TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||


東北一周!仙台の車両基地ツアー

2008.09.16(12:01)
みどりの窓口のおじさんに脈絡がないって言われちゃいました!
新潟ー山形ー仙台ー青森ー秋田ー富山ー金沢ー京都の旅♪

地図にするとこんな↓↓感じです(地名が見づらい時はクリックすると大きくなります)
東北




事の発端は息子の一言。


息子 「今年の夏休みは仙台の車両基地を見学に行きたいんだけど」

オバ鉄「仙台の車両基地?いいねえ、私も一緒に行く」

という会話で今回の旅行はあっさりと決定。
早速8月6日の午後3時の車両基地見学の予約~♪


折から、その日は仙台の七夕まつり~♪


と、最初は喜んでいたオバ鉄でしたが・・・
息子の立てたプランに絶句!!


そんな絶句した仙台車両基地見学プランのスタートは・・・


新幹線「とき」に乗車することころからはじまります。
↓↓
とき




■ 8月6日 上野発6時14分の「とき301号」に乗車

新幹線「とき」!!

ですよ。

賢い鉄オタくんたちはご承知のことでしょうが、
新幹線「とき」は新潟行きの新幹線のこと。

この日の午後2時50分までに
宮城県利府町の車両基地にたどりつかなければならないのに
なぜ「やまびこ」に乗って、まっすぐ仙台まで行かないのか~!!(怒)

こんなタイトスケジュールじゃあ「仙台七夕まつり」が見られない~><!!



と、嘆きながら乗車した「とき」でしたが、
良いこともありました。


「とき」のワゴンサービスで300円以上の品物をスイカで購入すると
期間限定数量限定のポケモンクリアファイルがもらえるんです=3
ピカチュウグッズ



年甲斐もなく喜んでしまいました♪♪
嬉しい♪^^


■7時 高崎 到着


東京は晴れていたのになんと集中豪雨!!

「上越線は一部不通になっております」
とアナウンスが流れるほど。


「無事仙台までたどりつけるかしら・・・」
かなり不安><



―――上毛高原駅を過ぎるとすぐ大清水トンネル


全長22.221km
1982年11月15日開通当時は世界一長いトンネルでした。
(現在は、1983年1月に開通した青函トンネル53.85kmが世界一です。)


ふと、川端康成の小説の「雪国」




「国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった」
のフレーズが浮かびます。


果たして、トンネルを抜けた先も集中豪雨のままなのか?!


と思いきや、
トンネルを抜けた先の越後湯沢はピッカビカの晴天!!!


トンネルの入り口と出口ではこんなにも
天気が違うものなのでしょうか


■8時16分 新潟到着

新潟は快晴。東京よりも蒸し暑いほど。

オバ鉄たちは新潟8時39分発米沢行きの
快速べにばな」に乗車。

快速べにばな




この列車は息子の大好き♪な国鉄色です。

・・・どうして鉄オタクンたちは国鉄色が好きなのかしら??


オバ鉄は国鉄時代の車両をイヤというほど見て育ちましたから
珍しくもなんともないのですが・・・


ホームには「快速べにばな」の写真を撮っているオタククンたちが5~6人いました。
オバ鉄もパシャ
べにばな2




車両は2両編成。
トイレあり。
車両の中央はボックスシートで両端はロングシートになっています。

そんな「快速べにばな」をには
大きなリュックサックを持ち、一眼レフやビデオカメラを持った鉄オタクンたちが
10人以上は乗っていましたよ


米坂線の起点である「坂町」に着くと
鉄オタクンたちがいっせいに降りてまたまた写真撮影。


オバ鉄も負けじと参戦!


坂町を過ぎると列車は→に大きく曲がり、
田園風景ばかりの車窓に飯豊山連峰が見えてきます。


(注:イメージ)


越後下関辺りから、荒川峡谷沿いを橋言っていく。

時折り、峡谷に架かる赤い鉄橋が見え、
山々の緑に映えて美しい・・・!!


「小国(おぐに)」からは山形県に突入。


その「小国(おぐに)」を過ぎると列車は勾配を上ってくコースに。
時折りキーキーと言うエンジン音が聞こえます。
それだけ勾配がキツイということでしょうか??



青い空・緑の山々・美しい峡谷の景色!!

しかし・・周囲を見ると・・・そろいもそろって・・・寝てますよ・・・


こんなに素晴らしい景色を見もしないで鉄オタどもはグウすかです。
うちの息子も例にもれずグウすか・・・

おまえたちはなにしに来とるんじゃ~!!

と、息子に詰め寄ったら
「国鉄色(だけが目的)です」と剣もホロロに一刀両断されました(呆)。


■11時35分 米沢到着 所要時間はなんと3時間!

一休みする間もなく、すぐに山形行きの普通電車に乗車。
(・・・ええと、目的地は仙台です。山形ではありません(汗)

山形行き普通



山形駅の普通電車の扉はボタンを押して開閉するタイプ。
豪雪地帯によく見られ、しかもトイレ付きの新しい車両。
開閉ボタン



赤湯」を過ぎると
山々の斜面にビニルハウスが広がり
巨大なオブジェのように点在しています。

あれはさくらんぼのビニルハウスでしょうか?

進行方向右側には蔵王が。

約45分ほどの乗車で山形駅に到着。
次回は仙台の車両基地へ!→GO!








スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
東北 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |