TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||


「お二人様」なら北斗星ロイヤル個室がちょっぴり安く乗れるかも?!

2008.04.09(14:37)
今回は、北斗星ロイヤル個室♪♪で、竜飛海底駅見学の旅

です。

第1弾は、たっぷり北斗星のロイヤル個室をレポート!

お二人様ならロイヤル個室がちょっぴり安くなる?!裏ワザもご紹介!

まずは、北斗星のロイヤル個室をちょこっとご披露。・・・おや?
          ↓      ↓      ↓





時間軸は、2007年7月のことでございます。



■ 2007年7月19日 16時30分

上野駅13番線の地平ホーム

北斗星1号(JR北海道編成)が入線。

記念写真をパシャっ

北斗星



北斗星に乗車するのはこれで3回目ですが、
今回は いつもとグレードが違います!!

なんと!!
一人用ではJR中で最高グレード!一編成に4部屋しかないレア個室!!!!


A寝台一人用個室ロイヤル♪♪

をゲットしました===3
(やったぞ~!^ ^!)


※A寝台一人用個室ロイヤルのお値段は・・・
1室17180円。補助ベッド9,540円で2人使用可能)

オバ鉄と息子は10号車11番に乗車。


さて、

一人用ではJR中で最高グレード!
一編成に4部屋しかないレア個室!!!!


の気になる室内は・・・


土足厳禁!
備え付けのスリッパでゆったり過ごせます。
(スリッパは持ち帰り不可。残念!)


ベッドは線路と直角に設置。


ほかの寝台個室と違って・・・小さいですが、テーブルと回転式のイスもあるんです!


さらに!
こじんまりとしてますが、クロークとハンガーも!!


極めつけは、
シャワールーム!!

シャワールームは通常は、個室でも共有ですから、
取り合いです。


でも!


個室にシャワールームがあれば、時間を気にせず
ゆっくり使えます~♪
女性には、嬉しいですネ♪
(残念ながら、お湯は10分間だけのタイマー式で出る仕組みですけど。)

もちろん、このシャワールームには、

通常、シャワールームを使うときは、
持参するか、自販機で購入する必要があるタオルも、

バスタオル、フェイスタオル・バスマットと、
ホテルさながらにセッティングされています!


しかも!

洗面台の横には、カミソリ用のコンセントもばっちり設置!!


といっても、
息子はカミソリは使用していないので活用できない

と、思いきや・・・・

用意周到な息子は、
自宅からコードリールを持参し、
携帯電話の充電に活用してました。
(あっぱれです。こんな使い方もあります。)


ちなみに、
このシャワールームの中には、収納式のトイレと洗面台も
あるんです~♪♪

トイレも通常は、共同利用ですから、
いちいち部屋の外に出なくても

トイレに入れるのは女性には嬉しいかぎり♪

洗面台もあるから、
お化粧もゆっくりできます♪♪


でも!
このロイヤル個室の充実ぶりは、

これだけではありません!


アメニティグッズも【北斗星】仕様でホテルさながらの充実ぶりなんですよ~

↓   ↓   ↓
アメニティグッズ




持ち帰りができるアメニティーググッズが、
歯ブラシ・シェイバー、クシ、石けん、シャワーキャップ

そして、アフターシェーブローションセット。

いたれりつくせりですね ^^V


マニアックなところでは、
ルームキー もたまりません!


ロイヤル個室のルームキーには、
革製のキーホルダーが付いていて、
「ROYAL」と刻印されているのです♪


このルームキーは、
検札にきた車掌さんが渡してくれます。


そのカッコ良さに
オタク心が刺激され、

翌朝、8時ころ、6号車のロビーカーでキホルダーが販売されていたのを
思わず買ってしまいました=3

↓   ↓   ↓
キーホルダー




と、もうひとつ
ロイヤルならではのサービスがあります。

それは、ウェルカムドリンク♪

このウェルカムドリンクは、
尾久車両センター付近で、届けてくれます。


ウェルカム・ドリンクというと、
グリーン車で受けたサービスだと、

メニューから好きな飲み物を選べるのがパターン。


なので、楽しみにしてたんです。


・・・ところが・・・・


届いたのは、

小樽ワインの白 
ウィスキーの小瓶
ペットボトルの水(小)
缶入りのお茶
ワイングラスと氷

(・・・・・・・・・。)

↓   ↓   ↓
ウェルカムドリンク



まあ、お酒が飲める方なら、なんの問題もない
ラインナップですが、

いかんせん、【オバ鉄】は下戸。
同乗の息子は、中学生の未成年。


飲めないじゃん!(><)!


届けられた品々を眺めて、絶句です(涙


それでも、
息子は 雰囲気だけでも楽しもうと、

回転イスに座って
空のワイングラスを手に持ち、
広い窓から景色を眺めてみたり・・・

そして、

「あ~!! 酒が飲みてえ」

と、叫んでました。
(ダメです。)

↓  ↓  ↓
ウェルカムドリンク (2)



だけど、せっかく
一編成に4部屋しかないレア個室!
ロイヤル個室に乗車して、もらったものなので、


ワインとウィスキーは
記念に持って帰り、

息子が成人したら飲むと言っていました。
(やれやれ・・・)


■ 北斗星が走り出して・・・21時。ところは、食堂車。


この時間になると、
食堂車「グランシャリオ」(フランス語で北斗星 という意味)は、
予約なしで食事できるパブタイムです。


食堂車の内装は
オリエント急行を思わせるような
クラシックな造り。


カシオペアの食堂車は現代調で色気がないので、
【オバ鉄】は「グランシャリオ」のほうが好み♪です。


息子は尊敬する(?)漫画鉄子の旅で有名な

↓ ↓ ↓


鉄オタ:横見氏が美味しいと絶賛していた
ビーフシチュー(1,600円)とケーキセット(700円)をオーダー。


車窓を眺めながら(ちょうど仙台駅付近)、
ビーフシチューに舌鼓をうちつつ、

「ああ、いい雰囲気♪♪ 最高だね」

と、喜び、北斗星の雰囲気を満喫してました。

グランシャリオ




と、ここまで書いておいてなんですが、


このロイヤル個室は、

何度も書いているとおり、
【一人用個室】 です。

でも、利用するのは、
【オバ鉄】と息子の二人なんです。

でも、【一人用個室】でも
二人が利用できるんです。


それはなぜか!!


タネあかしをすると・・・


このロイヤル個室は、【一人用個室】ではありますが、

補助ベッドがあるんですよ~♪


だから、【一人用個室】でも、
二人で利用が可能なんです♪

しかも、ツインで乗るより、安い!!


補助ベッドといっても、
けっこう立派。

ホテルの補助ベッドって、
サイズも小さめだし、高さも低めなサイズですが、

このロイヤル個室の補助ベッドは、
もともと設置されているベッドと同じ高さがあります。


並べると、


ベッドはダブルベット状態になるので、
そんなに窮屈な感じはないですよ。


■ 真夜中

さてさて、
せっかくのロイヤル個室だから
気分良く寝たいところ。


ところが、真夜中。


就寝中の出来事です。


「~~~?????」


【オバ鉄】は体が重く感じました。


「これはもしや、金縛り?!(たまになる。)」

と、たまに金縛りにあう体質なので、
一瞬 冷汗状態。


と、思いきや・・・


見れば、
息子の太い足が私の太ももに乗っかっているではありませんか!!!


・・・重たいハズです。
身長170cm前後の長身の男の太ももなんて、

お世辞にも軽いわけがありません。


当たりどころが悪かったら、
打撲でもしそうなリスクがあるくらい重いです・・・


息子の隣で寝るのは 命がけ・・・・


その後、
カタコトと列車に揺られながら、眠りに入ると、

突然、列車の揺れが止まりました。


「!!。??????」

【オバ鉄】はまたもや、
飛び起きるハメに。


カーテンをあけて 外を見ると
上りの北斗星4号が止まっていました。


「ああ、今年から 青森駅ではなく、青森の信号所で、
津軽海峡線専用の電気機関車に付け替えているのか・・・」

そう。
津軽海峡を渡る北斗星は、
津軽海峡線を通るため、専用の電気機関車に付け替えるのに、

途中でガタコト作業をするのです。

列車が止まったのは、その作業のためでした。
この作業をする場所は、
以前は青森駅でやっていたのですが、
現在は青森の信号所に変わってしまっています。


【オバ鉄】の両親は 青森県出身で、青森駅は
思い出がたくさんある懐かし~い駅。

北斗星で、
そんな郷愁を誘う青森駅を見られなくなってしまったのは残念です(涙


さてさて、北斗星は順調に進んでいます♪

次回は北斗星だからできる朝の○○体験をご紹介! →第2弾へGO!


スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
<<北斗星号の醍醐味は朝になるとわかります&小樽ナビ | ホームへ | 九州旅行>旅行中に起こったこわ~い体験>>
コメント
 ダイヤモンド☆トナカイ様 こんにちは

コメントを頂戴しありがとうございます。
6年前の拙い記事を お読み頂き恐縮いたしております。(6年経過しても相変わらずの拙さで申し訳ございません)

北斗星のロイヤルは ななつ星が登場するまでは本当に最高でした。
個室にシャワーとトイレがあるなんて贅沢ですよね。
ウエルカムドリンクもあって お酒の好きな方はワイン片手に車窓を堪能出来る至福の時間が過ごせますね。

ダイヤモンド☆トナカイ様の記事の写真にもありましたニッカウヰスキーの小瓶 記念に飾っています。
結局 その後何度かロイヤルのチケットにトライしてみましたがとれませんでした。

先日 北斗星に乗って北海道の帯広、陸別、白滝を旅して参りました。
平日でしたが 北斗星は満室でした。
やはり 廃止が近いのでしょうか・・・
【2014/11/29 16:16】 | オバ鉄 #- | [edit]
オバ鉄様、こんにちは。
初コメントさせていただきます。

私も「ロイヤル」を経験させていただきましたが、妻と一緒だったので私も2人で一室の利用です。詳細は私のブログでも紹介してます。

http://4190koawazay.blog.fc2.com/blog-entry-62.html

私の場合、出発日の前日か前々日くらいにキャンセルが出て見事にゲットできました。上りの北斗星でしたが、札幌からではなく苫小牧からの乗車になってしまいました。どうしても旅の行程で室蘭本線を制覇しなければいけなかったためです。

ですが、やはりあのサービス振りはいいですね。さすがに食堂車は経験ないですが、というより列車の食堂車自体経験が無いので一度経験してみたいものです。と言っても食堂車が残るのはこの寝台特急のみですね。かつては新幹線や在来線特急などにもありましたが、北斗星の食堂車はかつての在来線特急車両の転用みたいですね。
【2014/11/28 18:06】 | ダイヤモンド✩トナカイ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://obatetu.blog98.fc2.com/tb.php/20-761b0004
| ホームへ |