TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||


網走流氷砕氷船・特急オホーツクキハ183-104白ボウズ 

2017.02.26(17:32)
網走流氷砕氷船・特急オホーツクキハ183-104白ボウズ 第473回


2017年2月4日 札幌駅から特急オホーツク1号に乗車して
網走入りしたオバ鉄親子。


網走駅前バス停から網走バスの市内観光施設めぐりに乗り、
「道の駅 流氷砕氷船のりば」で下車(約10分)。

道の駅流氷砕氷船



最初のスケジュールでは札幌から釧路へ移動し、釧網本線経由で網走入りするつもりで
翌5日の午前中に流氷砕氷船に乗船予定でした。


ところが5日の午前中の船便が満員のため予約がとれない!!orz



予定の変更を余儀なくされ釧網本線経由を断念し、
予約のとれた4日15時30分発の4便に乗船することとあいなりました。



道の駅に入ると、JR北海道の新しい流氷観光列車「流氷物語号」の
グッズ販売コーナーが設置されていました。

流氷物語号グッズ販売コーナー



ミニサボや流氷物語号のシール等、鉄心をくすぐるラインナップ!!(*´ω`*)



なかでも秀逸なのが、流氷物語号のサボがデザインされたタオル!!

定価1,000円とお高めですが、生地がしっかりしていて品質がいいんですよ。


もちろんオバ鉄大人買いしましたよ(*´ω`*)



充実していた内容でしたが、クリアファイルや缶バッチなどの
手頃な値段で持ち帰りしやすい商品も検討していただけたらなぁと思いました。


流氷砕氷船のりばは乗船40分前から中国人観光客で溢れかえり、
この状態で全員乗れるのか心配しましたが、臨時便が運航しました。



厳冬の流氷観光ってそれほど観光客はいないのではという自分の認識の甘さに猛反省!!



むしろシーズンを通して真冬の時期が一番賑わっているようです。


流氷観光砕氷船おーろら号は南極観測船と同様に氷の上に船首を乗り上げ
船の重みで氷を割って進みます。



大型船で1階と2階に客室、展望デッキ、そして売店、コーヒーショップまであります。
(大人3,300円)


網走港を出航して約10分。


海に孤立した氷塊が見えてきました。


よく見ると氷塊の上に越冬のために南下した天然記念物のオオワシの姿が…( ゚Д゚)

氷塊の上にオオワシと魚



そして、後肢には魚がいます。


そして、次の瞬間、オオワシは魚を捕らえて悠然と飛んでいきました。

魚を捕らえて飛んでいくオオワシ




流氷上にはオジロワシの姿も見られたんですよ。

流氷上に乗るオジロワシの姿



流氷観光砕氷船に乗船して、
バードウォッチングが楽しめるなんて想像もしていなかっただけに大興奮しました=3



港を出て約20分、海にハスの葉を思わせる形状のハス葉氷が広がったと思ったら、
ゴゴゴッーという轟音とともに船体が揺れ、ついに流氷の中へ突入です。

ハス葉氷






流氷はロシアのアムール川河口付近でシャーベット状に凍りついたものが、
海流や季節風に乗って成長しながら南下したもの。

間近で見る流氷




オホーツク海は海面から50mまでは塩分の薄い海水。
その下は塩分が濃い海水という二重構造の海だから海水が凍りやすいそうです。


ちなみに水深の深い日本海は凍らないのだそうです。


オホーツク海沿岸は海が凍る南限で、日本で流氷を見られるのはここだけです。


流氷はTVの映像で視聴していますが、
実際に見ると氷の美しいこと!!


流氷とおーろら号





まさに氷の絶景、海の造形美に魅入られてしまいました。


サイドデッキに出て寒いことも忘れて夢中になってカメラのシャッターを切っていました。



流氷観光砕氷船に乗ろうと誘ってくれた息子に感謝です!!



乗船後、道の駅からタクシーで10分ほどの釧網本線の藻琴駅へ移動。


ちょうど日没後のブルーモーメントの時間帯に訪問でき、
青い光に照らされた美しい藻琴駅に溜息が出ました。

藻琴駅




藻琴駅のかつての駅事務室に「食事&喫茶トロッコ」が営業しています。


ここの人気メニューの酪農ラーメンにチャレンジしました。

酪農ラーメン



牛乳スープですが、あっさりしてまろやかな塩味スープって感じです。


麺は中太縮れ麺。
トッピングにコーン、チャーシュー、ワカメ、そして焼き麩が入っていました。


津軽の中華そばには必ずといっていいほど入っている焼き麩!!


酪農ラーメン堪能しました。
(北海道滞在中、夕飯はラーメンオンリーでした)



翌5日、予定ではおーろら号乗船だったので、
半日スケジュールが空きました。



そこへブロ友様から流氷物語号が運行するという耳寄りな情報をキャッチ!!



網走10時56分発の流氷物語1号に乗車することにしましたが、
何故か8時前から網走駅に待機(T_T)


まず、網走駅に来たのならお約束の撮影スポットで記念ショット!!

網走駅お約束撮影スポット



そしてオバ鉄が陰ながら応援している方の仕事ぶりを見守ります。


陰ながら応援



9時過ぎ、札幌行き特急オホーツク4号の改札が始まり、
改札内に入ると1番線ホームに入線していたのは、

唯一の存在であるキハ183-104白ボウズ!!

キハ183系100番台特急オホーツク白ボウズ



まさか白ボウズにお目にかかれるとはなんたる幸運!!( *´艸`)


5日のおーろら号の予約がとれなかったことに神様に感謝感激です。





車内に入ると機器室が2-4位側の大部分を占め、
1-3位側は客室に入るまで長い通路を通ります。

キハ183-系104客室内




通路には寝台列車の通路に設けられているような収納式腰掛けがあり珍しいですね。

通路に収納式腰掛



客室内に入った途端、気温差でカメラのレンズが曇ってしまい、写真ボケてです。


この日の網走市の気温は-2度。


北海道に来て初めて寒いと感じました。


経年32年の白ボウズ、2017年のダイヤ改正で去就が注目されます。



白ボウズを見送った後、ふと3番線ホームを見ると、

えっ! 網走駅に花咲線のルパン三世ラッピングトレイン!!( ゚Д゚)

網走駅にルパン三世ラッピングトレイン



ルパンは花咲線限定かと思っていたら釧網本線でも運用されているんですね。


車内に足を踏み入れるとルパンと不二子ちゃんが出迎えてくれます。

ルパンと不二子ちゃん



荷物棚の上にもルパンファミリーのポスターが掲出されていました。
ルパンファミリーのポスター





早起きは三文の徳でした( *´艸`)


スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
北海道 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<キハ54系 流氷物語号 | ホームへ | キハ183系200番台特急オホーツク キロハ182-4 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |