見事!


はるか遠くに見えるのではなく、
近くにそびえている距離感がグッドです。

あぐり


鉄オタ的にさらにおいしいのは、
連山の裾野に、上信越自動車道や「しなの鉄道」が望めること。


運が良ければ、露天風呂に入りながら「しなの鉄道」の列車が見えるんです♪

こうして 食べ歩きまくった足を癒しつつ、浅間山を堪能した
オバ鉄】たちは上田駅前の東横インに泊まり、

よく6日にUターンラッシュを避けるため早朝に我が家へ出発したのでした=3


次回は、
オバ鉄】史上未曾有の悲惨さをほこったあの旅のリベンジ!の旅です。

【オバ鉄】史上未曾有の悲惨さをほこったあの旅のお話はコチラ





ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ

食べ歩き&じんわり温泉&秘境気分満点♪高山

2008.06.18(10:23)
鉄道の旅 番外編 3泊4日で長野~立山黒部~飛騨高山めぐりの旅 第3話。

今度は飛騨高山へ食べ放題♪の旅です♪

(第1話はコチラ→第1話を読む

今回の目玉は コレ↓ です。
足湯1



■ 5月5日 朝5時30分 松本駅前を出発

松本から岐阜県高山市へ行くには、
R158→安房峠トンネル(有料道路:普通車¥750)→岐阜県→高山市

というルートを走ります。



時間にすると2時間弱。
途中までは上高地へ行くのと同じルートなので、
時間帯を見誤ると、どエライ渋滞に巻き込まれることもあります。
ご注意を。


■ 7時10分 高山祭で有名な高山市に到着

高山祭とは、巧みな動きを披露するからくり人形や仕掛けが施された「屋台」が披露されるお祭りです。
「屋台」の一つがコチラ
↓    ↓   


(クリックすると画像が大きくなります)


さて、高山市は古い町並みを歩いてまわれるスポット。
当然、車は駐車場へ。
我が家では、良心的なお値段+場所が良い という好条件である
鍛冶橋近くの市営かじ橋駐車場に駐車しています。

この駐車場、
朝8時からの営業なのですが、
なにしろ到着したのは、7時10分・・・

にもかかわらず、親切な職員の方が駐車場へ入れてくれました~(ホっ)
(注:この駐車場も、10持ごろになると入れなくなります。混みます!!)


---高山市を訪れて まず最初に向かうのは
鍛冶橋のたもとにある小さなみたらし団子屋「二四三屋」。(お団子1本¥70)

 ↓  ↓
二四三屋


高山のみたらし団子は、
関東のように甘くありません。

醤油だけの素朴な味付けなのが特徴的。

そして、
表面がこんがりと焼かれて、お餅の歯ごたえはやわらか~&もっちり!


お醤油の香ばしいニオイがたまりません~!!
家族みんな1本ずつパクリ!
 

と、お団子はまたたくまにペロっとたいらげ、
鍛冶橋を朝市へと渡っていると・・・・

眼下の宮川には、お約束!!
鯉がたくさん泳いでいるではありませんか!

そしてまたもお約束なことに、
宮川の朝市であつらえたように売っている鯉のエサ(¥100)をダンナ様が買い、
鯉にエサを与えておりました~

と、思ったら・・・
10分も経っていたかいないか、
ダンナ様は朝市で またもみたらし団子を2本購入。(こちらは1本¥60)


ダンナ様と息子は2本目のお団子もまたたくまにパクリ!

団子



・・・たいらげたかと思ったところで、今度は

朝市をブラブラ歩きながら、
皮をむかれてくし形にカットしてあるりんご6個入り(¥100)をパクパク。

続いて
手焼きせんべい(¥200)をバリバリ。


そしてやっと!
息子の好物である牛串屋が開店したところで、
早速1本ガツリ(¥300)。

ひととおり、いつものメニューをたいらげたら、
国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている三町通りに移動。

「さんまち」は、上一、上二、上三之町、下一、下二、下三之町
の総称で江戸時代からの商人の町として栄えてきたところです。

現在は、民芸品、和雑貨、土産物産、カフェが軒を連ねていますが、
古い町並みの趣は、情緒にあふれんばかり!

ちょうど見ごろの藤がまた彩りを添えてノスタルジック!
記念にパシャっ
藤



といっても、お目当てはやはり食べ物ですけど。
最初の獲物は、大のや醸造の「糀味噌」。

大のや醸造では無料で味噌汁の試飲ができるサービスがあります。

おちょこほどの小さい紙コップで味わうことができるわけですが、
ダンナ様と息子は図々しくも、一人で三杯もたいらげてましたよ(恥)。

味噌汁


(注:お味噌は3つ買いましたけど、持ち歩くのは重いです。
地方発送できますので、電車の方はぜひ地方発送で。)


こうして、大のや醸造の戦略に見事にはまり、
このお店の味噌の虜になった息子は、市販のお味噌の味がうけつけない舌に・・・・

ということで、我が家はわざわざ大のや醸造のホームページからネット注文で取り寄せています。

ここで健康&お得情報

知人のマッサージ師さんの話によれば・・・
「大腸の調子を整えるのには味噌汁が一番!」
だそうです。
発酵食品だし、ミネラルが豊富な食べ物ですしね。

ただし!
お味噌は長期熟成でないと効果がイマイチなんだそうです(驚)。

「長期熟成」とは、半年以上味噌をねかせてから出荷すること。
スーパーの店頭に並ぶお味噌は、意外にも長期熟成の味噌がないのです。
(デパ地下でも見つかりませんでしたよ・・・)

ところが、偶然にも息子が虜になった大のや醸造の糀味噌は、
1年間熟成してある味噌だったのです!

おかげで【オバ鉄】も半年前までは、お腹をこわしやすかったり、かと思えば便秘をしたりと
大腸の調子が不安定でしたが、
朝晩と長期熟成の味噌を使った味噌汁を飲むようにしてから
症状がだいぶ改善してきました。
試す価値あり! ですよ。


----話は戻って・・・

大のや醸造で味噌汁を堪能した後は、
オバ鉄】と娘は甘味どころの「よしかわ」へ。

このお店の白玉は少し小さめサイズで食べやすい!&やわらか~い食感で美味♪
です。

オバ鉄】は、抹茶ミルクとあずき白玉のセット¥750
をオーダーしましたよ♪


別行動のダンナさまと息子はといえば、
さらに、みたらし団子を2本も食べ、
息子は牛串を2本
手焼きせんべい1枚 
牛乳1本をたいらげたそうで・・・

息子はすっかり食欲大魔王です。


そんな息子ですが、
オバ鉄】たちが、高山を訪れ市内巡りすること10回目!に対し、

息子は昨年の5月までは高山の駅から名古屋・富山・神岡鉄道と列車に乗りまくり、
市内を訪れたことはありませんでした。

ところが、昨年5月初めて市内を散策してからというもの
趣深い町並み&空気がキレイなところでの
食べ歩きの魅力にとりつかれてしまったのです・・・

おそるべし、「食べ歩き」の魔力・・・・


そして、もうひとつ、息子のお気に入りがあります。
それは「足湯」 。

場所は、三町通りから歩くには遠い場所。
ちょこっと車で移動したところにそびえる
天皇一家も滞在したという高山グリーンホテル

このホテル内には、飛騨物産館が併設されているんですが、

一般客にも開放している 無料の足湯があるのです!

足湯



この足湯で、市内巡りの足の疲れを癒します。
息子も足湯につかり気持ちよさそうでございました♪


そして再び 物産館の試食あさりをしていました・・・
   ↓  ↓
試食



こうして お腹が満杯になったところで
オバ鉄】たちは、本日の宿泊先である長野県上田市に向かいます。


次回は最終回!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ

秘境の絶景はヒミツのトークショーからできている?!

2008.06.14(17:47)
鉄道の旅 番外編 3泊4日で長野~立山黒部~飛騨高山めぐりの旅 第3話  
黒部アルペンルートの後半です。


(第1話はコチラ→第1話を読む

今回はなんと!立山の絶景の立役者に遭遇?!


黒部ダムはこんな↓↓景色です・・・・
黒部ダム1



黒部アルペンルートのなかでも、
標高2450mの室堂駅 で、気温5.5℃の寒さをしのぐ強風に
早々に撤退した代わりに

帰りに大観峰の展望台へ寄りました。

展望台へと続く階段を息を切らせて上ると・・・


圧倒される景色の素晴らしさ!!


眼前に広がるのは
見惚れてしまう 立山連峰の壮大なパノラマ。


これほど美しい景色を見られることはめったにありません。
というか、過去5回訪れている【オバ鉄】でさえ、初めて。

なにしろ 季節が温かくなると、たとえ晴れていても
ガスがかかってしまい、山の稜線がぼやけてしまうのがほとんど。
そのガスがまったくないのです。


山頂に残った雪は峻厳な岩峰をさらに鋭く際立たせ
峰々の稜線が鮮明に浮かび上がり美しい線を描いています。

眼下にはエメラルドグリーンの水をたたえた黒部湖が
陽光を星のようにきらめかせ
まるで、映画でも見ているような絶景。

黒部湖



ふと、息子のほうをうかがうと、
オバ鉄】同様 言葉もでない様子。
ただ呆然と食い入るように眺めています。

息子



いつもは、観光になど目もくれずに
別行動をしている息子も

「黒部に行く?」
と尋ねると、意外なことに
「大自然が見てみたい」
と言って一緒についてきただけあって、
満喫しているよう。


今回は ダンナ様が室堂でライチョウを見たい
ということで黒部を訪れたわけですが、
ライチョウは拝めなかったものの
これはこれで わざわざ来た甲斐がありました~
 


・・・大観峰と言えば、忘れてはならない名物があります。

それは、
帰りのロープウェイの改札が始まると、
ロープウェイに乗るお客さんだけを隔離し、
繰り広げられます。

ロープウェイに乗車するまでの5分足らずの時間に
立山黒部貫光(株)のスタッフが始めるのは、
華麗なる販促トークショー。

まずは、
黒部の代表的な絶景の写真を使って、
雪に埋もれた高原バス道路の除雪作業の苦労話などを
ダジャレとユーモアを交えながら軽快に語ります。

その軽快で巧みなトークは、
ロープウェイに乗るのに待たされてちょっとイラっとしていたお客さんも
思わず何度も笑いだすほど。


そうこうして、お客さんの心をガッチリ掴んだところで、
最後に取り出したるは大観峰限定発売だという写真集(¥1000)。


そうです。
この販促トークショーの真の目的は、
ロープウェイの待ち時間を巧妙に利用した写真集の販促。


これもまた、絶妙なトーク。

ただのビニール袋を
「今ならもれなくオリジナルハンドバック付き」 と言ったかと思えば、
「ライチョウのスタンプと5月4日の日付入り(夕べのうちに押しておくらしい)」
と、「限定」感をアピール。

極めつけは、
20メートル級の雪の壁で有名な「雪の大谷」の除雪作業(その金額たるや億単位!)
に一助を!

と、雪の大谷にかかる莫大な費用ネタを強調。
どうやら、この販促トークショーで、
立山の絶景の維持に必要な莫大な資金の一部を捻出しているような
演出です。
うまいですね~

そして、いつの間にか乗客の周りには
写真集を手に持ったスタッフが構えているという用意周到さ。
(¥1000というお値段も、おそらく細かい釣銭をださないための戦略でしょう)


たかだか5分程度のトークショーですが、
待ち時間をムダにするどころか逆手にとり、
ただ置いてあるだけなら到底売れないであろう写真集を売りさばく
富山商人のソツのなさには脱帽もの。


さらには、黒部平の売店には必ず試食がおいてあって、
おいしいとつい買ってしまう心理を利用している抜け目のなさがあっぱれ。


富山は「先用後利」の薬売りで有名ですが、
大阪商人とは違った手堅さを感じます。

石川県では「富山から嫁をもらえ」というそうですが、
なるほど はからずも実感しっぱなしでした。

そして つい買ってしまったのが
コレ↓(クリックすると画像が大きくなります)


しろえび紀行は、えびの味が濃すぎず、いい塩加減!
クセになる味に、結局あとからネット注文してしまいました~


■ 10時50分 出発地点である扇沢に到着


扇沢ー室堂の往復にかかったのは4時間!

それでも【オバ鉄】たちは始発から行動しているので
順調に進んだほう。

販促トークショーのスタッフの話では、
この日も、もう各乗り物が2時間待ち!
になっているということだったので、

黒部を観光する際は朝一番に行ったほうがベターです。

黒部アルペンルートの乗り物についてのサイト→コチラ

宿泊先の松本への帰り道。
オバ鉄】たちは 安曇野市豊科にあるお茶元みはらの
「胡蝶庵」という和風カフェでランチ。

「胡蝶庵」は、明治7年創業の老舗のお茶屋で京都の
都路里のように抹茶を使ったスウィーツが充実しています。

たとえば、人気商品なのが、
コレ↓↓(クリックすると画像が大きくなります)





また、抹茶の風味を生かしたオリジナルのうどん・そば・パスタのメニューがあり軽食もOK。


オバ鉄】と娘の好物は 3食だんご(1本¥105)
ゴマ&くるみ&こしあんと3つの味が楽しめてモチモチの逸品です。


3色だんご



ちょうど桜の季節だったからか
道明寺桜餅(¥100)が販売されていたので思わず購入。
道明寺特有のつぶつぶの食感に甘すぎない抹茶あんが美味♪

道明寺のピンクと抹茶の鮮やかな緑が見た目にも美しい一品でした~

道明寺



次回は飛騨高山へ行きます!
GWといえども、毎日4時とか5時起き・・・ →つづきへGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ

黒部アルペンルートでライチョウの代わりに見たものは・・・

2008.06.09(11:06)
鉄道の旅 番外編 3泊4日で長野~立山黒部~飛騨高山めぐりの旅 第2話  です。

(第1話はコチラ→第1話を読む

今回は、黒部へ行ったのですが・・・・だいたいこんな感じでした。↓↓
室堂で



■ 5月4日 朝5時35分 松本駅前のホテル(東横イン)を出発

松本から黒部へ行くためには、まず30キロほどある大町をめざします。
R147をひたすら北上です。

途中 豊科付近にさしかかると進行方向左手に常念岳が現れます。

その景色の美しさといったら・・・・!!
安曇野で一番美しい時期だと思えるほど。

うっとり~~~

山々の深い青
それを彩る残雪の白さ
背景には極上の澄みきった5月の青空


これ以上ない究極のコントラスト!
遮る人工建築物がない自然のパノラマ!

安曇野


昔、「青い山脈」という歌がありましたが、
この表現にぴったりの景色です。
緑色ではなく、まさに「青い山脈」そのもの!

さらに秀逸なことには、

この自然のパノラマが
田植え前の水がはってある水田に
鏡のように映し出されていること!

これがまた たまりません!!(興奮)




■ 6時45分 黒部へ行くのに出発点となる扇沢駅に到着


この扇沢駅で、まずは関電トンネル トロリーバス に乗ります。

こんな↓↓バス
トロリーバス



運よく始発の7時発のすべりこみセーフ!
(ホントは、チケットを購入した時点で、乗るバスは指定されてしまうシステムです。
たまたま、定員が空いていたらしく、指定時間より早い時間で乗せてもらいました。)


このトロリーバスですが、どこでも乗れるわけではありません。
レア です。

どれくらい レア かというと、
日本でトロリーバスが運行されているのは関電トンネルと
立山トンネルの2か所しかない レア度です。

で、トロリーバスって何?  かというと・・・

正式には 
レール上を走らない無軌条電車で排ガスが出ない 
という流行りのエコな乗り物。


エネルギー源は電気で、
電車のようにポールを使って架線から電気を取り入れています。


----約15分で黒部ダム駅に到着。

お次は、ケーブルカーに乗車。
ケーブルカーに乗るには、
黒部湖駅まで約10分ほど歩きます。
歩くのは、黒部ダムの堰堤。

これがまた 絶景!



(注:イメージ)

黒部ダムは日本最大のアーチ式ダム。
そのスケールの大きさといったらありません! ↓↓

黒部ダム



名物は、ダムからの放水。
日本最大スケールのダムからの放水ですから、
そりゃあ勢いがあってお見事♪


そこにかかる 虹がまたステキなんですよ~♪

虹って、普通なら見上げる角度です。
でも、このダムの放水で見られる虹は、
上から見られるんですよ。

「上から見下ろせる小さな虹」

これって滅多にできない体験ですよね♪


・・・ですが、
それを眺めるのを楽しみにしてきたのに、
観光放水は6月下旬からでガッカリ。
虹を見るなら、6月下旬以降ですね。

今回は、放水のイメージだけ載せておきましょう。
  ↓↓


(注:イメージ)



---ケーブルカー乗り場へ到着。
(ちょっと混んでます。)

ケーブルカー



この黒部ケーブルカーもまたレア。
雪害防止と景観保護のため、
日本で唯一 全線地下式なんです!
・・・言われてみれば、ケーブルカーって地上を走ってますよね、フツウ。


さらにレアなのは、
観光用としては最大勾配31度! だそうです。


といっても、到着駅の黒部平駅までは乗っているのは5分ほど。


黒部平駅から
次の大観峰駅までは立山ロープウェイに乗ります。

このロープウェイもまた レア。
全長1.7kmで、支柱が1本もないワンスパン方式では日本最長を誇ります。

別名 はしらないロープウェイ(「柱がない」という言葉にかけてある)。
と、スタッフがダジャレを飛ばしていました。


とはいえ、「動く展望台」と称されるだけあって、
絶景が拝めます。

こんな感じ↓↓(注:イメージ)




難点は、乗車人数が限られているため、
乗車するのに時間がかかること。

ケーブルカーに乗る黒部湖駅で
このロープウェイに乗るための番号がかかれた整理券が前もって渡されるのですが、
ケーブルカーを降りてもすぐには、順番はまわってきません。

なので、
ロープウェイの番号を呼ばれるまでは
必然と黒部平の散策になります。

売店から外へ出ると---


視界を遮る2m級もの雪の壁!
がいきなり眼前を塞ぎます。


黒部には5回は訪れてますけど、いずれも8月と10月だけ。
5月は初めて。


5月でまだ2mもの積雪があろうとは・・・
ところが、この2mの積雪が残る寒さもなんのその。

ダンナ様は 好物のご当地ソフトクリーム:山ぶどうソフトを
嬉しそうにほおばっています・・・
   ↓     ↓
ダンナ様とソフト



---30分近くの待ち時間のあと、
ロープウェイで約7分ほどの大観峰駅に到着。


今度は、立山トンネルトロリーバスにすぐに乗車。
(混雑時は、待ち時間あり)


見た目は、最初に乗ったトロリーバスと同じでしたが、
座席に座ってびっくり!

関電トンネルのトロリーバスよりクッションがイイ!
暖房まで効いていて温かい。
冷え性の女性にはこういう細かいサービスが嬉しいですね~


およそ10分で室堂駅に到着。
室堂


室堂駅は日本で最も高い(標高2450m)のところにある駅。

オバ鉄】たちは 特別天然記念物の【ライチョウ】 ウォッチングにと気軽に来のですが・・・

(ライチョウ:イメージ↓↓)




見渡す限りの雪!雪!雪!


一面の雪景色に 観光客の半分ぐらいは
春山スキーを楽しみに来ているようで
立山から優雅に滑走していました。


そう、スキーができるくらいですから、
気温は5.5度。

しかしながら、最大の敵は寒さではなく、
吹き荒れる強風でした。
(日焼け防止にかぶっていた帽子がとばされそうです・・・)
↓    ↓
立山


もう寒いを通り越して、
立山やから吹き下ろす風で真っすぐ歩けません・・・

冗談ではなく、体ごと吹き飛ばされそうな勢いなのです。


それでも 「みくりが池」を見たいと
ダンナ様が言うので、
ザラメ状の雪の上を風と戦いながら歩いてみましたが、
雪で池は見えませんでした~(ガックリ)

そんなこんなで、
絶好の快晴にもかかわらず、白銀のきらめく世界を満喫する余裕も気力もなくなり、
結局は売店で立山ミルクアーモンド「星の雫」を購入して早々に退散。
(黒部にライチョウの卵なるホワイトアーモンドチョコは数あれど、
「星の雫」が一番おいしいです。)

代わりに、帰りに大観峰の展望台へ、絶景のごちそうを堪能することに。


つづきへGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ

桜満開★軽井沢&北信五岳★絶景スポットの旅

2008.05.28(11:33)
鉄の旅 番外編!

今回は 鉄旅をお休みして、
ゴールデンウィーク4日間で3県をまわる旅
長野&絶景満喫の「黒部」&食べ歩きツアー「飛騨高山」 めぐりをご紹介♪

・・・絶景スポットなのに、争ってます? ↓↓
姨捨



【オバ鉄】のダンナ様は鉄道よりも、車を運転するのが好きで、
大型連休のときはいつも車で家族旅行に出かけちゃいます。


ということは、
息子の鉄道好きは【オバ鉄】のDNAからきているのかな??


■ 2008年5月3日 


朝の4時45分に自宅を出発。
最初の目的地である軽井沢に着いたのは午前10時15分・・・・


通常なら2時間半で到着できるのに倍の5時間半!もかかり、
すでに一行はぐったり。

ゴールデンウィークの渋滞は考慮して出発時間を設定していたのですが、
すでに関越道の所沢付近から35キロ! の大渋滞
という惨敗っぷり。


一方、鉄オタの息子は
ちゃっかり一人で新宿からあずさ281号に乗って来るプラン。


息子一人だけが渋滞を免れ、のほほんと列車の旅♪状態に
家族一同ブーイングなのは 言うまでもありません。


ここで、リーズナブルなグルメ情報★


関越道を下る旅をするなら、必ず寄っていただきたいのが、上里サービスエリア
ここには、レストランプリンス(プリンスホテル系列)が経営している
パン屋さん「フルーニ」があります。


このパン屋の人気No.1なのが、富良野メロンパン(180円)。
超美味♪おいしい~ですよ♪

   ↓   ↓
メロンパン



そのおいしさは、焼きあがると同時に売り切れてしまう人気ぶり。
機会があったらぜひとも食べてくださいね。



・・・さて、35キロの大渋滞を味わい尽くし、
すっかり疲れてしまった【オバ鉄】一行でしたが・・・



旧軽井沢の満開の桜を目にして

「ああ、着てよかったね~(うっとり)」


と、疲れた心が少し癒されました~。


そしてもっと癒されようと、花より団子とばかりに向かったのは、
旧軽井沢、略して旧軽に着くと必ず訪れる、

喫茶店の「ぱいつぼおる」。


店内は山小屋風で木のぬくもりを感じる落ち着いた造り。
【オバ鉄】はこのお店のトーストが好物♪


厚めに切ったトーストをこんがり焼いてあって、
カリカリっ とした歯ごたえがたまりません!


モーニングサービスは740円です。
(ミニサラダ・飲み物付き)


お茶をしたあとは、ご当地限定キティ漁り。
こちらも御用達のお店である「9th AVe」へ いざ!


ご当地限定キティは、通常、そのお店がある都道府県か、
隣県のものしか売っていません。

ええ、ご当地限定 ですから。


ところが、このお店は、長野県の限定キティはもとより
隣県範囲も広域の品揃え。

群馬・栃木・埼玉・山梨・静岡 と豊富なラインナップで
コレクターにとっては効率よく購入できて非常に便利です。


お次は、忙しい主婦におすすめアイテムがある大城レース店

こちらでのイチオシはなんといっても
ノーアイロンエプロン(¥3360)」。
(調べたら、インターネットで購入できるみたいですね~)


価格的にはちょっとお高めですが、
●レースがカワイイ!&品がある
●ノーアイロン生地だから洗濯後のアイロンいらず!


という便利アイテム。
母の日やお母さんの誕生日プレゼントには最適♪のおすすめ品です。



・・・こんな感じで
軽井沢でショッピングを楽しんだ一行は、

上信越道を北上し、更埴ジャンクションから中央道方面へ。

と、その前に、軽井沢駅に停車中の新幹線をパシャ

ホーム





途中、姨捨(おばすて)サービスエリアで休憩。
姨捨駅と言えば、鉄オタたちの聖地。


スイッチバックはあるし、
ホームからの眺めは、日本三大車窓のひとつに名を連ねるほど。


その絶景が姨捨サービスエリアからも眺めることができるのが
このサービスエリアの魅力。


おあつらえむきに、快晴!で、遠くの山々もハッキリくっきり見える
絶好の天候です。

姨捨景色



そんな景色をサービスエリア内の軽食コーナーで昼食を食べながら
(きしめん¥450。長野なのにきしめんとはこれいかに!
でも結構おいしかったです♪)
善光寺平の雄大な景色を眺めるのは贅沢このうえなし!



眼下にはりんご畑が広がり、可憐な白い花が咲いています。
くねくねと蛇行するのは千曲川。



はるか彼方には、左から戸隠連峰、妙高山、黒姫山、飯綱山、斑尾山と
北信五岳が見えて、ほんと贅沢でした~。



---本日の宿泊先である松本に到着。
(長野の御用達は東横インです。パソコンが無料で使えるのでめちゃめちゃ便利♪)


すぐに開智小学校の近くにある和風喫茶「開運堂松風庵」で、
本日2回目のティーブレイク。


松風庵は近代的な建物でありながら、
隣接するお茶室と庭園が
まるで京都のような落ち着いた雰囲気をかもしだす風情あるお店。


喫茶室から眺める庭園の新緑と5月の風が生み出す葉ずれの音を聞きながら
いただくお煎茶はなんとも贅沢!

開運堂




オーダーは「お煎茶と季節の和菓子(¥630)」。
(煎茶は京都の老舗「一保堂」の高級煎茶を使用しているので絶品!上品な味わいです)



■ 16時16分


列車で長野まで来た息子を松本駅まで迎えに行きます。

松本駅




ここで、鉄オタ向け情報♪
2006年に東西自由通路が完成して便利になりましたよ~


息子と合流すると、今度は松本駅の車両基地へに寄り道♪♪
(注:鉄オタは、たくさんの列車を見られる車両基地が大好き♪)


写真をパシャっ

車両基地



そして車で20分ほどの日帰り温泉施設「おぶ~」へ。


この施設には
ジェットバス・サウナ・5種類もの露天風呂があるほか、
軽食コーナー・整体足つぼマッサージコーナーも完備。

一日の旅の疲れを癒すには最適スポットです♪
(平日¥600 土休日¥650)

さあ!次の日は、黒部へ!
(・・・また、早起きです・・・)  →つづきへGO!

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
| ホームへ |