TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||


トランスイート四季島 乗車記 (3泊4日コース) 小幌駅通過 

2017.08.14(16:29)
トランスイート四季島 乗車記 (3泊4日コース)⑥ 小幌駅通過 第497回


2017年 7月5日 登別温泉滝乃家を後にした四季島一行は
東室蘭駅でトランスイート四季島に乗車。

東室蘭
東室蘭駅



洞爺駅でニセココースの一行が合流し、四季島は新函館北斗駅を目指します。


3日目は五能線コースと縄文コースに分かれて観光します。


五能線コースは新函館北斗駅から北海道新幹線で新青森駅へ移動。

五所川原駅から特別運行のリゾートしらかみ四季島号に乗車します。


縄文コースは四季島で青森駅へ移動し、三内丸山遺跡を見学。
オバ鉄夫婦は縄文コースをチョイス。


やはり、鉄道ファンとしては、四季島と北海道新幹線の擦れ違いという
一大イベントをこの目で見なければいけませんよね。


洞爺駅を過ぎると、室蘭本線のハイライト、秘境駅小幌駅を通過します。


前日も小幌駅を走行しましたが、
本日は四季島の乗客のために徐行運転をしてくれるそうです。


新礼文華山トンネルに入り、前方に明かりが見えてくると、
小幌駅の上り長万部方面のホームが見えてきます。

新礼文華山トンネル
新礼文華山トンネル



小幌駅上り長万部方面ホーム
小幌駅上り長万部方面ホーム




四季島は小幌駅構内をスピードダウンして走行。


小幌駅名標もカメラに収めることができました( *´艸`)

四季島から望む小幌駅名標1




JR北海道の函館運輸所の車掌さんは

「ただ今、小幌駅先頭車両通過中、2号車通過…、3号車通過…」と丁寧にアナウンスして下さり、

オバ鉄、感心しました。

動画もあります



11時15分 車内でランチ。


アフタヌーンティースタンドに盛り付けられた
フランス風サンドイッチ・カスクートに、ケーキや焼き菓子。

フランス風サンドイッチ・カスクートとケーキと焼き菓子四季島




ここが車内だということを忘れてしまいそうなオシャレな演出に感動しました(*´ω`*)


食べてしまうのが忍びなかったですね。


スタンドには函館の人気洋菓子店スナッフルスのチーズオムレットもありました。

函館スナッフルスチーズオムレット四季島




本日は天候も回復し、内浦湾越しに北海道駒ケ岳も望め、
景色もランチも堪能できました。

北海道駒ケ岳



食事中、突然、


「あの…もしかしてオバ鉄さんではないですか?」と声を掛けられ、

「えっ!! オバ鉄って私のこと?」( ゚Д゚)


自分がオバ鉄であることを失念しておりました。


鳥取県にお住まいのO氏はななつ星in九州に参加する際、
拙ブログを参考にして下さったそうです。


自分の拙いブログが少しでも人様の役に立てたのだと感涙いたしました(*´ω`*)

お声を掛けて下さり、本当に感謝いたします<(_ _)>


O氏夫妻
O氏夫妻 


※ご本人に掲載許可をとっています。



昨日は、見ることが能わなかった小沼と北海道駒ケ岳、
本日はベストコンディションで望めました。

小沼と北海道駒ケ岳



今回も車掌さんの適格でユーモア溢れる名アナウンス。


函館本線・室蘭本線を知り尽くしたベテラン車掌ならではの
心に沁みるきめ細かいアナウンス。


JR北海道の真心が込められたおもてなしに深く感じ入りました。


新函館北斗駅でベテラン車掌さんとお別れ。

JR北海道函館運輸所の車掌さん 四季島



車掌さんはホームでオバ鉄に大きく手を振って下さいました。
大きく手を振るJR北海道の車掌さん



本当にお世話になりました。
ありがとうございます。


四季島は五稜郭駅で20分ほど運転停車。

五稜郭駅
五稜郭駅



運転モードを切り替えます。


北海道の非電化区間では1・10号車に搭載されているディーゼル発電機からの電力で自走します。


このディーゼル発電機の作動音はちょっと耳障りでしたね。


それ故、両端の展望車に搭載されたのでしょう。


小耳に挟んだ情報によりますと、このディーゼル発電機は
ドイツ製の船舶用のエンジンだとか…


そう言われれば、フェリーに乗船している時に聞こえてくるエンジン音に似ていました。


電化モードに切り替えた四季島は海峡線へと進行します。

海峡線へ
海峡線へ




木古内駅で停車し、自動列車保安装置を切り替え、


木古内駅で停車
木古内駅で停車



北海道新幹線との合流地点へと進入。

北海道新幹線と合流
北海道新幹線と合流




合流地点
北海道新幹線と合流地点



その頃、5号車ラウンジこもれびでは津軽三味線の生演奏。

次いで6号車において組紐造り・琥珀ペンダント作りのイベントが行われたそうです。


えっ!!オバ鉄は車内イベントに不参加だったの?

やはり鉄道ファンたる者、共用走行区間での四季島と北海道新幹線の擦れ違いが最優先事項なので、
イベントは出席しませんでした。


四季島は共用走行区間の三線軌条を走り、再び青函トンネルへと突入します。


共用走行区間の三線軌条
共用走行区間の三線軌条




青函トンネル北海道側入り口
青函トンネル北海道側入り口


スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
トランスイート四季島 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
<<トランスイート四季島 乗車記 (3泊4日コース)北海道新幹線はやぶさ19号と擦れ違う | ホームへ | トランスイート四季島 乗車記 (3泊4日コース)⑤ 函館・登別>>
コメント
   こんにちは

 コメントを頂戴しありがとうございます。

四季島特製しおりを差し上げた時の少年の喜び様は 今でもはっきり覚えています。
本当にいいんですか!! と こちらが逆に感動してしまうくらいでした。

旅をして心が疲れる時もありますが 思いがけない心の触れ合いは一生の宝物になりますね。 
【2017/08/31 14:27】 | オバ鉄 #- | [edit]
旅というものはどんな場所であっても、かけがえのない出逢いというものがあるんですね。私も台湾でよく感じさせられます。
【2017/08/31 12:14】 | wra #9MBBB9Tg | [edit]
   こんにちは

 o氏様 お返事が遅くなり申し訳ありません。
また コメントを頂戴しありがとうございます。

私もブログを綴り始めて9年 お声を掛けて頂いたのは初めてで
世の中には こんな奇跡的なことがあるものなのかしらと驚いております。

拙ブログが少しでも役に立てたことをわざわざ教えて下さり心の底から感謝しております。

これからも微力ではございますが情報を発信していけたらと思っております。

関東では涼しいというより寒い日が続いております。
鳥取の方はいかがでしょうか。

体調を崩さないようご自愛して下さい。
また 奥様にも宜しくお伝え下さい。
【2017/08/17 14:24】 | オバ鉄 #- | [edit]
トランスイート四季島乗車記拝見しています。
ブログへの掲載経緯と写真有り難うございます
四季島旅行参加で実感したこと、世の中狭い物
オバ鉄さんに会えたこと、昨年3月プレミアムななつ星で一緒だった方と再会したことです。

今後も素晴らしい鉄旅ブログを続けて下さい
【2017/08/17 10:52】 | okada #Wx.2zLTk | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |