TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||


近鉄16200系青の交響曲に乗ってきました

2017.04.11(13:44)
近鉄16200系青の交響曲に乗ってきました 第479回



2016年12月30日 オバ鉄ファミリーは近畿日本鉄道大阪阿部野橋駅から
吉野行き観光特急青の交響曲に乗車します。


ホームで乗降ドアが開くのを待っていると、どこからともなく
交響曲の父ハイドンの交響曲101番第2楽章「時計」が流れてきて、ドアが開きました。


このミュージックホーンは両先頭車両の連結部妻面に設置されているそうです。


青のシンフォニーは3両編成。


1・3号車は座席スペースで、2号車はラウンジスペース。


エントランスに足を踏み入れると、天井にはレトロ調の照明、
フロアは石畳を模したデザイン。


手すりは真鍮製で、入った瞬間から高級感が溢れています。

青のシンフォニー3号車客室



客室内に入ると、フロアはふかふかの丹後緞通のカーペット。


側壁は木目調で高級ホテルのラウンジを思わせる落ち着いた雰囲気にうっとり!!( *´艸`)



座席は2+1列配置の幅広のデラックスシート。


3号車ツイン席
青のシンフォニー3号車ツイン席




シートモケットは吉野の山々の稜線をイメージしたという緑を基調に
金糸を入れるというラグジュアリー感溢れる配色。


座席タイプには二人用ツイン席と3~4人用サロン席があり、
いずれも大型の木製テーブルが配されています。

3号車サロン席
青のシンフォニー3号車サロン席




2号車のデッキにはライブラリーが設置されています。


デッキライブラリー
青のシンフォニー2号車デッキライブラリー



ライブラリーというと水戸岡鋭治氏の専売特許かと思いきや、
奥山清行氏プロデュースする観光列車でも見受けられ、
要するに今どきの観光列車のトレンドとでも言えましょうか…


青のシンフォニーの通路の天井やベンチ、本棚に桜をモチーフにした
鉄製のレリーフが装飾されていて、
これは奥山氏もよくこの意匠を使います。

青のシンフォニー2号車桜のレリーフ



青のシンフォニーは外部の著名なデザイナーを起用せず、近鉄グループ内で
知恵を絞って造り上げたそうですが、
多少、いいとこ取りをした感があるのは考え過ぎでしょうか…


ラウンジスペースは、ホテルのバーをイメージしたインテリアデザインだそうで、
オバ鉄は下戸なのでバーに入店したことはありませんが、
大人の憩いの場にふさわしい上質な空間になっています。

青のシンフォニーラウンジスペース



バーカウンターでは軽食、地酒や地元ワイナリーのワイン、
ソフトドリンク、おみやげ、オリジナル鉄道グッズが販売されています。

青のシンフォニーバーカウンター



オバ鉄は季節のオリジナルケーキセットをチョイス。

季節のオリジナルケーキセット



一見、キャラメルでコーティングされたドーナッツかと思ったんですが、
ヘーゼルナッツと柚のハーモニーにキャラメルの薫りが加わったボヌールでした。

大人の旅にふさわしい上品な味わいのケーキで
あまりの美味しさにテイクアウトしたいと懇願しましたが、車内限定で断られましたorz



このケーキは伊勢志摩サミットでデザートを担当された赤崎氏のオリジナルケーキだそうです。


車内の販売カウンターでこれほどのグレードケーキを提供する近鉄の意気込みを感じました。


バーカウンターでは吉野杉林製の運行開始記念乗車証を配布しているので
記念にいただきました(^O^)


多目的トイレは青を基調とした内装。

青のシンフォニー多目的トイレは青が基調



パウダールームの洗面ボウルも格調高いデザインでした。

青のシンフォニー洗面ボウルも格調高いデザイン




申し分ない青のシンフォニーですが、難を言うなら、少し揺れが気になる点でしょうか。


通勤形車両を改造したので、おそらく近鉄50000系しまかぜのように
フルアクティブサスペンションが装備されていないのでしょう。


しかし、青のシンフォニーの大阪阿部野橋駅ー吉野駅間の料金は、
普通運賃が970円、特急料金が510円、特別車両料金210円の合計で1,690円と超廉価!!


ハイクオリティな車両なのにリーズナブルな料金設定は驚愕に値し、
多少の揺れには目をつぶるしかないですね。



1時間15分ほどで終点吉野駅に到着。

終点吉野駅



吉野駅名標



吉野駅の発車標は今どき珍しいパタパタ式。(反転フラップ式)

吉野駅発車標はパタパタ式



JRグループの発車標はLED式なので、パタパタ式が面白く、
つい見入ってしまいました。

(オバ鉄と鉄系息子、同業者の方2名の計4名で見惚れていました)


折返しの列車で吉野駅を後にし、橿原神宮前駅で、近鉄京都行きに乗り換え、
京都駅で娘と合流しました。


4代目駅舎となる新・京都駅ビルが2017年で20周年になるそうです。

京都駅ビル20周年記念



オバ鉄が修学旅行で訪れた京都駅は3代目駅舎。


初めて家族旅行で京都旅行をした時は、ちょうど4代目駅舎の工事中で、
京都らしい寺社風のデザインになるのかなぁと期待していましたが、
予想に反して超斬新なデザインにかなり戸惑いましたね。


でも、京都は伝統と革新のまちだから、
こういうデザインもありなんでしょう。


おや? 京都タワーってリニューアルしました?

京都タワー



2014年にリニューアルしたそうで、2年も気が付かず恥ずかしい(大汗)


12月31日 大晦日は合流した娘と4人で近鉄京都駅から特急しまかぜに乗車し、
お伊勢参りに行きます。

近鉄京都駅
近鉄京都駅



近鉄京都駅の改札を入ると奈良県のマスコットキャラクターのせんとくんがお出迎え!!

近鉄京都駅にせんとくん



9時45分 特急専用ホームの1番のりばに賢島行きの特急しまかぜが入線してきました。


近鉄京都駅に特急しまかぜ入線





スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
関西 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<京都発近鉄50000系 特急しまかぜに乗りました  | ホームへ | 南海11000系 泉北ライナー・近鉄16200系青の交響曲>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |