TOPページ電車一覧快適ホテル女性用便利アイテムにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村||


はやぶさ・富士」号に乗って九州~滋賀~京都の旅

2009.01.06(13:34)
さよなら「はやぶさ・富士」号で九州~滋賀~京都の旅です♪

ルートはこんな感じです↓
IMAGE0001.jpg




2008年年末の旅行は、2009年3月14日で廃止が決定になった「はやぶさ・富士号」に乗って九州へ行くことに♪



■2008年12月28日 17時30分 東京駅


9番ホームにはすでに客車が入線してました。

17時45分ごろ汽動車と客車が連結。
その様子をカメラやビデオに納めようと鉄道ファンがぎっしり群がっています。

東京駅オタファン




まだラストランには2か月半あまりあるというのに、その人数の多さにびっくり!!
(50人くらいはいましたよ。若い女性を連れた鉄オタ君も2名いました)


後ろのほうにいる人は手を伸ばして写真を撮っていましたけど、
その中に一脚の先に小型ビデオカメラをつけて撮影している強者も発見!

小型ビデオカメラ




今まで「音鉄」が棒の先にマイクをつけて集音している姿は見たことがありますが、
小型ビデオカメラのパターンは初めて!
(う~ん、すごい!!)


今回の旅行はオバ鉄・ダンナ様・鉄オタ息子の3人。


1か月前の11月28日にダンナ様が朝の4時30分に御徒町駅に事前予約をしに行ったにもかかわらず、A寝台個室はひとつしかとれませんでした~(泣


ということで、ダンナ様と息子は開放式のB寝台です。

開放式B下   開放式B下2



B寝台上段↓
開放式B上




ダンナ様は1号車1番下段で、オバ鉄がB寝台の写真を撮りに行くと・・・


隣の2番下段ベッドになんと!先ほどの小型ビデオカメラが・・・

なんたる偶然!!





夕飯はA寝台で3人でお弁当をいただきました。
A寝台個室↓
シングルデラックス




食後再びB寝台のダンナ様のところへ行くと小型ビデオカメラが三脚に固定され
夜の車窓を撮影しているではありませんか!!


ビデオカメラ




その三脚の形状のおもしろいこと!
思わず持ち主のX氏に声をかけてしまいました^^

彼はこんなオバさんの問いかけに快く答えてくれましたよ。

総じて鉄(テツ)と呼ばれる男性はうちの息子同様、オバさんの問いかけに対して無視!!
しかも、息子のように「話しかけるんじゃない!」オーラ全開です。


ところが彼は「テツ」というより自称「洞窟オタク」で
最近「ブルートレインマニア」になったそうです。

彼の計画は「はやぶさ」で熊本往復後、今度は「北斗星」に乗って札幌へ。
次はそこから「はまなす」に乗って青森へ。

青森の今別町にある「海雲洞」と「松陰くぐり」を見学し1月3日の臨時列車「ふるさとゴロンと号」に乗って帰ってくるという壮大なプランでした~(驚)。


彼と1時間以上も話し込んでしまい、とても楽しかったです^^

彼の計画がどうか成功いたしますように^^(12月28日「あけぼの」+「日本海」は悪天候のため運休していたので無事に走っているといいですけど・・)




■12月29日 5時45分 起床(岩国の手前付近を走行)


瀬戸内海の海岸線沿いを走っているのですが、まだ夜が明けず真っ暗。

3月の末頃であればちょうど四国方面から日が昇ってきて海が朝焼けに染まってとても美しいのに・・・
この景色を見たいために「はやぶさ・富士号」に乗っていたけれど、廃止が決まりこれが最後です・・・


考えてみれば設備には古さがそこかしこに・・・

たとえばA寝台の車両のトイレは一応様式になっていますが、
水を流すのにペダルを踏まなければなりません。

A寝台車両様式トイレ




現在の新しい車両などはボタンにタッチするだけ。

やはり約30年前の車両だけあって「古さ」がにじみでています。




■6時58分 5分遅れで徳山に到着

徳山駅


やっと空が明るくなってきました~^^

「はやぶさ・富士号」の運転士さんに手をふったら手を振り返してくれました♪
(うっうっ 感動!)

さよなら「はやぶさ・富士号」!!そして長い間ご苦労さまでした^^

さよならはやぶさ



第2回へGO!
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです^^
 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
>オバ鉄の鉄道動画ページ100個以上!<
 
ページ上部へ
九州・沖縄 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ゆふいんの森1号で金鱗湖までGO! | ホームへ | ディズニーランドホテルに潜入!2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |